高卒生コースお申し込み

現役合格コースお申し込み

資料請求

ホーム > 合格体験記

合格体験記

京都大学
工学部
(進学)

早稲田大学・創造理工学部
慶應義塾大学・理工学部

「受験を通しての考え方」
よく浪人生活と聞くとつらく苦しいものだと言われますが、私にとっては毎日楽しく過ごすことができました。高校までとは違って自分の受けたいものや必要な授業を取捨選択できるところが私が小野池学院の好きなところでした。受験では合格することが全てだと思われますが、私は日々勉強して知識を増やし、考え方を深いものにするのが目的だと思います。私はまだ社会人ではありませんが、実際に社会に出たら学歴というものは大して必要にならないでしょう。なので別に受験することがえらい訳でもありませんし、必要不可欠とも思いません。勉強だけでなくスポーツでもゲームでも何でも学ぶことができます。私は受験することを選び、毎日努力をすることに決めていましたが、これはある意味趣味のように私は考えます。だから誰に学力を馬鹿にされようと関係ないです。これはあくまで自分の考え方で、別に違う考え方を持つ人を否定しません。人に迷惑をかけないで感謝を忘れないことが大事です。最後になりますが、私の好きな人の言葉を書いて締めくくりましょう。「他人と比べないで昨日の自分よりも少しでも強くなればいい。そうすれば、強い人には一生追いつけないかもしれないが、その人が通った道は通ることができるんだ」

一日の過ごし方
 7:30 起床
 9:00~19:00 勉強
 20:00~24:00 1日の振り返りと軽く遊ぶ
 24:00 寝る
科目別勉強法
理系科目は問題を解くときにマクロ的に考えてどういう解答方針にするかを常に意識する。そうすれば初見の問題でもあわてずに答えを合わせやすくなる。
モチベーションの保ち方
勉強するときとしない時のメリハリをつける。受験というものを気楽に考える。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自分でやるべきことを考えて他人と比べず努力する。
その他
自分の拠り所としての物や人を作るとリラックスして勉強できる
小野池学院のよかったところ
授業を選べるところ。過去問や模試を昔の分まで借りれるところ。
講師の方々へのメッセージ
解ける問題でも深く解説してくれたのがありがたかったです。それに事務の人も親切に対応してくれて気持ちよく勉強できました。

福井大学
医学部医学科
(進学)

自治医科大学・医学部医学科
東京理科大学・先進工学部

「自分自身の気持ちの変化」
この一年間はコロナ禍で精神的にも大変でしたが、トータルでは高校時代からのペースを崩さずに勉強に取り組めたと思います。春先はコロナの影響で対面授業が6月中旬からとなり、気持ち的にも出遅れていたように思います。ただ小野池学院は月曜から土曜まで授業があり、高校時代と同じペースで生活ができました。また部活動がなくなった分を勉強時間にあてられ、勉強量も積み増しすることができました。小野池学院の先生方は質問などにも親身になって対応してくださり、その先生方のご指導の下、前半に基礎を固めたことがよかったのだと思います。自分でも後半は伸びを実感することができ、共通テストには自信をもって臨むことができました。
 小野池学院に通った1年間で自分自身の気持ちが徐々に変化していき、受験に対して真剣に向き合うことができるようになりました。小野池学院に通い、本当によかったと思います。先生方、職員の皆さん一年間お世話になり、ありがとうございました。
1日の過ごし方
7時に家を出て、8時に到着し、そこから授業を受けた。帰りの時間は日によって違った。早く帰る日と遅くまで勉強する日があった。集中できない日は無理してやらず、家に帰ってリフレッシュした。一年という長い期間なので継続して勉強できるようにした。
科目別勉強法
 どの科目も使う参考書を決めてやり込む。
 数学…小野池学院でやった問題を復習
 理科…重要問題集
 英語…授業の予習・復習
モチベーションの保ち方
勉強だけでは疲れてしまうので適度に息抜きをした。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
わからないところは先生に質問すれば、丁寧に教えてくれるので、積極的に質問したほうがよい。スマホは両親に管理してもらった。無駄な時間を勉強にあてることができた。
その他
眠くなってしまったときはコーヒーを飲むか少し休憩するようにしていた。
小野池学院のよかったところ
先生方との距離が近く、気軽に質問をしに行けたところ。朝早くから夜遅くまで365日開いていること。

群馬大学
医学部医学科(進学)

「浪人」
コロナ禍によりライブ授業が6月からだったので3~6月はだら勉を続けてしまっていました。そのせいもあり、夏休みに入るまでは模試の判定はオールE。さすがに焦りを感じ、夏休みに全教科基礎固めをしました。数学は青チャートのコンパス1~3、理科はセミナーの基本問題。その結果C判定まで上がりました。おうちの人からは、家のことは何もしなくていいから一年で決めてくれと言われていたので、勉強への一番の原動力は義務感でした。12月頃になってもC判定が続きました。このころは息抜きと称して長時間遊んでしまうことが最も目立つ時期でした。そんな時は勉強時間の埋め合わせとして、帰宅したら1,2時間勉強して次の日は大量のカフェインで耐えるといった受験生の誰もが一度は考えるであろう方法で絶対に勉強時間を少なくしないよう心掛けていました。
 共テ本番は、盛大にこけてリサーチE判定でした。半年ぶりのE判定です。記述は最高C判定でしかも自治医大が最終選考まで残ったので、余計勉強時間が削れ、合格は厳しいかなと思うときもありました。しかし同じ志望校の友人と会話することでモチベに繋がり、志望校に合格することができました。ずっと支えてくれた先生方、切磋琢磨し合ってきた友人、そして陰で支え応援してくれた親にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。
1日の過ごし方
基本的に8時前に登校して21:30(閉館)まで残る。睡眠時間は24:30から7:30までの7時間。
科目別勉強法
数学…テキストの問題は難しいので「こういう解法もあるんだな」程度で完璧にしようとはしなかった。追加のプリントや、医学科数学、数学演習+αを反復。地方医学部はセミナーを完璧に仕上げればよいのでできるまで何回もした。
モチベーションの保ち方
近くの友人と励まし合ったり、大学入学後のことも話し合ったりしていた。お昼や夕飯を食べにいったりもした。
小野池学院のよかったところ
先生方や事務の方、そして友人たちに恵まれたこと。ほかの予備校に比べて誘惑が少ないこと。家から近いこと。
 親身になって質問に応じてくれて本当に助かりました。
講師の方々へのメッセージ
この一年間本当にありがとうございました。授業をとっていない先生も親身になって相談に乗ってくれました。先生方がいなければ合格は勝ち取れなかったので、とても感謝しています。

福島県立医科大学
医学部医学科
(進学)

東京理科大学・薬学部薬学科

私は浪人が決まった時、丁度コロナ禍だったので、家から一番近いという理由で小野池学院を選びました。しかし、振り返ってみると小野池にして本当に良かったと思っています。講師との距離が近く、苦手な科目には丁寧に個別で対応してくれました。現役の時には目を背けていた苦手科目にもしっかり向き合い得点源にすることができました。また、周りには優秀でモチベーションの高い仲間がたくさんいたので、とても良い学習環境を得ることができました。初めは、もう成績が伸びないのではないかと不安を感じていましたが、小野池での質の高い授業を受け、どんどん成績が伸びて勉強が楽しいと思うことができました。
 最後に、小野池の先生方、事務の方々、本当にありがとうございました。受験直前期までサポートしていただいたおかげで合格を勝ち取ることができたのだと思います。これからも夢に向かって頑張ります。
1日の過ごし方
 7:30 登校、自習
 8:30~授業
 17:30~19:00 自習
 19:30 帰宅、勉強、夕飯など
 24:00 就寝
科目別勉強法
 数学…小野池のテキスト、大学への数学一対一対応
 英語…システム英単語、小野池のテキスト
 物理…小野池のテキスト、doシリーズ、物理のエッセンス
 化学…小野池のテキスト、doシリーズ
モチベーションの保ち方
休日は基本的に家で勉強していました。そしてやる気がないときだけ小野池の自習室に行きました。小野池には真剣に勉強している人がたくさんいるのでとても刺激を受けました。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
授業についていくのが大変だと感じても、できるだけ最後まで出席した方がいいと思います。私は数学と物理が苦手で授業中に理解できないこともありましたが、先生や友達に質問したり、復習に力を入れたりして勉強のリズムを崩さないように気を付けました。
その他
共通テストの自己採点が終わった時点でもうだめだ、、、と思いましたが、個別試験では全力を出し切りました。その結果、合格することができたので、最後まで諦めずに頑張って良かったと思いました。
小野池学院のよかったところ
講師との距離が近い、事務の方々がやさしい、授業の質が高い、自習室がきれいになった
 最高の学習環境を提供してくださり、ありがとうございました。
講師の方々へのメッセージ
一年間本当にありがとうございました。最後まで先生方を信じて頑張りぬくことができました。ありがとうございました!

大阪大学
基礎工学部(進学)

早稲田大学・先進理工学部
慶應義塾大学・理工学部

「浪人生としての1年間」
私は、昨年の春に前期で落ち、後期は受かったものの、中々行きたいと思えず、悩んだ末に浪人することを決めました。私は現役時代になんとなく勉強していた結果不合格だったため、浪人してからは、とにかく他人に負けない教科を作ろうと意識してきました。私は特に、英語と数学は志望校に受かる為には重要だと考え、この2教科を前期のうちにやり込みました。特に数学に関しては、現役時代に模試で偏差値65くらいは取れていたものの、明らかに基礎的な部分の穴があると感じていたので、簡単な問題集を始めのうちは何度も繰り返していました。その結果、試験本番では英語・数学を中心にかなりできたと思います。
 浪人をして勉強をすれば基本的には誰でも成績はあがるし、志望校への距離がグッと近づくのは間違いないと思います。その上で志望校に合格するためにはやはり、自分の志望校に合わせた戦略を立て、それをできるだけ早いうちから実践していくことが重要だと思います。
 小野池学院には本当に色々とお世話になりました。おかげで自分にとって納得のいく浪人生活を送ることができました。ありがとうございました。
1日の過ごし方
8:00に登校して20:00に帰る生活を繰り返していました。
科目別勉強法
数学…前期のうちはずっと「一対一対応の演習」を繰り返し、後期は色々な問題集を解いた。お気に入りは「ハイレベル数学Ⅲの完全攻略」
英語…とにかく単語と構文を覚える。「英文読解の透視図」をやり込んだ。
モチベーションの保ち方
SNSで同じ大学を志望している人と繋がり、情報共有などをしていた。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
謙虚な姿勢で一年間勉強を続ければいい結果がついてくると思います。
小野池学院のよかったところ
講師との距離が近い。
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

名古屋大学
文学部(進学)

国際基督教大学・教養学部
立命館大学・国際関係学部

「受験を終えて」
受験生2年目は楽しかったです。伸び伸びさせてもらった一年でした。私が浪人した経緯は以下の通りです。
 文理選択で大好きな物理だけを見て理系に進み、化学に叩きのめされる。加えて理系に行きたい学部があまり無いと気づき文転を試みるも既にセンター出願後。入学後の文転が可能な東大を受験、撃沈。小野池入学。
 この通り現役時の失敗の原因は計画性の無さでしたが、遠回りも悪くなかったです。私の場合、一度理系に進んで地理を学ぶ機会を得たから、様々なことが繋がって地理学、国際関係学といった分野に興味を持てたし、浪人時に知識ほぼゼロからスタートした世界史も、因果関係を考えながら楽しく勉強できたのだと思います。すごく運がよかったです。
 小野池は空気が和やかで授業も面白かったです。気持ちに余裕もできました。好きなことを全部我慢して勉強だけやろうとしても精神衛生が悪化して良いこと何もないと分かったので、現役時とは打って変わり韓国語勉強、映画鑑賞、YouTube、読書などやりたいことをやりました。結果がついてきてくれてよかったです。浪人というわがままを許してくれた家族に感謝しています。そして講師の方々、事務員の方々には本当にお世話になりました。ありがとうございました。
1日の過ごし方
8:15頃 登校
 17:30~ 授業の復習
 好きな時間に帰る。なるべく手帳を使って学習計画を立てる。
科目別勉強法
リスニング…キムタツの英語リスニング→TOEFL対策本。YouTubeで発音記号を覚える。いろんなネイティブの英語を聞こえたまま本気で真似る。
 地理…地域別白地図に覚えていること全部を書き出す→地図帳などで答え合わせ
 現代文…漢字練習、出口の現代文レベル別問題集
 世界史…YouTubeの世界史劇場を見て、何も見ずに単元一つ分説明してみる。
モチベーションの保ち方
友達と不安だね、そうだねヤバイよね、と言い合うだけで気持ちが軽くなりました。たまに一定期間スマホを押し入れに封印して雑念を払っていました。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
一人になりたい時や勉強に手がつかない時などに近くの公園に行くといいですよ。ベンチでぼーっとしたり、鉄棒で筋トレしてストレス発散したりできます。季節問わず寒いので、上着を持っていくといいと思います。
小野池学院のよかったところ
先生方・事務の方々が優しい。
小野池学院への意見
一年間お世話になりました。丁寧なご指導と応援ありがとうございました。

慶應義塾大学
総合政策学部
(進学)

青山学院大学・文学部
中央大学・文学部

「色んな人に支えられた浪人生活」
周りの人から反対されながらも浪人を決心して小野池に入学し、最初は不安で仕方ありませんでした。学力が足りずマーチコースでのスタートとなりながら、コロナ禍での映像授業に加え、3月から9月までの間はアルバイトをしながらの浪人生活でした。しかし、毎日決まった時間に授業を受け、復習するサイクルを作り、スキマ時間に暗記をすることで、勉強時間を確立できました。後期から選抜クラスの授業になって、レベルの圧倒的差を感じ、ついていくので精一杯で、話せる友人もほとんどおらず、苦しい日々が続いていましたが、徐々に友達ができたことで励みになり、モチベーションを保つことができました。そして何より頑張ったと言えるのが共通テスト対策です。私大志望の人にとってはあまり必要がないのではないかと思われがちですが、滑り止め校を抑えるのにとても重要になりました。共通テストが終わってから本格的に私大の過去問演習を毎日1年分行い、早慶の志望学部を各7年分ずつ行いました。単語などの暗記も並行して行うことが大切だと思います。最後に、私の合格の鍵となったのは、先生方の添削です。英作文や小論文、過去問演習をことあるごとに先生方に見ていただいたことで本番での自信に繋がりました。本当にありがとうございました。
1日の過ごし方
朝6時までには起床し、小野池の開館の7時までには到着するようにしていました。冬の時期には自習室に最後まで残って勉強していました。夏にはたまに起床時間が遅くなってしまいましたが、秋から冬にかけて自分を追い込みました。
科目別勉強法
英語…毎日単語帳を1周。1つの単語に時間をかけるのではなく、繰り返し見て覚えました。長文は毎日1つ英字新聞や海外のニュースをスクリプトを読みながら聞いていました。
 国語…小野池の授業の予習復習が中心でした。古文単語は最後まで確認しました。
 世界史…共通テスト形式の問題や大学の過去問を解いて苦手な部分を資料集に書き込んでまとめていました。
モチベーションの保ち方
ご飯の時間は友達と話したり、たまに散歩したりして気分転換していました。そういう時間を取りすぎるのも危険ですが、気が落ち込んだりするのでON/OFFの切り替えを工夫していました。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
小野池の一番の強みは先生方との距離の近さです。ライブ授業はもちろんのこと、添削や質問を大いに活用してください。その毎日の積み重ねが本番の力に変わります。1日1日を大切にしてください。応援しています!
小野池学院のよかったところ
担任の先生や講師の方々、そして事務の方々がとても親切に接してくださったので、辛いときも励ましていただきながら勉強することができました。浪人中は人とのコミュニケーションが減るので本当に助かりました。
講師の方々へのメッセージ
小論文や英作文、過去問の添削、質問など、たくさんお世話になりました。本当に先生方の支えがあって合格することができました。ありがとうございました!

新潟大学
歯学部歯学科
(進学)

「浪人生活」
まず始めに自分の浪人生活を支えてくれた全ての人に感謝します。1年前、自分は浪人することが決まって不安だらけで、どれほど暗い浪人生活になるかと思っていました。しかし、実際にオンライン授業や対面授業が始まると、現役の時に足りなかったものが次々と出てきて学ぶことにやりがいを感じていきました。講師の方々の授業はとても分かりやすく、自分の学力が向上していくのを感じとることができました。時には不安になることもありました。前期は心に余裕がありましたが、後期になると入試が近づいてきて去年と同じ過ちをしたらどうしようということが頭をよぎったりしました。しかし、そういう時こそ自分が授業で学んだことやそれまでにやってきたことを振り返ってプラスの気持ちにもっていくことができました。これは自分だけの力ではなく講師の方々や競い合ってきた友人、支えてくれた家族の存在あってのことだと思います。小野池学院で過ごしたこの約1年は今後の自分の人生の大きな糧となると思います。浪人生活で大切にしていた周りの人に感謝することを忘れずに大学生活も充実したものにしていきたいと思います。本当に一年間ありがとうございました。
1日の過ごし方
授業のある日 8:40~HR 9:00~授業  ~20:00 授業の予習・復習・自習
 授業のない日 8:00~20:00 自習
科目別勉強法
 数学…小野池のテキスト→苦手分野把握→青チャで苦手をつぶす
 英語…小野池のテキスト、予習、復習
 理科…夏までに標準問題は大体解けるようにして、夏後は応用力をつけるような問題と向き合う。
 国語…小野池の授業
 社会…小野池の授業
モチベーションの保ち方
自分の大学生活を想像する。友人と競い合う。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
散歩は大事‼
小野池学院のよかったところ
講師の方々が温かい。
講師の方々へのメッセージ
約1年間ありがとうございました。講師の方々の授業は自分の大きな力になりました。

筑波大学
理工学群(進学)

東京理科大学・先進工学部

最初に現役時の自分の学力について書きます。現代文と英語が得意、物化は普通、数学と古典と地理が苦手でした。現役の時のセンター試験は失敗してしまい、69%くらいでした。悩んだ末に前期で新潟大学を受けて受かりましたが結局進学しませんでした。次から書くことはこのくらいの学力を基にしています。
 小野池の授業に関して、きちんと教わったことを消化していけば、選抜クラスでなくてもそれなりの大学まで受かれます。自分は現代文と英語の一部には出ていませんでした。ただ、授業に出ないということは点数に関して全て自己責任になるので注意した方がいいです。
 授業の予習・復習に関して、数学は予習で解けなかった問題は復習もしたほうがいい(自分はしなかったことを後悔している)。英語は授業で完結していました。物化は授業以外に高校の時の参考書を使っていました。地理は授業+復習だけでした。
 使っていた参考書に関して、数学と物化は小野池の教材と高校の時のもの、英語と現代文は特になし、地理、古典は小野池のものだけ、古典と英語は単語帳や文法書は高校の時のものを使っていました。
 模試について、結果がそんなに悪くなかったこともあり、一喜一憂することはありませんでした。一回悪かったくらいでもそこまで悩む必要はないと思います。模試を受けるにあたって一番大切なことは解けない部分を発見し、なぜ解けないのか理由を明確にすることだと思います。自分の場合は模試を受けた後、1週間くらいかけてやりなおしたりしていました。
 最後に、遊びすぎて勉強しないのはよくありませんが、全くリフレッシュする時間もとらずに一年間一日中勉強し続けなければならないかと聞かれればそうではないと思います。人それぞれ全力をつくせればそれで充分だと思います。
1日の過ごし方
遅刻ギリギリに来て授業を受け、基本的には8時まで自習をする。
科目別勉強法
数学は授業の予習と復習、物化英は授業+高校の時の参考書
モチベーションの保ち方
メリハリをつける、集中できないと思ったら外を歩き回ったりする。大学入学後にしたいことを頭に思い浮かべる。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
浪人している間に、ゆっくり将来やりたいことや進みたい道についてもう一度考えてもいい。大きな目標としては志望校合格があると思うので、それに向かって継続して勉強する。
その他
どんなに小さなことでも疑問に思ったことがあれば小野池の先生や現役で受かった頭のいいやつに聞く。
小野池学院のよかったところ
生徒と先生との距離が近い。
講師の方々へのメッセージ
授業中寝たりもしてしまいましたが、一年間お世話になりました。

東京学芸大学
教育学部(進学)

「合格へと導いてくれた小野池学院」
高3のインターハイが終わってから約半年もあるから余裕で合格できるだろう安易な考えで受験勉強を始めました。でも模試の判定はずっとEでした。センター試験も上手くいくはずもなく、浪人することを決意しました。小野池学院に入ってからは、自分のやってきた勉強方法や勉強に向かう気持ちなど、周りの生徒たちを見て劣っていると感じました。それからは、努力している他の生徒たちに負けずと、勉強に打ち込むことができました。小野池学院では、毎日のようにある豆テストであったり、生徒と講師の距離が近く気軽に質問にいける講師室であったりなど、勉強する環境はどこよりも整っていると思います。そのようなこともあり、秋頃からは判定もAを取ることができました。もちろん自ら勉強を進めることも大切ですが安心して小野池のカリキュラム通りに勉強していれば必ず学力も上がっていくはずです。
 私は、推薦入試で合格しましたが、入試のための面接や小論文対策もしっかり指導してくださりました。長年受験生を面倒見ていることもあり傾向や注意するポイントなど的確に指摘してくださるので自信をもって入試にも挑むことができました。
 小野池学院に行って勉強の分かる楽しさを学べたと同時に、小野池学院でなかったら合格することができなかったと思います。お世話になった先生方、本当にありがとうございました‼
1日の過ごし方
 6:00 起床
 8:15~ 登校、学習
 21:30 下校
 22:30~23:30 トレーニング
 23:30~24:30 入浴
科目別勉強法
 小論文…後期から小論文の授業を受け始め、3年分の過去問と解いた(やり直し、視点を変えての論述を行った)。
 面接…週1回×5回(最初の3回は担任の先生と、残り2回は3人の先生と)。言うことを暗記ではなくキーワードで覚えることを中心に。
モチベーションの保ち方
大学の部活で解説されているSNSを見ることによって「頑張っている先生方と一緒に練習したい」と思うことでモチベーションを維持することができた。周囲の成績や結果を見て向上心を持つこと。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
小野池学院はベテランの先生が多く、授業だけでなく面接、小論文対策までも過去の経験や多くの知識から指導してくれるので、分からないことがあれば質問・相談は行くべき。自習室では静かで勉強に集中できる環境がある点に加えて、他の学生が見える教室で行えば互いに高め合いながら自学ができる。
その他
スポーツ系に進学したいと思っている中で、勉強と練習との両立が難しく、不安になると思うけど、行い続けることで自信がついてくるので諦めずに努力してほしいです。
小野池学院のよかったところ
一人ひとり手厚い指導を行ってくれると同時に、先生方、事務の方々が親身になってくれるので気軽に質問でき、不安なく勉強に打ちこむことができた。
講師の方々へのメッセージ
忙しい中、手厚い指導や質問などに対応してくださって本当にありがとうございました。現役の受験期よりも浪人していた受験期のほうが学力はもちろん精神面なども成長できました。

自治医科大学
医学部医学科
(進学)

昭和大学・医学部医学科

「偏差値だけでは分からないこと」
私は現役時代にセンターで86.7%を取り、群馬大学医学部を受験しましたが、結果は不合格でした。周りから「なんで落ちちゃったんだろうね。」と言われすぎて、「こっちが知りたいわ。」と合格発表直後は結構やさぐれていました。でも得点開示をしてみると理由は明白で、完全に二次試験での失敗でした。当時は地元の大学でリサーチでB判定も出てるから受かるだろうと過去問も見ずに群大を受験することを決めたのですが、よく考えると得意な英語(小論文)で差がつきにくく、苦手な数学で差がつくという入試だったので完全に私に不利な条件でした。このことを反省して今年は、実際に過去問を解いて得点配分を調べて志望校選定に臨みました。その結果、昭和大学を数学ではなく国語で受験し、特待合格を頂くことができました。たとえ同じ偏差値だったとしても、入試問題によっては合格への道が近づくこともあれば遠のくこともあります。そのことに十分留意して、皆さんには受験校を選んでほしいと思います。ひたむきな努力に緻密な戦略を加えられれば鬼に金棒です。皆さんの夢が小野池学院で叶うことを願っています。
科目別勉強法
 数学…ⅠAに関しては基礎問題精講、ⅡBに関しては「標準問題精講」、Ⅲに関しては「大学への数学」がオススメ。小野池の授業で取り扱った問題と、すり合わせて典型問題を取りこぼさないようにする。
 物理…得意な人は「重要問題集」、苦手な人は「物理のエッセンス」と「名問の森」を完璧にする。
 化学…スタディサプリの先生が分かりやすくてオススメ。化学は反応が起こる理論や実験の背景を理解すると、とたんに解きやすくなり、論述にも強くなる。浪人しての1年はスタディサプリの問題と志望校の問題しかやっていない。
モチベーションの保ち方
やりたくないときはやらない。気分が乗らない時は何をやっても集中できないと思うので。私的にオススメなのは、自分の志望大学の面接で聞かれたことを調べて、自分だったらどのように答えるかを考えたりすると楽しかったし、やる気が出た。医学部志望の人であれば、「なぜ医師になりたいのか」は絶対に聞かれるので、そこはきちんと話せるようにしておくと面接の時に楽になる。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
小野池の選抜クラスの数学の授業は、かなりハードなものになると思います。私も最初は「序盤から結構とばすな~」と思っていて、後期の授業は吐きそうになるくらいわからない問題もありました。でも、群大医学部を目指す人、数学で点を稼ぎたい人は意地でもついて行ったほうがいいと思います。
小野池学院のよかったところ
授業のレベルが高い。自習室がきれい。主要な大学の赤本が揃っている。受験情報が豊富(特に自治医大の面接は県によって傾向が異なるので助かった)
講師の方々へのメッセージ
レベルの高い授業で現役時には落としてしまっていた知識を補うことができました。これからも色々な人の夢の実現する、お手伝いをしてくだされば幸いです。お世話になりました。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

東京経済大学・経済学部
大東文化大学・経済学部

「私の一年」
私は、この一年間、小野池で勉強してきて本当に良かったと思いました。現役の時と違って、周りは勉強を頑張っている人しかいなかったので、それを見て自分のモチベーションを上げることもできたし、お互いを高め合うことができました。ただ、この一年は本当にあっという間です。最初の方は手を抜いていっか、なんて思っていると、すぐに夏が来ます。なので、一年あるからと油断せず、6月くらいまでには基礎固めはしておいた方がいいです。
 それと、浪人はたくさんの人の支えがあってできるものです。自分の場合、先生はもちろん、学費を払ってくれたり雨の日は駅まで送迎してくれた親など、自分の受験をサポートしている人がきっと周りにいるはずなので、そういう人たちへの感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。
 浪人する一年を、マイナスじゃなくてプラスにするくらいの気持ちで頑張りましょう。結果はついて来ますよ!
1日の過ごし方
8:30くらいに登校、19:00帰宅、夕食の後1~2時間勉強
科目別勉強法
 英語…単語は毎日、長文読解を通してスピードを上げる
 政経…経済の仕組みは、暗記じゃなくて理解する
 国語…古典文法、単語をメイン
モチベーションの保ち方
音楽を聴いたり好きなものを食べたり、ストレスを溜めないようにする
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
模試はとても大事なので、判定に一喜一憂せずすぐに復習しましょう。集中力を持続させるためにもある程度寝ましょう。
小野池学院のよかったところ
英語と数学の授業がクラス分けされるので、自分のレベルにあった授業を受けられる。
講師の方々へのメッセージ
一年間本当にありがとうございました。

群馬大学
医学部医学科
(進学)

一浪することを決めた私がその数日後に行ったのは、某ソシャゲをインストールすることでした。浪人生活の辛さをゲームで慰め、苦楽を共にした、とは言いすぎですが、適度な現実逃避へのお薬になっていた本当です。そんな感じで浪人生やっていた私でしたが、一年では夢へは届きませんでした。
 二浪を決意した私は、受からなかった悔しさを胸に勉強に励む、ということはありませんでした。落ち込んだままだと心が不健康だし、何より二,三浪して受かる人が普通にいる学部でしたので、不安が少なかったのだと思います。それに、自分には伸びしろがある!といった出自不明の自信もあったので、一年目以上に勉強に取り組む意欲を持っていました。おすすめ勉強法は、最後まで答えを見ずに自力で解く!です。一週間もあれば、大抵の問題は解けます。
 以上、自身の浪人生活を語ってみましたが、小野池の学習環境が素晴らしいこと、家庭の問題がないこと、自分の夢を心から応援してくれる人たちがたくさんいたこと、など恵まれた環境にあったことが一番の勝因です。一人ひとり置かれている環境は様々だと思いますが、こういう人もいたんだな、と何かしらの参考になれば幸いです。
1日の過ごし方
朝の起床時間を毎日一定にするなどして、生活リズムを保つことが大切かと。昼食の時間や休憩の時間、帰宅時間等を設定し、それに則った生活を送るだけでも、余計なストレスを生み出さずに済みました。
科目別勉強法
 数学…授業で扱う問題は絶対予習、難しくてもできるまで考え続けた。妥協せず取り組んだ分、理解した際の飲み込みが早い。
 理科…受験大学にあった難易度を。苦手なので高度な問題を無理に解こうとしても病むだけでした。
 英語…試験時間中、いかに集中力をとぎれさせないかが重要。英語は楽しいと思い込ませた。
モチベーションの保ち方
問題に取り組んだ際、解けない状態が続くとモチベーションが下がるため、自力で何とか解けるくらいの難易度の問題を3回程度解き直したりしていました。成功体験を適度に体験することで、達成感が得られるし、何より自己嫌悪しないで済みます。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
浪人生活は、希望と絶望の連続です。人によっては、その割合が5:5の人もいれば、1:9の人だっているかと思います。二年浪人した身としてアドバイスを。どうか自己嫌悪にだけは陥らないでください。勉強も生きるのも辛くなるのは色々もったいないので。あと現実逃避もほどほどに。
小野池学院のよかったところ
ほぼ毎日、開館してくれていたこと。勉強しなかった日をほぼ作らずに済みました。取りたい授業を自分で選べたり、夏期講習等が充実していたのも助かりました。
講師の方々へのメッセージ
長い間、大変お世話になりました。きっとこの先長い人生の中で、なんだかんだ浪人生活を楽しめたのは、小野池学院さんの手厚いサポートのおかげです。浪人=黒歴史扱いする方もいたそうですが、私はしませんよ? とてもいい思い出です。本当にありがとうございました。

千葉大学
工学部(進学)

芝浦工業大学・工学部

「浪人生活」
去年不合格通知をもらったときにまず思ったのは「現役のときにもっとやっておけばよかった」という後悔だけです。そこで、浪人をするにあたって一つだけ絶対にこれだけは達成しようという目標を決めました。それは、「最後まで一生懸命やり切る」ということです。一見簡単に見えますが、周りの色々な誘惑を断ったり、模試の結果に一喜一憂したりと意外ととても大変な目標でした。しかし、ほぼ毎日小野池の自習室を利用していたので周りの一生懸命勉強している人達を見て、やる気が出ない日も「自分も頑張らなきゃダメだ‼」と思うことができました。そのお陰で最終的には一生懸命頑張るという目標が達成でき、また幸いにも行きたい大学にも合格することができました。もし小野池に通っていなかったらこのようにはならなかったと思うので本当に感謝しています。一年間ありがとうございました。
1日の過ごし方
(平日)9:00~17:30 授業 17:30~20:30小野池で自習 22:30~24:00 家で自習
(休日)9:30~20:00 小野池で自習 22:30~24:00 家で自習
科目別勉強法
 数学…使った参考書はFocus Goldで、春~9月くらいまでに例題を何周もして完璧にして、それ以降はstep upの問題を何周かして完璧にしました。
 化学…夏休みまでにセミナー化学を何周かして完璧にして、それ以降は重要問題集をしました。覚えていない細かい知識などは専用のノートなどにまとめておいたりしました。
 物理…4~5月くらいに基礎の問題集を完璧にしてあとはセミナー物理を解いていました。
モチベーションの保ち方
どうしても勉強にやる気がでない日は体を動かしたり好きなことをしたりしてあまり勉強しないで次の日からまたしっかり勉強をしたりしていました。自分は基本的に家だと集中力が続かなかったので、小野池で勉強して周りの勉強している人たちを見て「自分もやらなきゃ」と思うようにしていました。
小野池学院のよかったところ
わかりやすい授業が多かった。先生たちに質問しやすい。色々な大学の赤本がある。毎日自習室が開いている。
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。わかりやすい授業といいテキストのおかげでしっかりと大学に合格する学力を身に着けることができました。

群馬大学
理工学部(進学)

東洋大学・情報連携学部
専修大学・ネットワーク情報学部

私は現役生の時、それほど勉強していなかった。机に向かったとしてもすぐにiPadを見てしまいダラダラと1時間、2時間と見ていることが多かった。受験勉強ノートも作ったが、落書きすることが多く6冊買ったのに実質5冊しかしていなかった。こんな感じだから当然第一志望の国立大にはもちろん滑り止めの私大にも受からなかった。私はこういうわけで小野池にいくことになったが、小野池の生徒はみんなやる気に満ちており、その場の雰囲気に圧倒されながらも午前8時から午後5時まで集中して勉強できた。その結果現役生の時には実質5冊しかできなかった受験勉強ノートが12月末には7冊できた。ある学習参考書で見た話だが、学力を上げるには学習量が増えるか、学習の質が上がるか、学習へのやる気が上がるか、この3つが1つでも欠けていれば学力は上がらない。私は、この小野池学院でこれらの「学力の三要素」を上げ第一志望の群馬大学に合格できた。両親、小野池の講師、事務職員、そして共闘してくれた群大理系コースの皆様、一年間ありがとうございました。最後に後輩に一言。少年老いも易く学成り難し。受験は苦しいもの。だからこそ合格した時の喜びは大きい。あなたのその手で合格を掴め。群大志望の後輩の皆様、群大で待っています。
1日の過ごし方
早寝早起きをする。睡眠時間は最低6時間とるようにしよう。勉強時間は最低でも8~10時間。はずみがついてきたら12時間、13時間と睡眠時間が確保できる範囲で勉強するように。
科目別勉強法
国語…国語の問題の核となるのは「対象」とそれについての「評価」。この2つで問題は構成されている。だから本文にある形容詞、形容動詞、登場人物の感情、行動を表す言葉に印をつけて読んでいく。あとは印をつけた言葉を手がかりに問題文で聞かれている内容と一致するような選択肢を選ぶ。速読に慣れる。
数学…とにかく演習。先生に記述問題の添削をしてもらうとなおよい。
理科…「現象の本質理解」がモノを言う。物理は数学同様演習をできるだけ多くする。
英語…共通テストの英語は旧センター試験の英語と比べ、格段に読む量が増えた。しかし英文自体は難しくはないので「訳して読む」のではなく「英語のまま読み取る」ということに努力した。そのためにYouTubeで英語字幕付きの動画でシャドーイングをした。
モチベーションの保ち方
机の上に勉強道具以外のものを置かない。勉強法に直接関わっていたわけではないが、社会主義の開祖マルクスは自身の哲学論で『人間の行動を決めているのは精神ではなく物質環境である』と主張した。また、私の場合スマホに使用制限をかけていた。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
やり切れ。手を動かせ。
その他
社会の勉強法。私は現社選択だったが、趣味で歴史を勉強することもある。どちらにも共通して言えることが丸暗記ではなくストーリー性をもたせて学習する。
小野池学院のよかったところ
土日も開いているから学校としてではなく自習のための良好なスペースにもなった。参考書が多く置いてあるので自分にあった参考書を見つけやすかった。
講師の方々へのメッセージ
ありがとうございました。

広島大学
情報科学部
(進学)

明治大学・情報コミュニケーション学部
専修大学・情報社会学部

「未来に不安を、今を歩み、過去を噛みしめ」
もう一度受験生として勉学のみに一年間身を捧げることはかなり退屈ですし、何のために勉強をしているのかわからなくなってしまう時が幾度と起こるくらい辛いことを意味することは言うまでもありませんが、その中でも自分が勉強している内容に対して喜びを見出そうとすることで、この一年を乗り越えることができました。それは、例えソーシャル・ディスタンスが生じようとも、講師の先生方の熱い授業のおかげで、常に自分のモチベーションを保つことができ、大学に入った後も学業に励むことができるような知識と応用力、思考力が得られたことは大きなポイントだと強く思います。これほど各授業に熱を注げる方はいないのではないか、という思うくらい素晴らしい講師の方々で小野池学院は溢れていました。勉強のためだけにこの一年間過ごすのは何て時間の無駄なんだと最初は思っていましたが、逆にこの一年があったからこそ、自分の次のステップが確かなものとなって、一年前の自分と比べると本当に自分にとっての歩むべき道をしっかり見つめ、決心することができました。この一年間は特にこれまでにはない大変な時期ではありましたが、様々な形で対策をしてくださりありがとうございました。今後の受験生も諦めずに頑張ることを願い、応援するあまりです。
1日の過ごし方
短期的でもいいので、自分なりのサイクルを確立して、維持すること。時間がある間は、何かしら勉強する(息抜きに得意科目や軽い問題をしたり)。HR前の朝の時間(家を出るまでの時間も)、授業間の時間、昼食時間、帰宅後、移動時間…探せばいくらでも時間があるはずですから、人にはよりますが、無駄にしたくない人はこういったところを中心にスケジュールを見直してみるのもあり。次の日(今日)からすぐに出来るので。
科目別勉強法
基礎演習量と問題に対して考えた力の量がものを言う。苦手科目は早めにどこが苦手か分析してつぶしていく。得意科目でもブランクが来る恐れがある(実際に2次試験直前に経験したため)ので、毎日メンテナンスも兼ね、軽く触れておくこと。
モチベーションの保ち方
自分なりの楽しさを見つける(勉強に)、苦手科目を好きになってみる、友達と一緒に頑張るなど。自分が何のために勉強しているのかわからなくなったとき、自分の志望校に入ったあとのことを考えてみる、そもそも自分の進路をもう一度考えてみる(本当に自分のしたいことなど)。どうしても精神的に辛くなったら、リラックスのためだけに時間を使うのもあり(もちろんどうしても、って時だけ)。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
この一年は決してタダではない。だからこそ、それを自分のためにじっくりと使い切った人が、その人にとって本当に意味のあるものとなるので、自分が後悔をしない選択をし、頑張ってください。頑張る人を必ず応援してくれる講師の方々で溢れているので、そこは安心して大丈夫です。最後まで頑張れるかどうかが勝負です。
その他
どんな時も、時間はみな限られている、その中で自分が何ができるのかを考えてみると、何かしらヒントが得られるでしょう。
小野池学院のよかったところ
参考書や模試など演習教材の充実、HRの小テストで自分の穴を見つけられる、講師一人ひとりが丁寧な指導をしてくださる、授業がただの勉強ではなく、学習内容と時事問題の関係性といった教養も学べる、コロナ対策として、アルコール消毒や体温測定、換気などの徹底。
講師の方々へのメッセージ
本当に何が起きるのかわからない恐怖の中でも熱心なご指導ありがとうございました。苦手科目が好きになった授業は今後の自分のためになれてよかったです。

群馬大学
医学部医学科
(地域枠)
(進学)

「小野池に出会えて良かった」
私は高校入学以前から医学部医学科を志望してきましたが、現役生の時は全く学力が足りず、浪人することになりました。周りの同級生が大宮や東京の大手予備校を選ぶ中、私は自宅からの距離や学費の関係で、小野池学院を選びました。正直、初めは大手の予備校でないことに対して不安に思っていた部分もありました。しかし、すぐにこの不安は全くの杞憂であるとわかりました。授業中・外問わず講師の皆さんと距離が近いことは、小野池学院の大きなアドバンテージであると思います。2年間の浪人生活の中で、どの教科も大きく伸び、模試でA判定が出るまでになりました。共通テストでは本番に弱い部分が出てしまい、納得のいく結果が出ませんでしたが、2次試験では小野池生活で培った力が十分に出せ、地域医療枠に合格することができました。この1年は生活様式が大きく変わり、予定通りにいかないことが多かった中、小野池学院は大きな支えになってくれました。小野池の皆さん、本当にありがとうございました。
一日の過ごし方
規則正しい生活。できるだけ集中できるルーティーンを早めに見つける。
科目別勉強法
国数英…週一くらいで実践問題をやる(授業の予習・復習で十分)
数理…基本は授業の予習・復習、2次のレベルに合わせた問題集を
モチベーションの保ち方
一日に最大限やる勉強量を決め、それは絶対にクリアする
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
テキストも講師もためらわずどんどん使う。自習室より家の方が集中できると思ったら、授業後周りを気にせず直帰してもいい。
小野池学院のよかったところ
講師・事務の方々や先輩もフレンドリーなので、悩みを抱えることがほとんどなかった。
講師の方々へのメッセージ
皆さんの力がなければ合格はなかったと思います。2年間本当にありがとうございました。

慶應義塾大学
環境情報学部
(進学)

名古屋大学・情報学部
立教大学・現代心理学部

「この1年を振り返ってみます」
現役の時は「絶対に浪人したくない」という思いから後期試験まで受けてみたものの実力不足で不合格となり、3月末に浪人生となってしまいました。浪人が決まったことへのショックともう一年同じ辛さを味わうことに耐えられないという思いから、後期試験に落ちたその日に衝動的に文転することを決めて小野池の東文コースに行くことにしました。初めのうちは「せっかく浪人したのだから東大に行ってやる」と意気込んだりしましたが、すぐに無理だとわかり諦めました。それから自分が本当に学びたいことを考えるようになり、いろいろと悩んだ結果9月頃に志望大学が決まりました。その後は迷うことなく過去問を中心に集中できるようになり、結果的に第一志望の大学に合格することができました。共テ前の12月から受かるまではずっとつらくてストレスもありましたが、「絶対に受かる」という強い思いでなんとか乗り切ることができました。この1年間は現役の時の失敗を生かして自分なりに頑張ることができました。こうして頑張ってこれたのも、予備校に通わせてくれた上に私立という選択肢を与えてくれた両親のおかげだと思っています。この恵まれた環境への感謝を忘れずに、大学での4年間を1日1日大切に過ごしていきたいです。
1日の過ごし方
ほぼ毎日7時30分過ぎに小野池に行き、1時間半くらい自習していました。きつくなったら無理せず家に帰って休むようにしていました。
科目別勉強法
 英語…小野池の授業の予習・復習と過去問を中心に勉強していました。
 小論文…試験で書けそうな知識やアイデアを本やネットから集めるようにしていました。直前講習で小論文の考え方や書き方を教わりました。
モチベーションの保ち方
志望大学へ行きたい気持ちを無理やりにでも高めることは大事だと思います。モチベーションを維持し続けるのは大変なので、やる気が起きない時は焦らずに少し休んでみるのも1つの手だと思います。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
規則正しい生活をすること、適度に休みながら計画的に勉強していくことが大切だと思います。
その他
自習してて眠くなったら、すぐに10~20分くらい寝た方がいいかもしれないです。
小野池学院のよかったところ
挙げればキリがないですが、通学しやすいことと、授業を受けるかどうかを自分で決められることが特によかったです。
講師の方々へのメッセージ
丁寧に教えてくださりありがとうございました。

茨城大学
理学部(進学)

「浪人生活を終えて」
割とあっという間の一年間でした。朝起きてから登校するという生活は今まで当たり前でしたが、浪人中という立場になると、最初は心苦しいものでした。周りが高校生活を終えてから楽しい大学生活をしている、それを横目に勉強しろというのは難しかったです。しかし、幸か不幸かはわかりませんが、ちょうど新型コロナウィルスの影響で世間は自粛モード全開。大学へ行った友人たちも家で映像授業でどこへも行けないという話を聞き、これは自分を奮い立たせるチャンスだなと思いました。羨ましいと思う心が消えたからです。そこからの自分は快調でした。特設単科に出たり、添削をさせてもらったりと意欲的に取り組み、いざ共通テストへと望みました。初日一科目目の政経、予想問題との難易度の差に驚きました。そのまま二日目も終了し、半ば絶望していましたが、結果は想像よりもよく安心しました。しかし全体的に出来ていたために、相対的にはそれほど良くなくて、二次は難しい戦いになりました。ここで自分は疲れてしまいました。下げて上げてまた下げられた状態の自分は、挑戦を諦めて前期で決まるところに逃避しました。苦渋の選択でしたが、今となっては良かったと思います。あそこで逃げたおかげで、今の自分があるからです。
1日の過ごし方
 6:30 起床
 23:30 就寝
 土日も同じペースで生活する。勉強のペースはやりやすいやり方をつくる。個人差があると思います。
科目別勉強法
数学・物理は難しい問題をやるより標準的な問題を何問も解き、プロセスを完全に理解する。英語はどんどん先生に添削を頼む、おもしろい先生が多いので楽しんでできます。
モチベーションの保ち方
カラオケや散歩などが新型コロナウィルスの影響でできなかったので、かなり大変でした。小野池の中は難しいかもしれませんが、友人と話したりするとけっこう楽になります。大学に行っている人と話すと頑張ろうと思えます。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自分のやる気だと思います。教材も先生たちも十分に揃っているので、それをどう生かすかにあると思います。頑張って欲しいです。
その他
周りを気にしているとどんどん遅れると思います。自分の事だけを考えて勉強に励んでください。必ず結果は来ます。
小野池学院のよかったところ
先生方が親身になってくれるので、質問・相談がしやすかった。土曜の特設単科が素晴らしかった。
講師の方々へのメッセージ
特に担任の先生、物理の先生、英語の先生には本当にお世話になりました。進路相談・問題の質問・英文添削などしていただき、確かな学力の向上を感じました。

埼玉大学
教育学部(進学)

「一年間を振り返り」
宅浪をしようと考えていた時、高校の先生に予備校には通った方がいいと教えてもらい、小野池学院をすすめて頂きました。実際私には一人で家で勉強し続け、大学に合格するだけの力を身に着ける力は無かったです。授業を受け始め、私は今まで自分の「できた、覚えた、ここまで覚えれば大丈夫」といえる基準がどれだけ甘かったかを知りました。基礎からできていないところばかりだったので、1からやり直し、覚え直しました。理解していることが増えると問題の見え方も変わり、解ける問題も増えてきてそれがとても嬉しかったです。また、その中で分からないことがあると先生方が丁寧に教えてくださり、本当にありがたかったです。授業以外にも面接練習や添削、話を聞いてもらったりと多くの面から助けて頂きました。面接は苦手意識が強かったのですが、少し克服できたと思います。
 勉強しているとふとちゃんと結果を出せるのか、勉強したことが身についているのか不安になることもありましたが、ひたすら頑張っている周りの人たちを見ると余計なことは考えないで自分も頑張らないと!と思うことができました。辛いことももちろんありましたが、それ以上に学べたこと成長できたことも多かったです。たくさんの人に支えて頂き合格できたことを忘れず、これからも頑張りたいです。先生方、事務の方々、本当にありがとうございました。
1日の過ごし方
 <授業がある日> 6:30起床 8:15~17:30授業 18:30~21:00自習
 <授業がない日> 7:00起床 9:00~21:00 自習 24:30就寝
科目別勉強法
 国語…現代文は週に1回以上はセンターor共テの問題を解く、古漢は単語・動詞・助詞・助動詞・句形を暗記
 数学…夏終わりまでに教科書を完璧にする。そこから共通テストまで授業・模試の復習中心に反復
 英語…単語・長文は必ず毎日触れるようにした。
 生物・生物基礎…語句・働き・仕組みを理解、覚えることを徹底した。
 化学基礎…なるべく多くの問題を繰り返し解く
 地理…白地図に書き込んで場所とセットで覚える
モチベーションの保ち方
私は将来の夢が養護教諭になることなので、大学に進学して教採に合格した後、自分が働いているところを思い浮かべていました。また、友達と励まし合ったありわからないところを教え合ったりしたことは大きな力になりました。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自分で思った以上に分かったつもり、覚えたつもりでも実際は理解が足りていないことがたくさんありました。1つ1つ丁寧にやり直すことが大切だと感じました。友達と話したり、外に出たりして気分転換をすることも大切です。
その他
浪人に対してマイナスなイメージがつきがちですが、そんなことは全くありませんでした。夢を追うことができるとても貴重な時間だったと思います。応援しています。
小野池学院のよかったところ
先生方に質問しやすかったこと、HRが同じ時間にあったこと、毎日自習室が使えたこと
講師の方々へのメッセージ
いつも温かく接してくださり、ありがとうございました。先生方にたくさん支えていただいたおかげで受験生をやりきることができました。この1年間を忘れず、大学生活頑張ります。

千葉大学
工学部(進学)

明治大学・理工学部
法政大学・生命科学部

高校の時、授業の進度に理解が追い付かず、試験はどの分野にも理解が不十分なまま受けていました。部活動引退後はその不十分な部分を補うために遅くまで勉強していたため授業中に眠ることがよくありました。この悪循環で成績も上がらず、次第に勉強が嫌になっていきました。それでも意味のない勉強を続けていたので、今考えると本当に時間の無駄でした。
 浪人を決めた時、まず思ったのは、予備校の先生に教わるからと言ってこのままだと何も変わらないということです。勉強が嫌いなままでは現役の時と同じだからです。それなので、予備校の授業が始まるまでの期間は、好きなことだけをして過ごしていました。弟と一緒に運動やゲームをなどをしました。この間に三重跳びまでできるようになり、ある時、勉強をしたくなりました。もともと勉強は好きだったのですが、この数年間で失いかけていた感覚を取り戻せました。
 この出来事のおかげかもってなのか、小野池の授業は今までとは比にならないくらいほど理解でき、多くの知識が吸収されたように思います。そして何よりも楽しく勉強できたことがよかったです。
1日の過ごし方
 6:30 起床
 8:30~19:30 小野池
 22:30 就寝
早く寝ることを心がけた。休日も生活リズムを崩さないようにした。
科目別勉強法
 数学…夏休み中、マセマの参考書を使って解法をノートに写した。解説が分かりやすく、この方法で、それまでほとんどわからなかった典型問題の解法が身についた。  物理…小野池の授業がとても分かりやすく、すぐに吸収できたので、忘れないように週末に問題を解いた。
 化学…現役の時、問題が解けるようにならず、やる気を失っていたが、暗記はできたので無機・有機分野をとにかく覚えておいたら後で役に立った。授業中に書き溜めたことを見返した。
 英語…鉄壁を使って英単語を覚えた。文法は授業で学んだあと、スクランブルを繰り返し解いた。
モチベーションの保ち方
日曜日は勉強しない日にした。難しすぎる問題は解かない。家に帰ってからは参考書などを開かないようにし、しっかり休むようにした。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
睡眠が一番大事。
小野池学院のよかったところ
授業が無い日もほぼ毎日自習室を使えた。
講師の方々へのメッセージ
小野池の講師の方々に出会えなかったら、今年の合格はなかったと思っています。それくらい小野池に来てからの変化は大きく、毎日成長を感じることができたので、一年間本当に楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。

防衛医科大学校
医学科(進学)

「全落ちからのスタート」
今、こうして合格体験記を書けることが信じられず、また嬉しく思います。一年前の受験は散々なもので、模試では全てE判定、私立では一次試験すらどこも受からず、国立では1割ほど点数が足りないという状況でした。
 浪人してからは、特に理科を力を入れました。入試が終わってからはすぐに問題集を始め、休校だった4月に2,3周はできたので、その後の授業の定着率が上がったのかと思います。5月にオンライン、6月からは対面の授業が始まり、日々の授業の予習と復習をきちんと行いました。勉強へのモチベーションが上がらなくても、これだけは絶対にやる決めたものがあるのは良かったです。前期に基礎が固まると、模試の判定は良くなっていきました。精神的に辛くなる時もありましたが、クラスのみんなが医学部を目指していると思うと、自分も最後まで頑張らなければ、という気持ちになれました。
 現役の時には手も足も出なかった医学部受験でしたが、今年はきちんと合格できてよかったです。一年間、ありがとうございました。
1日の過ごし方
7:20-8:30 授業の予習 授業が終わり次第、帰宅。夕食、風呂のあと学習。
 23:00 就寝
科目別勉強法
 基本的に授業の予習と復習。時間ができたら苦手な科目の参考書をやる。
 化学…『重要問題集』
 物理…『名問の森』
 英語…シス単、Vintage。長文はなるべく毎日触れた方がいいと思う。
モチベーションの保ち方
志望校のパンフレットを見る。軽く運動をする。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
3月から、自分に何が足りないかをきちんと分析して勉強を始めると、その後の勉強がしやすくなります。
小野池学院のよかったところ
毎朝テストがあること。生活リズムが整います。
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

横浜国立大学
理工学部(進学)

東京理科大学・理学部

「小野池での一年を通して」
小野池学院は、集中して学習できる環境が整っているので、勉強量だけでなく質にこだわって学習することができました。また、毎日小テストがあるので、学習に対するモチベーションを1年間保ち続けることができました。現役生の時にうまく理解できなかったことが、小野池の授業で分かった、気づいた、という機会も何度もあり、毎日の授業が楽しかったです。講師の方々、一年間本当にお世話になりました。
1日の過ごし方
 6:15起床
 7:20 登校、授業
 17:30 帰宅
 18:00 勉強か自由時間
 22:00 就寝
科目別勉強法
 全科目共通…授業の予習・復習
 英語…電車での通学中に単語学習
 英数理…赤本(夏休みから始めました)
モチベーションの保ち方
志望校のパンフレットを見る、1日のノルマを高く設定しすぎない、散歩する
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
どんなに調子が悪くても小野池の授業をないがしろにせず、1つ1つの授業を集中して取り組んでいけば着実に志望校に近づいていけると思うので、頑張ってください。
小野池学院のよかったところ
質の高い対面授業が受けられるところ、朝にHRがあり、規則正しい生活リズムを整えられること、駅から近いこと、参考書、赤本が充実していること
講師の方々へのメッセージ
高校の時とは違った方針や考え方で授業をされていた講師がたくさんいらっしゃったので、毎日新たな発見や気づきがあり、楽しく成長できた1年でした。本当にお世話になりました。

筑波大学
総合選抜理系Ⅲ
(進学)

東京理科大学・理工学部
芝浦工業大学・工学部

「頑張りました」
現役でセンターに失敗し、二次の割合が高いといえどE判定で特攻した筑波大学。当然逆転できずに落ちました。私大や後期は合格しましたが、まだやりきった感がなかったので、浪人を決意しました。しかし、コロナの影響で6月まで対面授業がなくオンラインでの学習を余儀なくされ、家で全く勉強できない自分は怠惰な日々を過ごしてしまいました。6月からは気持ちを切り替え、特に夏期補習期間は毎日同じ時間に小野池学院に通い、勉学に励んでいました。しかし、この頃は模試の判定が良く、徐々に甘えがでている気がしました。秋の終わりに立て続けにある模試ではC判定を出すなど浪人生特有の右肩下がりの成績が続き、次第にメンタルも荒れるようになりました。12月から通常授業が終わり、自分は補習を取らなかったので3か月近く自習の日々が続きました。「共通テストが取れなければ二次の挽回は厳しい」と去年から考えていたので、共通テストに本腰を入れて対策した結果、自己ベストを出すことができ、私大に意識が行くことがなく国立の筑波に集中することができました。結果として合格できましたが、受験の3割くらいは運だと思うので、自分は恵まれたと思います。最後に、講師の方々や事務の方にはお世話になりました。ありがとうございました。
1日の過ごし方
毎日同じ行動をする。
科目別勉強法
授業の復習をメインに。一つの参考書を仕上げる。
モチベーションの保ち方
勉強熱心な友達と仲良くなる。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
誘惑に負けず一年頑張ってください。
小野池学院のよかったところ
面倒見が良い。添削してもらえる。<
講師の方々へのメッセージ
半年ほど添削していただいた先生、担任の先生には大変お世話になりました。ありがとうございました。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

「合格までの一年」
去年の私はとんでもなくバカでした。模試でEやD判定だったにも関わらず、なんとかなるだろうと高を括っていた挙句志望校はおろか滑り止めのために受けた大学すらも全滅という悲惨な結果に終わりました。
 その後、浪人生という道を選び去年の5月から小野池学院で学び始めました。
 しかし、両親や先輩から聞いていた通り、浪人生はとても辛かったです。毎日朝から夜まで勉強三昧でその上模試で結果が出なかったりなど、もともと勉強が大嫌いな私にとって地獄のような日々が続き、何度か大学進学自体を辞めようかと思いました。
 そんな荒んだ気持ちの私を励ましてくれたのは、高校の時の友人達でした。諦めそうだった私を叱咤激励してくれて、勉強方法のアドバイスなどもしてくれました。そのアドバイスを元に、勉強方法や生活習慣を変えた結果、じわじわと成績も上がり、最終的に志望校に合格することができました。
 両親、友人、小野池の先生方など多くの人に支えられながら合格しました。その方々への感謝を忘れずに大学でも日々精進していきたいです。
1日の過ごし方
休日は7時に起床し、食事や入浴などを除いた時間はほとんど勉強をし、23時には寝ていた。
科目別勉強法
 国語…現代文は速読力を付けるために一日一文、古文は苦手だったので基礎を学んだ
 英語…1日1長文、リスニングを絶対にやる
 社会…分からない言葉をノートに書きだし、復習する
モチベーションの保ち方
勉強を1時間やったら5分休憩を入れた。こまめに休憩を入れ、集中力とモチベーションを継続させるよう心掛けた。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
授業をしっかりと受け、少しでも分からない点があったらすぐに教師に聞きに行ったほうが良い。分からないことを分からないままにするのが一番いけない。
その他
睡眠時間を削って勉強するのはやめた方が良い。
小野池学院のよかったところ
授業が分かりやすく、大事な箇所をちゃんと覚えられた。教師の方が皆親切で、進路などに関しても親身に対応してくださった。
講師の方々へのメッセージ
一年間お世話になりました。

山形大学
医学部医学科
(進学)

「準備期間」
何とも釈然としない気持ちで小野池に入学し、はやくも2年が経ちました。予備校外の人から見れば厳しい2年間だったのかもしれません。日々勉強付けでストレスから解放されず、スマホは封印しているため、友達と連絡も取れず、先に大学に進学した同級生の楽しそうなキャンパスライフを想像しながら気分転換の高崎徘徊をし、偏差値やら志願校やら目先のくだらない選択にばかり頭を使って、好きな女の子とか音楽とかについてなんて考える暇すら与えられえない、一応の青春時代。社会的に見たら本当に可哀そうな学生だったかもしれません。でも正直言って僕は非常に楽しかった。「浪人はハンデだ」と自分に言い聞かせていたし、大学から始まるひたすら忙しい生活の前に、じっくりと自分の進むべき方向を見定めることができました。自分の特徴や性質もより深く知ることができました。よく「浪人は地獄」なんて聞きますが、地獄があの程度なら楽なものだと思います。要するにたとえ浪人するとしても、考え方次第でいくらでも楽しめるということを伝えたい。辛い時こそ頭の回転は早く、アイディアは新鮮で一歩先が良く見えるものです。どうかこれから浪人を経験する人には明るくわかっていて欲しいです。『はいあがろう。負けたことがあるというのがいつか大きな財産になる。』(スラムダンクより)
1日の過ごし方
 7:00 起床
 8:00-20:00 小野池
 23:00 就寝
科目別勉強法
①基礎を制して医学科合格の実力が身につく
②標準を制して医学科合格が確実になる
③応用を制して難医を制す
一浪目に③まで到達しきれなかったのが僕が横市に行けなかった理由です。
モチベーションの保ち方
8割勉強、2割運動。質問以外の交流は控え、時間があれば眠る。楽しいことは合格してからでも決して遅くはない。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
目標達成のために、環境はさほど関係ありません。大宮でやろうが東京でやろうが、所詮浪人は浪人です。一年で終止符を打つことこそ正義でしょう。人生において大学は通過点に過ぎません。現役合格した同級生が大学で楽しそうに見えるかもしれませんが、実際そうでもないですから。
その他
厳しい話かもしれないが、浪人生の勝負は「夏休みに入るまで」です。現役の方が伸び率が大きいから、というのも理由の一つですが、何よりもまず「間違いを早々に正せないヤツに本当に意味での成長はないから」です。
小野池学院のよかったところ
独りで静かに集中できる環境がある。予備校としてこれがあれば一流だと思います。
講師の方々へのメッセージ
想像以上に苦戦して手にいれた医学部医学科合格も、先を見れば心臓外科医への道のスタートに立ったにすぎないと気づきました。これに甘んじることなく、自分を磨き続け、日本を代表する代表する心臓外科医になります。そしたらまた会いに来ます。

筑波大学
体育専門学群
(進学)

早稲田大学・スポーツ科学部
同志社大学・スポーツ健康学部

「受験」
これを読む人は、現役時代の学力が低く、各高校の順位の土台を築いてきた人に読んでもらいたいです。僕自身も高校時代は土台を築いてきました。ですが、一年浪人をして、周りの人から凄いと言われる大学に受かりました。何故か?「努力」です。ほかにはありません。これで終わりにするのも短すぎるので詳しく話します。まず、土台を築いている人に共通して言える弱点は基礎力がないことです。自分はそれに気づき夏休みが終わるまでに基礎を固めました。このおかげで、本番前に行う問題演習にスムーズに取り組むことができました。授業以外は基礎しかやっていませんでした。次に、本番前では問題演習をするんですけど、本番と全く同じスケジュールで行いました。このおかげで、本番は全く緊張しませんでした。オススメです。これらを行ったことが、大学合格に繋がったと思います。
 最後に、一年はめっちゃ辛いです。ですが、終わってみるといい一年だったと思えるはずです。そう思えるようになるには、勉強をめっちゃ頑張ることです。1年ぐらいは遊ばなくても死にません。妥協せずに頑張ってください。
 皆さんが春笑えていることを祈っています。
1日の過ごし方
 6:30 起床
 7:20~8:30 移動(基本ぼうっとしてました)
 9:00~21:30 授業・復習(この間に30分の昼寝をしていました!大事‼)
 22:30 帰宅(家に着くまでは社会の勉強)
 23:30 就寝
科目別勉強法
国語…古文単語、漢文句形、先生に死ぬほど質問
数学…めちゃ嫌いだったので1日1時間数字に触れるだけにしました。
英語…英単語のみ
社会…1日1時間触れる
理科…授業を真剣に受けました。
モチベーションの保ち方
友人と電話、散歩、大学に受かった自分を想像
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
これから始まる一年は本当に辛いと思います。ですが、いまこれを書いている僕は本当にいい一年を過ごせたと思っています。皆さんもそうなるはずです。自分を信じ、頑張ってください。
その他
僕は、小野池に基本携帯を持っていきませんでした。共通テスト直前期は勉強をたくさんできたのでおかげで勉強に対する不安は無かったです。
小野池学院のよかったところ
一年を通して通えること、自習を行える環境が充実
講師の方々へのメッセージ
一年間、入試情報や面談、生物基礎では担任の先生にお世話になりました。また、国語の先生方には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

横浜国立大学
経済学部(進学)

明治大学・政治経済学部
明治大学・情報コミュニケーション学部

「人は必要な時に必要な人と出逢う」
最初入学した時、自分は学力が全然なく第一志望校の判定も良くなかったです。しかし授業をあまり切ることもなく、ほとんど真面目に受けていました。講師の方々のテキストや授業の質が高かったので自分の苦手なポイントがわかったり、その苦手をつぶしたりすることができました。必死に夏前まで基礎をやり直し、そのあとから共通テストと私立の対策を少しずつやっていきました。最初成績は上がり続けましたが、途中成績が一気に下がったことで、少し悩んだ時期もありましたが諦めずに志望校に向けて頑張り続けられたので合格することができたと思ってます。
 浪人するには当然お金がかかります。そうであっても一年間浪人させてくれた家族には感謝しかありません。自分なりの恩返しが第一志望校合格だったので、少しでも恩返しできてよかったと思います。また、同じ浪人仲間にも自分は恵まれていました。辛い時期一緒に乗り越えてくれたり、勉強を教えてくれたりした仲間にも感謝しています。そして担任の先生、講師の方々にも一年間お世話になりました。
 最後になりますが、このタイトルはある人が言った僕の好きな言葉です。自分と出逢って関わってくれた方には感謝しかありません。一年間本当にありがとうございました。
1日の過ごし方
 7:30 登校、勉強開始
 11:30 昼休憩
 12:30 勉強再開
 17:30 休憩
 18:30 勉強再開
 21:30 下校
科目別勉強法
基本的に夏までに全科目の基礎を固める。それ以降は問題演習と復習の繰り返し。スキマ時間に暗記をする。
モチベーションの保ち方
やる気がないとき無理してやらない。志望校での大学生活を思い描く。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自習室となっている教室がたくさんあるので、集中力が切れたりしたら場所を変えてリフレッシュする。自分と同じもしくはそれ以上の学力がある人と友達になる。
小野池学院のよかったところ
自習室の多さ、赤本の種類の多さ、講師との距離が近いこと、担任の先生はいつでも相談に乗ってくれる。
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

関西学院大学
社会学部(進学)

東洋大学・経営学部
龍谷大学・経営学部

「D^3≒50%」
タイトル、模試において合格率20%のD判定の大学も、3校受ければ全て不合格となる確率は50%です。つまり、50%の確率でどこかしらには受かります。6校なら全落ちの確率は25%まで下がります。この数打てば理論を踏まえて、スケジュールが過密にならない程度に試験会場に足を運びました。
 志望校は、苦手科目の配点が低い、もしくは簡単、得意科目の配点が高いところを中心に選びました。俺のプランは、数学で貯金を作り、英語・現文は耐え、古文は全捨て。マークだし2個くらいあたれば儲け!って感じでした。古文を捨てることは4月から決めていたので、その分他の勉強に時間を使えました。
 世間の人が思っているほど浪人は辛くないですよ。ルーティーンのように家と塾を往復してたら、いつのまにか終わっているので。ただし、楽しそうにしている大学生を見ないように。友達のSNSはミュートにすることを忘れないように。浪人中は封印していることにして、見たいものだけ見ていれば大丈夫です。
科目別勉強法
 英語…「知らない単語は文脈から推測しろ」とよく言われるが、「知っている単語から文脈を推測する」ことも有効。そのために英語の勉強だけでなく国際社会の問題なども、背景知識として頭に入れておくと長文が取りやすくなる。
 数学…問題にたくさん触れて、起こりうるケアレスミスをなるべく多く経験する。
モチベーションの保ち方
wakatte.TVを視聴する、スーモやホームズで物件探し
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
娯楽に時間を奪われることよりも、色々我慢してストレスを抱えることの方がまずいと思うので、俺は漫画、アニメ、ゲームを適度にやっていました。親に怒られない程度に息抜きをしてください。
その他
「地球は地軸を中心に回っているが、世界は俺を中心に回っている」ってメンタルでいると不思議と何でもどうにかなる気がしてくるのでお勧めです。2ちゃんねる設立者のひろゆきさんの配信とかは世界情勢を知ったり、幅広い分野の知識が身について、話とかも面白いので、聞いて損はないかと(現文の演習とかより有意義です)。
小野池学院のよかったところ
朝のテストを毎回採点してくれて、平均点とかも掲示してくれたので、毎週ゲーム感覚で楽しくできたこと。
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

京都工芸繊維大学
工芸科学部
(進学)

東京理科大学・工学部
中央大学・理工学部

「受験上のアドバイス」
1.地理の点数が良くなかったら現社に変えることも考えよう。
どうしたって学校で地理をやっていると、浪人しても地理で受けようと考えてしまうものです。がしかし、地理は「多くの情報の記憶」「それらの情報を融合的に活用する能力」が求められます。一方、現行の現社は「多くの情報を記憶」すれば点数が取れますし、その情報記憶にしたって、量が少なく、用語自体を単純に聴く機会が多いです。私は地理から現社に変えて40点上がりました。始めるのが早い方がより楽です。一考してみてはいかがでしょう?
2.ケアレスミスに気を付けよう。
ケアレスミスの被害にも大小あります。計算ミス→5~8点、ぬり間違い→5点、番号ズレ→最大70点、科目ミス(選択科目のぬり間違い)→受験資格自体がなくなる可能性あり。理系は特に数学ⅠAと数学Ⅰ、数学ⅡBと数学Ⅱのミスに注意しましょう。私自身、どちらを塗ったのかわからず前期一週間前までてんやわんやしていました。我が恩師は「ケアレスミスは勉強すれば直る」と言っていましたが、そんな甘くありません。ケアレスミスは直せません。だからこそ、被害を最低限にする行動を!
科目別勉強法
現代文…「相手の使っている言語は日本語」だという意識でいろいろな本を読む。
 数学…問題のタイプ分析をして「この問題はあれに似てる」を増やしましょう。
小野池で勉強する後輩へのアドバイス
理系科目がある程度得意ならば、一度駿台の「物理入門」などを読んで、「なぜその公式なのか」「どういう風に反応が起こるのか」「何が起こっているのか」を考えてみると、問題に対して違った視点で取り組めると思います。
小野池学院のよかったところ
基礎的な点の確認、生活リズムの調整など受験で最も大切な点をサポートしてくれます。
講師の方々へのメッセージ
本当にどうしようもない私ですが最後まで見捨てずにいてくれてありがとうございました!!

富山大学
人間発達科学部
(進学)

専修大学・ネットワーク情報学部

「あきらめたらそこで試合終了」
浪人生活は長いようで短い。いや、正確に言うと長くて短い。高校生と違って、一年まるまる受験勉強ができる。そう聞くと夢が膨らむが、実際そう甘くない。目標を達成できずに、どんどん時間が過ぎて行く。そうかと思えば、勉強だけすることに飽きてしまい、無の時間を漂うこともある。
 努力は必ず報われる。この言葉を今、どれだけの人が信じているだろうか。信じていない人が多いのではないか。僕は浪人生活を通して、この言葉が本当だということを実感した。前期に落ちた時は絶望だった。後期も負け戦だと思った。なんとか悪あがきをして、後期を受けた。その結果、この合格体験記を書いている。理系の僕が小論文試験で合格したのだ。あの時、諦めなくて良かったと本当に思う。最後までやって良かったと思う。報われない努力はあるかもしれない。しかし、報われる努力もあるということを自分の手で確認できた。
 最後に、面接練習や小論文の添削をして下さった担任の先生、熱意のこもった授業をして下さった先生方、一年間ありがとうございました。
1日の過ごし方
7:00 起床
9:00~21:00 小野池学院
23:00 就寝
科目別勉強法
全て授業の予習・復習
モチベーションの保ち方
友人との時間
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
志望校は変わってもいい。一年後、達成感があるように努力しろ。
小野池学院のよかったところ
手厚い指導
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

前橋工科大学
工学部(進学)

「この一年間を振り返って」
自分は、現役の時に特に第一志望の大学が具体的に決まっていないままセンター試験に臨んでしまいました。そのため、大学の合格最低点や受験科目の配点が分かっていませんでした。第一志望の大学があやふやな状態で受験をしてしまうと、その大学がどの科目にウェイトを置いているかが分からず、科目ごとに強弱をつけて勉強できません。なので、自分は全体をやみくもにやっていました。でも、浪人をして第一志望が決まってからはどの科目を中心にやっていけばいいのかが明確になり、効率よく勉強ができていたと思います。二次試験は数学だけだったので早いうちから対策をしていけたのが合格した大きな要因だったのだと思います。自分は高校の時に話しかけられる友人が少なく決して楽しい学校生活ではありませんでした。しかし、自分はそんな中皆勤賞を取りました。あの時の経験は自分の原点となり、今の原動力になっています。「あの時頑張れたんだから大丈夫」というプラスのイメージを持ち勉強ができたのもよかったです。最後になりますが、これまで支えてくれた家族はもちろん、先生方や事務の方々には大変お世話になりました。改めて、一年間ありがとうございました。
1日の過ごし方
HRまでには小野池に到着。朝起きる時間と寝る時間をなるべく同じにする。
科目別勉強法
 数学…数学Ⅲは微分・積分が重要だと思うので早いうちに微積を完成させてその後はほかの分野に時間をかける。
 物理…公式の成り立ちを理解する。
モチベーションの保ち方
長時間の睡眠を取る。大型ショッピングモールに行って息抜きをする。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
大学に合格したときのことを考える。
その他
一年間大変お世話になりました。
小野池学院のよかったところ
学校と同じように決められた時間に授業があるので生活リズムが崩れない。
講師の方々へのメッセージ
今までありがとうございました。小野池で勉強したことは今後無駄になることはないので大学に行っても小野池での経験を忘れないで頑張りたいです。

群馬大学
医学部医学科
(進学)

東京理科大学・薬学部薬学科

「感謝」
私は3年間小野池学院で浪人生活を送りました。「あっという間だった」とか「意外と短かった」などという言葉は合格体験記において浪人生がよく使いがちですが、私には間違ってもそんなこと言えません。この3年間は私にとって長く、苦しいものでした。結果が出せない日々の中で、進路変更を考えたことも何度もありました。それでも諦めず、医学科合格を成し遂げられたのは、背中を押し続けてくれた講師、事務の方々、家族、そしてなにより小野池学院という努力できる場所があったおかげです。私一人では到底不可能だったと思います。
 少なくとも1000回は通ったであろう小野池学院で、信頼できる先生方、そして切磋琢磨できる同世代の友人達と出会えたことは私にとってこの上ない財産です。支えてくれた方々にもう一回り成長した姿を見せられるよう、これからも精進して参ります。ありがとうございました。
1日の過ごし方
HRには必ず出席できるように登校。21:00くらいに下校。このくらい決めておけば、細かくスケジュールを立てなくても生活リズムは乱れないと思う。あとはその日の体調や勉強の進み具合を見てうまく調整。
科目別勉強法
 英語…成績が伸び悩んだら、「単語」「熟語」「文法」に穴がないか確認した。毎日触れることが大事!時間がない日は音読だけでもやるようにしていた(小野池のテキスト、速単上級編を使用)。
 数学…解放パターンをまず身に着けることが大切。青チャートで言ったら☆3、できれば☆4まで完璧に。その後は「やりたい理系数学」や「スタンダード」「オリジナルスタンダード」を使って入試問題に慣れるようにした。
 理科…地方国医ならば、重問レベルができれば十分だと思う。解法パターン暗記だけに頼らず、理論を身に着けられるように意識した。
 地理…暗記だけではなく、理論を大切にした。知識の引き出しが増えるので、授業は出続けた。
 国語…古典は「単語」「文法」などの基礎知識をまず仕上げた。あとは授業の予習・復習。
モチベーションの保ち方
模試の判定ではなく、あくまで大学合格を意識する(模試に気を取られすぎないように)。受験勉強は受け身にならず。疑問や自分ならどう考えるかなどの意見ももちながらやる。友人や先生方とおしゃべりする。散歩で気分をリフレッシュする。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自分が信じられなくなったときは小野池を信じよう。今、与えられている環境は決して当たり前ではありません。支えてくれる講師、事務の方々、家族、また一緒に頑張っている友人への感謝・尊敬を忘れずに。
その他
どの科目も授業を軸足に置くことをオススメします。使った参考書、問題集を見返すと、ボロボロになるまでやり込んだのはどれも基礎レベルのものです。基礎が固まっていれば、発展レベル・入試レベルのものは1~2週で理解できるように思います。
小野池学院のよかったところ
クラスの雰囲気が良く、互いに教え合いながら学習できる。講師に質問しやすい。

新潟大学
法学部(進学)

法政大学・法学部
國學院大學・法学部

「予備校生活を終えて」
小野池学院に通い始めるまでは特に一日の過ごし方を明確に決めていたわけではなく、模試の結果ばかりを重視して結果として全体的なバランス感覚を喪失し、受験生活は失敗に終わりました。その後、小野池学院に通うことになるわけですが、授業が始まるまでは多少不安でした。授業についていけるのか、今年こそは合格を手にすることができるのか、そして予備校が果たして本当に自分に合うのかなど様々な懸念が頭をよぎりました。しかし、そんな不安要素はすぐに消え去りました。ほぼ毎日ある朝テストやレベル別のクラス分けによる授業で基礎力が養われると同時に、自分の学力レベルがどの程度なのかを認識し、規則正しい生活の下で合格するための具体的なプランに基づいて予備校生活を送ることができました。そんな生活を送っていくうちに、いつしか不安が根拠のある自信へと変わっていき、最終的には国立・私立とも合格を頂くことができました。かつての私は学習面でのスキルの増大こそ成功の最大の鍵とばかり考えていましたが、予備校生活を終えて一番感じていることはメンタル面の強化もかなり重要であるということです。学力の精神面での強化を予備校生活を通して実現できたことは私にとって非常に価値のあるものであり、小野池には感謝しかありません。
1日の過ごし方
 月~金 授業の予習・復習
 土   弱点補強
 日   遊ぶ
科目別勉強法
社会(政経)…政治経済精講を5~6周+日本国憲法と労働三権、三法の暗記、時事調べ。これで私大政経8~10割取れました。
モチベーションの保ち方
食べる、ギター
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
眠くなったら外へ行く。質問は遠慮しない。不安になったらとりあえず小野池に行く。
小野池学院のよかったところ
担任制、レベル別授業、好きなコマを取れる、開校時間が長い

千葉大学
工学部(進学)

僕は現役時代は10月の選手権までサッカーをしていたので勉強をあまりしていませんでした。特に数Ⅲは理系であるにも関わらず公式を暗記している程度でした。なので必然的に浪人しました。ただ僕の高校は毎年約半分が浪人するので抵抗はなかったです。小野池に通うことを決めたのは、僕ではなく親でした。正直始めのうちは友達が多くいる大宮の予備校にいきたいと思っていました。しかし通っていくうちに一人で勉強するのは変なプレッシャーがかからず気が楽だと思いました。また友達がいないのでわからないことがあったら必ず些細なことでも質問することを心がけていました。僕ははじめのクラス分けで偶然良い点数が取れてしまいたまたま選抜クラスに入ることができました。そこでの授業はほとんどが知らない内容で予習の段階ではほとんど解けませんでした。だから復習には力を入れて何回も質問をしたり解きなおしたりしていました。そういった難しい内容に刺激を受けたり、先生に質問しにいったりすることでモチベーションに繋がり、受験直前までは勉強が苦に感じることはありませんでした。僕は自信があまりない性格なので、赤本を小野池にあるものすべてやって、他の受験生はここまでやっていないだろうと思うことで自信をつけていました。その結果、本番でも致命傷になるほどのパニックを起こすことはなく、合格できたので良かったです。
1日の過ごし方
試験は朝から始まるので、できるだけ朝早くから自習に来て、体や頭を慣れさせることが大切だと思います。
科目別勉強法
僕は全科目授業の予習、復習を徹底してやっていて、参考書や問題集等には手を付けませんでした。
モチベーションの保ち方
疑問に思ったことは何でも質問して、先生方と話すことでモチベーションは保っていました。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
どんなことでも質問に行った方がいいです。なぜ選抜クラスに入るのか分からないくらい僕は基本すら理解していませんでしたが、先生方に質問にいくと優しく答えてくれました。なので質問に行くことを億劫に思う必要は全くないです。
その他
支えてくれる人に感謝を忘れずに頑張ってください。
小野池学院のよかったところ
自習室が休みなく長時間利用できる点。アットホームな雰囲気で質問に行きやすい点。
講師の方々へのメッセージ
いつも優しく丁寧に教えてくれたり、メンタル面も気を使っていただいたことがとても嬉しかったです。先生方と勉強できてとても楽しかったです。ありがとうございました。

群馬大学
医学部医学科
(進学)

東海大学・医学部医学科
埼玉医科大学・医学部医学科

浪人中の受験勉強は、がむしゃらに勉強し続けるイメージがありますが、ただ時間をかけて量をこなせばいいというわけではないと思います。例えば自己分析、志望大学の問題傾向の分析、勉強法の確立、体調管理といった勉強の質を高めるために必要なことは多くあると思います。こういった受験戦略は、小野池学院のものが自分によく合いました。演習問題の選定やリズム管理における充実したサポートが今回の合格に繋がったと思います。
 予備校のテキストは、各予備校の講師の方々がこれが理解できれば必ず合格する力がつくという思いのもと作り上げたものであるため、そのテキストを信じて勉強し、自分なりの受験戦略で戦うことができればおのずと結果が見えてきます。講師の方々や担任の先生を信じて最後まで走り抜けましょう。
 最後に、これまで応援し続けてくださった講師の方々、事務の方々今までありがとうございました。
1日の過ごし方
 8:30 登校
 9:00~17:30 授業
 17:30~18:00 散歩
 18:00~19:00 予・復習
 19:00~20.:00 自習
 20:00~帰宅
科目別勉強法
 英語…音読、早稲田15ヶ年、長文問題精講
 物理…名問の森、授業テキスト繰り返し
 化学…セミナー、授業テキスト繰り返し
 数学…大学への数学(月間)、予・復習、授業重視
モチベーションの保ち方
リズムをつくって勉強、8割の力で継続
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
小野池の方針に従うのが良い、講師の方々が大手の予備校より一人ひとりに時間を割いてくれる
小野池学院のよかったところ
講師の方々とコミュニケーションが簡単に取れる、事務の方々も優しく雰囲気がいい
講師の方々へのメッセージ
受かるまで応援し、期待し続けていただきありがとうございました。お世話になりました。

会津大学
コンピュータ理工学部
(進学)

東洋大学・情報連携学部
東京電機大学・理工学部

「大学受験」
3月に申し込みをし、そこから異例のリモート授業が行われ戸惑いました。私は家であまり勉強できないため、良いスタートが出来ませんでした。数学に対するモチベーションも保つことができず、英語ばかり勉強していました。英語では音読とシャドーイングをしたおかげで模試でいい結果が出ました。これが一番楽しかったことです。数学に真剣に取り組んだのが10月で、これが浪人の中で一番の反省と後悔です。4月から計画的にチャート等を進めていればよかった、と思っています。
 志望校の選び方は、高校の時に落ちた大学とその一個上のレベルの大学にしました。また、自分の中ではGMARCHのうちのどれかを受験すると決めていました。
 この一年を通して、自分が今までしてきたことが全て自分に返ってくることが身に染みてわかりました。サボればサボった分だけ結果として返ってきます。3,4月のうちから小野池に来て自分の自習の仕方、勉強の計画を立てておけばよかった、と思っています。
1日の過ごし方
朝、親の仕事時間に合わせて小野池に登校(7:30)。夜の9時まで自習。
科目別勉強法
 英語…文法は授業とスクランブルの併用。長文は授業の教材と音読、市販の短文をシャドーイング。
 数学…青チャート、授業の必要なところの復習
 化学…重要問題集、鎌田の有機化学
モチベーションの保ち方
音楽、ラジオ、散歩
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
早いうちに、自分の勉強の仕方を確立すること。
その他
浪人する友達がいたほうがいい。
小野池学院のよかったところ
赤本が使える、いつでも自習室が使える
講師の方々へのメッセージ
質問に対して、わかりやすく丁寧に教えて下さり、ありがとうございました。とてもわかりやすく、勉強に対する意識が変わりました。お世話になりました。

鹿児島大学
歯学部歯学科
(進学)

「浪人生活」
4月、青チャートから浪人が始まった。1か月間は数学しかしなかった。5月、理科を始めた。教科書を読むことに1日を費やした。知識ゼロからの勉強は学ぶことしかなくて楽しかった。6月、模試が始まった。1年前と比べるとかなり成績が上がった。7,8月、自習が始まった。共通テストに向けて勉強を始めた。このころから鹿大歯学部を考えた。9,10月、勉強に飽きたからゲームを始めた。このころから受験本番まで学力はあまり変わらなかった。浪人を終えて、長いようで短い1年だった。2浪する精神力がなかったので、受験校選びと二次の試験科目はしっかり決めた。初めての面接だったけど、緊張せずに受けることができた。共通テストのリサーチで順位が上であればあるほど不安が自信に変わった。現役の時に新潟大農学部に落ちたから小野池に1年通って国立歯学部に受かる学力を身に付けることができてよかった。高校の時には通じたノー勉で定期テストを受ける習慣は大学では通用しないと思うので勉強する習慣を維持して大学生活をスタートさせたい。小野池で浪人できてよかった。
1日の過ごし方
 8:00~9:00 登校
 9:00~12:00 勉強
 12:00~13:00 昼
 13:00~17:00 勉強
 17:00~18:00 休憩
 20:00~21:00 帰宅
 21:00~24:00 YouTube
 24:00 就寝
科目別勉強法
 国語・英語…模試のみ
 数学…青チャート、大学過去問、学校教材
 物理…セミナー、教科書
 化学…セミナー、重問、教科書
 地理…資料集
モチベーションの保ち方
友人との会話、YouTube、ゲーム、大学入学後をイメージする
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
午前中だけ集中しとけばいい。1年過ぎるの早い。国理前期授業大切。
小野池学院のよかったところ
自習スペースが広い、生徒との距離が近い、駅から近い、長時間開いている、知り合いがいる
講師の方々へのメッセージ
いままでありがとうございました。

高崎経済大学
経済学部(進学)

獨協大学・経済学部
高崎健康福祉大学・農学部

私が志望校の合格を勝ち取れた要因は、基礎を固められたからだと思います。
6月から11月にかけて私は、基礎的な内容しかしなかったのですが、そのおかげで過去問に取り組みやすかったです。ですが、基礎固めは、基礎的な内容の繰り返しなのでとても退屈で飽きてしまうことがありました。そこで私は、昼食後に15分程度の散歩をしていました。好きな音楽を聴きながら歩くことでリフレッシュでき、午後の勉強に集中できました。コロナ禍で精神的にも大変でしたが楽しい授業が適度な緊張感で、自分の学力がついてくるのを実感しました。努力したことは自身の財産になるので頑張ってください。
一日の過ごし方
勉強→昼食→散歩or昼寝(15分程度)→閉校まで勉強。帰宅後は何もしないですぐ寝る。
科目別勉強法
 英語…単語帳を1日600単語読む、文法、語法を定期的にやる。
 国語…実戦形式の問題をやる
 日本史…通史で覚える。
 生物・地学基礎…教科書を読む。
モチベーションの保ち方
できるだけ長く小野池で自習して、帰ったら勉強しない。ただしやり残したタスクはファミレスなどで終わらせる。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
朝のHRには積極的に参加して、生活リズムを乱さない。
小野池学院のよかったところ
自習室が多いので広々勉強できる。
講師の方々へのメッセージ
浪人生活を支えて下さってありがとうございました‼

信州大学
工学部(進学)

日本大学・理工学部
東洋大学・理工学部

「大切なもの」
合格した大学もなく、現役時代の受験勉強は何一つ達成感を得られるものがなくスタートした浪人生活だった。小野池学院に入ることを決めて特待生試験を受けて小さな達成感を得ることができた。小野池学院はクラス分けテストなどが基礎を大切にしたものなので、自分ができないことがわかって模試で点数を取れるようになり達成感が得られた。同時にだんだんと自信が出てきて、難しい問題を解きたい、完答したいという思いが込み上げてきた。また、解けるようになって楽しくなっていく。達成感と自信があればなんとかなる。浪人生活で大切なのは達成感と自信である。達成感は小さなものでいい。その積み重ねが自信になる。自信があれば多くのことにチャレンジできる。この浪人生活で自分は達成感と自信の大切さを学んだ。この経験で自分はこれからの人生多くのことにチャレンジできる。失敗したとしても経験として自分が学べたという立場に立ってすべてを自分の自信にしていくことができる。達成感と自信を持ち続けていきたい。
1日の過ごし方
 7:00 起床
 8:00出発
 8:30~20:00 小野池にて学習
 21:00~22:00 自由
 22:30~23:00 風呂
 23:00~23:30 自由
 23:30~23:40 精神統一
 24:00~ 就寝
科目別勉強法
 英語…単語はターゲットで1つのかたまりを毎日、文法はスクランブルをテスト毎に、長文は予習をつかってやる
 物化…授業でやった単元をセミナーでその日のうちに復習
 数学…夏休みなどに授業の総復習
モチベーションの保ち方
行きたい大学の推奨PCを調べてみる、大学に行った自分を想像してみる、やりたいことをしている自分を想像してみる
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自由に勉強ができるので自分でできていない所、苦手な所をしっかりと潰していく。メリハリがしっかりできないのなら場所で分ける。
その他
自分が何のために勉強しているのか少しでも考えてほしい。自分を見つけることができなかった(笑)
小野池学院のよかったところ
家から近いのでその分勉強できる。地元の友達ができる。
講師の方々へのメッセージ
やさしくサポートしていただきありがとうございました。とてもわかりやすい授業でした。

新潟大学
工学部(進学)

日本大学・理工学部
日本大学・生産工学部

「大学に進学した人より濃い一年」
現役時代に大学が決まらず、浪人すると決まってからあまりモチベーションが上がりませんでしたが、高校の同級生の話を聞いていると、「リモートばっかり、、、」とか「友達が作れない、、、」とか色々な不満があったけど、自分は「大学受験」という大きな目標があったおかげでなんとかモチベーションを保てた。小野池での勉強も始めは動画だったけど、対面授業が増え、同じ目標のある人と同じ教室に入れたことで成長できたのかなと思います。世間が足踏み状態の中で、しっかり目標があって前に進めたかと思うと、「浪人して自分を磨けた一年」だったと思います。
 小野池の授業も、重要ポイントだったり、押さえておきたいところをわかりやすく教えてくださったり、問題量も多く質も良いので自分に足りない部分の補強やできている部分の補強もできて、自分が成長している実感がものすごくありました。
 浪人に対してマイナスなイメージもあって大学に行ってる話を聞くと悔しかったけど、この一年の成長度は絶対にその子等より大きい自信があるので、一年頑張ってきてよかったなと、苦しかったけど喜べる権利を持ててよかったなと思います。
1日の過ごし方
休みの日でも起きる時間と寝る時間を変えずにリズムを作ると苦なく学習できると思う。休み時間も適度に取る。
科目別勉強法
自分に足りていないものはとにかく量をやる(個人差はある)。自分の勉強法が正しいかどうか判断する(どの科目に限らず)。解法があるものはとりあえずその問題を覚える。
モチベーションの保ち方
音楽とか映画とか自分の好きなことを制限しすぎない。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
浪人生のアドバンテージは思っている以上に大きいので、やるべきことを見誤らければ結果は出ると思う。
小野池学院のよかったところ
科目ごとに先生が多いので、自分に合った先生が探しやすい。
講師の方々へのメッセージ
一年間あっという間でしたが、大変お世話になりました。

新潟大学
経済科学部
(進学)

東洋大学・経営学部
獨協大学・経済学部

この体験記は大学受験にまったく歯が立たなかった人向けに書いた体験記です。自分も大学受験を舐めていた人間です笑。現役の頃は国立志望でしたが、センターの結果は散々たる結果でした。ですが小野池で一年浪人して第一志望ではないですが、国立大学に合格できました。こういった経験を踏まえていくつか浪人生へアドバイスをしたいと思います。最重要なのは自己分析です。しっかりと自分の現役時の欠点を見つけ出しこの一年で改善し、大学へ入りたいという強い意志をもつことが大事です。僕自身、模試の成績(自分の実力)にしっかりと向き合えず、心のどこかでなんとかなると思ってしまったことが浪人中の最大のミスだと思っています。成績が悪い時は自分と向き合うのは辛いと思いますが、一年という短い期間で最大の成長をするためには大切なことです。浪人生活辛いと思いますが辛いと感じるのは自分が頑張っている何よりの証拠だと思うので、自分に自信を持って走り続けてください。
1日の過ごし方
授業がある日は思ったより自習の時間が少ないです。逆に授業が少ない日や土日は時間がたくさんあるので時間がかかりそうなものは土日にまわすなど工夫をしましょう。
科目別勉強法
前期はとにかく基礎です(特に英数物化)。暗記科目は自分が苦手だったので何も言えませんが、二次で使わないとしても前期からコツコツやっておくと直前期には得点源になると思います。
モチベーションの保ち方
勉強時間が全てではないと思うので、ノルマを達成したら帰って自由に過ごすなど、メリハリのある生活を送ると精神的な負担も少ないので、モチベーションを維持できると思います。また、友達はいたほうがいいと思います。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
一年あると思っているとあとあと痛い目を見ます。特に後期の10,11月は模試が続いて授業+模試+授業・模試の予習復習で埋まってしまい、自分の勉強する時間はほとんどないので注意しましょう。つまり10,11月までに基礎が完璧になっていると10,11月の模試が最大限に利用できるので爆発的な伸びが期待できます。
小野池学院のよかったところ
少数なので生活しやすいです。先生との距離も近いので積極的に質問・相談しましょう。
講師の方々へのメッセージ
人間的にも成長できた一年になりました。一年間ありがとうございました!

新潟大学
人文学部(進学)

「異例対処」
昨年度、あらゆる不合格を認識してからなんと一年。例の社会事象は相変わらずのさばっていますが、ようやく合格通知書が自宅に届きました。此度の受験については、共通テストへの移行と前述の社会事象という2つの異例が無視できない影響を及ぼした点が印象的で、文字通り本番までわからないものでした。ただ、某流行病には運よくそこまで邪魔されず、共通テストも先生方による対策のおかげで本番の異質な問題にもなんとか太刀打つことができました。夏期・冬季講習も含めて受けられるだけ受けておいてよかったと実感しています。もちろん苦難も度々あり、特に生活リズムの維持がかなりの困難でした。休日は朝が遅くなり、連休になると目も当てられないといった状況も多々ありました。また、個人的な悩みではありますが、自己の定義消滅にも何度か苦しめられました。陥ると何に対しても身が入らず、とても厄介でした。昨年度は滑り止めも滑ってしまったため、今回は合格確実な大学を受験しましたが、これがかなり重要でした。第一志望の試験に臨む際のわずかな心の余裕に繋がり、極端に気を張らずに済みました。誰もが時間の流れが速いという一年でしたが、たいへん充実したものにできました。先生方、生徒の皆様、家族友人など、支えてくださった全ての方に感謝いたします。
1日の過ごし方
電車通学でしたが、かなり混みます。スマホアプリで単語とかリスニングとかできると学力に繋がります。夜は勉強と休息を1:3くらいにする日があったほうがいいかなと思います。勉強の効率が悪くなってきたと感じたらそうすると結果的にいいかもしれません。起きる時間、寝る時間は一定がいいですね。急に何時間と変えるのはかなりハードです。
科目別勉強法
暗記科目についてはやはり反復です。淡々と繰り返すのが一番の近道かと思います。余裕があれば、言葉の周辺の意味まで含めれば応用に繋がります。ありきたりですね。英語の和文英訳・自由英作は書いて添削してもらうのを何回も重ねるのが効果的でした。これについては自信を持って言えますが、とても力が伸びます。
モチベーションの保ち方
あらゆる手段でストレスを消去することだと思います。私はそうでした。休息趣味瞑想など。ストレスといっても、良いものから悪いものまであるので継続を阻害する悪いものを排除する方です。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
質問には答えを返してくれる先生方です。自分で解決できないことをなんとかするためのサポートをしてくださるでしょう。
その他
図太さ、もしくは良い意味での図々しさが意外と大事だったりします。失敗を自分の悪い所としてではなく、起こった一つの事象として観察するといった感じです。本番でちょっと失敗してもあまり動じなくなるのではないかと思います。
小野池学院のよかったところ
先生方の教えてくださる知識が非常に豊富、赤本や進路情報の本など、役立つ書籍が多い。
講師の方々へのメッセージ
通常の授業から実質マンツーマン形式の授業に至るまで、とてもお世話になりました。自分でも力の伸びが感じられた一年でした。ありがとうございました。

千葉大学
園芸学部(進学)

明治大学・農学部
東京農業大学・農学部

「後悔のない浪人生活」
私は浪人生活を始めた時に、どうすれば一年後に後悔せずに納得のいく結果で終われるかについて考えました。私は農学部志望であり、せっかくならトップを目指そうと北海道大学を第一志望に決めました。上位大学合格に必要なことは基礎固めです。特別なことはしていません。予習→授業→復習のサイクルを守りました。私は高校時代全くそのサイクルを行わなかったのでそのサイクルの重要性がわかりました。驚くほど成績が伸びると思います。現役時代の偏差値は40台でしたが、夏休みの模試では55以上になり、最後の方の模試では60台に乗ることができるようになりました。夏休みは前期の復習をひたすらやりました。授業での基本導入がないうちに先取りをする必要はありません。普段の授業の予習も変な覚え方をしないよう軽く見る程度で十分です。そして直前期は問題演習をひたすらして追い込みました。そこで共通テストの結果が変わると思います。レギュラーの授業で基礎固めをしていたので、量をこなした分問題への対応が速くなることを実感しました。解説の吸収力も段違いです。実際に11月全統プレで69%E判定から本番は自己最高の79%になりました。特に理科は現役時から化学62→88、物理48→85まで伸びました(現役時はセンター試験の点数)。とにかく「基礎固めと直前期の演習」です。共テの結果も良く、自信をもって北大に出願しましたが、不合格となってしまいました。しかし大きな後悔はありません。勉強したのに落ちたからです。むしろ挑戦して良かったと思っています。そこまでの境地に達することができれば浪人は成功です。なのですぐ後期に向けて追い込むことができ、合格することができました。上位大学を目指す人へのアドバイスですが、共テ直前期でも二次試験対策の少し多めにした方がいいと思います。私は共テ演習の比率が大きかっただけです。また、私は選抜クラスではなく国理クラスの授業で共テで8割近く取ることができました。もし、上位大学に行きたいけれど高校時代勉強してなかったから基礎が全くないという人は、無理に選抜クラスの授業を受ける必要はありません。受験に必要なのはとにかく「基礎固めと直前期の演習」だからです。
 後悔のない浪人生活となるためには、気持ちの面では意思を貫くことが貫くことが必要だと実感しました。共テの結果で合格する可能性があるなら行きたい大学に出願すべきです。
 一年間自分を成長させてくれた小野池に感謝です。ありがとうございました。
1日の過ごし方
 8:15 登校
     小野池で授業・自習など
 20:00 校舎を出る
 毎日小野池に来ました。休憩場所は食事部屋、2階フロント前の椅子、小野池周辺の散歩
科目別勉強法
 国語…古文単語長の反復。漢文は『漢文早覚え速答法』がおすすめです。現代文は授業の予習をしっかりして受ける。
 数学…授業の予習。『スタンダードⅠA・ⅡB』『オリジナルスタンダードⅢ』をたくさんやる(直前期)。大学別で『○○大の数学○○ヶ年』がある人はひたすらそれをやる。
 英語…『Scramble』を毎朝1章ずつやり、何週もした。小野池の英語の先生は、文法の話をたくさんするので、高校時代全くやっていなかった私は授業でやる範囲の部分を文法書で確認していました。『Be』『Forest』等。1日最低でも1つ長文を読んだ。講師室から借りましょう。
 理科…化学は授業の前半部分の説明をしっかり聞く。物理は予習をしなくても先生の授業を集中して聞いていれば自然とできるようになる(はず)。復習には『物理のエッセンス』を使った。物理化学共にただの暗記科目でないことが授業で分かります。
 地理…テキストで十分。先生の余談も役に立つかもしれません。
モチベーションの保ち方
食事室で話して気分を変える。ただし、長くなりすぎないように注意です。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
講師室の参考書を使いまくりましょう。わからないことがあったら質問に行きましょう。一番前の席で授業を受けることをおすすめします。先生と仲良くなれる可能性が高いです。全ての授業に出席しましょう。だんだん受ける人が減るかもしれませんが、気にせずに。
その他
手帳にやることを書き、終わったところを斜線で消すということをやっていました。計画を立てやすくなるのでおすすめします。小野池にスマートフォンを持ってきませんでした。勉強する場所と家とのメリハリがつきます。自転車通学のほうが近場の人にはお勧めです。旧帝大は共テ8割取っても落ちる大学です。
小野池学院のよかったところ
参考書の種類が豊富である。

静岡大学
経済学部(進学)

東京経済大学・経済学部
駒澤大学・経済学部

「去年のリベンジ」
現役時代、センター試験の点数は国公立大学を受験するには絶望的、高校の中でも自分より点数の低い人は誰もいませんでした。特に数学ⅡBなんかは29点しか取れていませんでした。しかし、国公立大学に受かりたいという気持ちはあり、浪人することを決めました。そして、現役の時の失敗をまたしないように、共通テストでいい点数を取ることを目標に新たなスタートを切りました。最初は自分より頭のいい人がたくさんいる中で不安や勉強のストレスでモチベーションが下がってしまったこともありました。それでも、小野池にいる友達や家族の支えがあって、段々と模試の結果もよくなり、志望校にA判定が出るようになりました。いままであまり勉強をする習慣のなかった自分が、朝早くに登校して夜遅くまで勉強した甲斐あって、共通テストでも満足いく点数でなかったにしろ、志望校に合格することができました。いま思えばあっという間の一年でしたが、充実した一年でした。
1日の過ごし方
 6:15 自宅出発
 7:00~19:45 勉強(昼・夕飯含む)
 20:30 帰宅
科目別勉強法
 英語…単語、熟語、文法を朝の小テストで満点取れるように覚える。長文は授業と復習。
 数学…紫チャートと基礎問題精講を理解するまで解く
 国語…授業とその復習
 日本史…資料集をうまく活用し、暗記だけではなく資料読解を重点的に。
 倫政…過去問をひたすら解いて、間違えたところを復習。
 理科基礎…同上
モチベーションの保ち方
小野池にいる友達と励まし合ったり散歩をしてストレス発散。家にいるときはひたすら遊ぶ。
小野池で勉強する後輩へのアドバイス
夏までに基礎的な知識はほとんど憶えたほうがよい。小野池でやる小テストや授業を真剣に取り組む。
小野池学院のよかったところ
駅から近い。先生の授業が分かりやすい。
講師の方々へのメッセージ
一年間、本当にお世話になりました。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

「浪人生活を通じて感じたこと」
私がこの浪人生活で強く感じたのは、受験は色々なものとの戦いだということです。
同じ受験生もライバルではありますが、それ以上に強敵なのは「自分」です。
私のように文転したり、志望校を変えたりして戦いの場を変えたとしても「自分」はそこにいます。
受験生活は我慢しなくてはならないこともあったり、SNSでほかの受験生の合格報告や楽しそうな様子を見て寂しさを覚えたこともありましたら、そういったものが「自分との戦い」だったように思えます。
 今回運よく合格を貰うことができましたが、ライバルたちと競争しつつ自分の中でも争うことは勉強で成績を伸ばすことのと同等以上に難しいことなのだということを実感できました。
浪人生活を通して「諦めたらそこで試合終了ですよ?」と某漫画内の先生が言っていたことが少し分かったような気がしました。
1日の過ごし方
『メリハリをつける!』。休憩時間と勉強する時間をしっかり分ける。眠かったり、やる気が出ないときは無理せず休むのも大事(休みすぎに注意!)。ただしその分、勉強はしっかりやった方がいいです。無理も怠惰もせず1日1日を大切にコツコツ重ねて努力することが重要です。
科目別勉強法
どの科目においても日ごろの予復習と問題演習が大切。前期は主に記憶の確認と定着、後期はそこからの応用力や弱点補強が大事になってきます。共通テスト1~2か月前から重点的に共通テスト対策を、冬休みから二次・私大も重要視するイメージで。文系科目は覚えるところはしっかり覚え、曖昧さをなくすこと。本などを読んで文章に触れておくのも大切。理系科目は知識を早めに定着させ、問題を多く解くことが大事だと思います。
モチベーションの保ち方
『終わりを考える!』。少し勉強するだけでも、「これを終えたら休憩時間に○○しよう」のように、小さな目標とそれを達成した際の報酬のようなもののことを考えてモチベーションを上げる。全体としても「受験を終えて志望校に合格した自分」を想像してみたりしてモチベーションを向上させるのもオススメです。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
受験勉強、特に浪人というのは想像以上に大変なものであることがほとんどなので、例え成績が伸び悩んだり、試験に緊張していたりしても「皆同じ!」と思ってポジティブに考えてみてください。『病は気から』『受験は自分との戦い』というように、自分の心のケアも受験において大切なことだと思いますよ。
小野池学院のよかったところ
夏季・冬季・直前講習会は志望校や共通テストに向けて苦手科目を特に意識して受講することをオススメします。
小野池学院のよかったところ
先生方がとても丁寧に教えてくださって、自分の学力に合ったクラスに入れるところも良かったです。
講師の方々へのメッセージ
これまでとてもお世話になりました。この度合格できたのはひとえに先生方のおかげだと考えております。これからもお元気で!

鹿児島大学
歯学部歯学科
(進学)

「後期まで気を抜いてはいけない」
私はこの一年で自分自身を分析することの重要性に気付いた。何が苦手でどのレベルに自分がいるのか自分がいるのかを自覚することが成績を上げることにつながったのだと思う。浪人は楽しい生活ではないし、浪人せずに行きたい大学に合格できればそれに越したことはない。しかし浪人を悲観する必要は全くなく、浪人はより良い未来に近づく可能性を持っている。だから辛くなったときは自分の理想的将来像を想像してやる気を出していた。もちろん友達と話して協力し合い、教え合うのも勉強になるが、最も効率がいいのは、予備校のテキストを授業に沿って予習と復習を『自力で』やることだと思っている。
 最後に、私を逆転合格に導いてくださった先生方、本当に一年間ありがとうございました。
1日の過ごし方
HRに合わせて登校し、日中は授業。18:10の電車で帰宅。食事・風呂のあとは寝るまで勉強。
科目別勉強法
 英語…長文をひたすら解く。鉄壁、シス単。
 数学…授業で解いた問題は白紙からできるようにする。
 生物…授業で知識の確認。演習は「大森徹の最強問題集」
モチベーションの保ち方
人と話す
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
授業に出てください。ゲーセンに連行されそうになっても断る。恋愛しない(結局大学に合格したら別れます)
その他
何が起きるかわからないので、ダメ元でも出願したところは受験しましょう。
小野池学院のよかったところ
先生が親切。出欠が管理されている。
講師の方々へのメッセージ
先生方、本当にありがとうございました。

山形大学
工学部(進学)

東洋大学・理工学部
神奈川大学・工学部

「この一年の重要度」
私は高校3年生の時ですらやりたいことが決まっておらず、なんとなく大学に行くんだろうという気持ちでいたために、勉強に身が入っていなかったから1度受験に失敗したんだと今は思っています。この浪人生としての1年があったからこそ、大学に行きたいという気持ちがはっきりと芽生え、大学に入学するために勉強をすることができました。浪人中の4,5月あたりに今まで生きてきた中で楽しかったことを振り返り、自分が本当にやりたいことというものを見つけることができたので、やる気もでました。大学でやりたいことを見つけようと思っている方には、もう一度考えてみてほしいと個人的には思います。大学入学後に、やっぱり違う学科がよかったなあと思うよりかは、ちゃんとやりたいことを見つけて、その夢を実現するために大学に入った方がモチベーションも保てるしいいのではないかと思います。こういった意味で、私の一年の浪人生活は無駄になるようなものではなく、私にとってはプラスに働くものだったと思っています。
1日の過ごし方
授業が終わった後、20時まで自習室
科目別勉強法
授業で扱った問題の復習が大事。
モチベーションの保ち方
やりたいことを見つける。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自分を追い込みすぎないこと。
その他
奨学金を貰いたい人は出身校で行われる説明会に参加すること。大学入学後も申請できるが、7月あたりからもらえるようになるため、できれば高校の説明会に参加した方が良いと思う。
小野池学院のよかったところ
面接についてもしっかりとサポートしてくれた。

東京電機大学
理工学部(進学)

秋田県立大学・システム科学技術学部

「小野池学院での一年」
自分は現役のとき、受験生と呼べるかもわからないような態度で勉強に向き合っていました。案の定どこも受かる大学がなく、浪人を決意し、小野池学院を選びました。最初の方は不安もありましたが、小野池の先生による熱心な指導などもあり、安心して勉強に取り組むことができました。この一年間は一浪のプレシャーで精神的にキツかったですが、毎日粘り強く勉強したおかげで学力も人間的にも成長できたと思います。最初は浪人したくないと思っていましたが、今では浪人して良かったと思います。最後に一年間熱心に指導してくださった先生方には本当に感謝しています。一年間ありがとうございました。
1日の過ごし方
 6:00 起床
 8:30~ 小野池学院にて勉強
 22:30 帰宅
 24:00 就寝
科目別勉強法
 国語…現代文は過去問、古文は単語と文法
 数学…チャート、授業の復習
 英語…単語、文法、長文演習
 理科…授業の復習、問題集(何度も)
 社会…授業のテキスト
モチベーションの保ち方
公園に行って休む、散歩、音楽を聴く
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
苦手な教科から逃げずに、粘り強く勉強すること。常に本番を想定する。
小野池学院のよかったところ
21:30まで空いている自習室、駅から近い、講師陣の熱心な指導
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

東京都市大学
環境学部(進学)

東京電機大学・理工学部
東洋大学・理工学部

「僕の合格体験記」
僕がこの浪人生活で感謝したい人は、親と一緒に浪人した友人と、小野池の先生方です。
 まず親には現役時代に行きたかった大学に落ちてしまった自分に浪人させてくれたこと、そして浪人中毎日ご飯やお弁当を作ってくれたことです。親がいなければ浪人はできませんでした。とても感謝しています。
 次に友人です。浪人中は毎日、勉強勉強でとても辛かったですが、友人と一緒に昼食を食べたり、少し外を歩いたりすることがとても息抜きになり、一年間勉強をやり続けることができました。とても感謝しています。
 最後に小野池の先生方です。授業がとても分かりやすかったです。質問にも丁寧に答えてくれました。受験時期が近くなってくると、受験校について相談に乗ってくれました。先生方のサポートにより、浪人中の勉強がとても捗りました。感謝しています。
 これから浪人する人も、浪人は周りの人の助けがあってこそできるということを忘れず、その人達に報いるためにも全力で頑張ってください。応援しています。
1日の過ごし方
9時に小野池に来て、21時に帰っていました。
科目別勉強法
数学…夏までに青チャートをやり込んで、秋から過去問をしていました。
モチベーションの保ち方
YouTubeで勉強系の動画みると、モチベが上がりました。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
自習室と先生方を最大限に利用してください。
小野池学院のよかったところ
自習室が朝から夜遅くまで開いていること。
講師の方々へのメッセージ
お世話になりました。

千葉工業大学
工学部(進学)

「浪人して学んだこと」
私は約一年間小野池学院に通って多くの事を学ばせてもらいました。まず、当たり前のことなのかもしれないが、周りの勉強への意識が高いことです。部活ばかりであまり勉強してこなかった割と珍しい浪人生だったので、周りがすごく勉強していたので始めは動揺しました。この恵まれた環境のおかげで、受験勉強に対する姿勢に改めて学ぶことができました。また、周りに負けぬようにと勉強に励みました。小野池は勉強する環境は十分と言っていいほど整っていると思います。
 私はあまり思うように結果が出ませんでした。受験はそんなに甘くない、これを痛感した一年でもありました。これから浪人すると思っている人がいましたら、浪人することはそんなに甘い覚悟では無理だと頭に入れておいてもらいたいです。小野池はとてもいい環境ですが、結局は自分に勝てるかどうかだと思います。一年間もモチベーションを保つことはとても大変でした。私はやりたいこと、いきたい大学があって浪人しましたが、一年勉強の毎日はしんどかったです。一年間頑張って私は思うようにいきませんでしたが、これが浪人の現実だと思います。しかし浪人しなければ目標達成の可能性はゼロであり、勉強以外にも多くのことを学び知りました。小野池は自分が覚醒できる環境は整っているので、浪人する人は現実を知り、覚悟があれば上手くいくのではないかと思います。
1日の過ごし方
1日中勉強。友達と近くの公園に行ってリフレッシュした。
モチベーションの保ち方
目標達成した自分を思い浮かべる。大学でウハウハしている自分を想像する。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
どれだけ志望校に行きたい気持ちがあるかだと思います。自分に勝つしかない。
小野池学院のよかったところ
講師の方々が細かく教えてくださるところ。わからないところは個別で対応してくださったりするところ。
講師の方々へのメッセージ
勉強できない私にも丁寧に教えてくださり、ありがとうございました。

東京都立大学
システムデザイン学部
(進学)

芝浦工業大学・工学部
東京電機大学・システムデザイン工学部

「この一年での自分に起きたこと。」
現役で合格ができなく、友人の大半が大学生になっていく中で自分はどうしたらいいのかわからなくなっていました。しかし、国公立の大学には行きたかったので小野池で一年勉強することに決めました。高校三年生では自分の目標から大きく離れた悪い結果だったので、自分には高い目標だったのだと考え、今回は前回受けた大学に合格することを目標にして、小野池で勉強しようとしました。
 しかし、新型コロナウィルスの影響で自粛しないといけなくて、授業が動画のみとなり、あまり集中できませんでした。少し経って、対面授業ができるようになってからは、集中でき、実力もついてきたような気がしました。
 前期後期の授業、夏期講習によって身についた実力をまずは共通テストにぶつけて、第一回という不安はあったものの、八割程の得点だったのでひとまず安心し、次の私立や国立に向けて勉強しました。小野池での勉強のおかげで、私立は受験した大学全て合格したのでそのままの勢いで前期も、といきたかったところですが、自分の勉強不足で不合格となってしまいました。しかし後期では、得意な数学だけだったことも相まって合格することができました。
 いままでで一番努力をした一年でしたが、いい結果となって本当に良かった。
1日の過ごし方
1日6~8時間は寝る。食事も3食きちんと食べる。その日にやろうと思った勉強をする。適度に息抜きをする。
科目別勉強法
 数学…必要な単元をひたすら勉強する。
 理科…公式の理解と応用問題を解く。
 英語…単語、文法を覚える。長文に触れる。
 国語…過去問をやる。基本の事は暗記する。
 社会…暗記
モチベーションの保ち方
自分の趣味を制限しすぎない。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
後悔するのが嫌なら、できることは必ずやる。体調管理をしっかりする。
その他
過去問は偉大である。
小野池学院のよかったところ
授業が分かりやすい。ペースがちょうどよい。
講師の方々へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

新潟大学
理学部(進学)

「浪人生となる君へ」
今これを読んでいる君は浪人が決まっているのでしょう。一年前の今頃自分は何をしてよいか無為に過ごしていました。元来楽観主義であったので、どうにかなるだろうとぼんやり考えていて、最初の模試の地理20点ほどでした。やばい。と語彙力を失うには十分すぎる点数だったのを今でも覚えています。何をすべきであるか、どうしたらよいか、それは先生に聞いてください。アマチュアの自分よりプロの講師の方々の方が詳しいです。聞かぬは一生の恥です。
 もうすでに書くことが思いつきません。何故か。自分の生活のほとんどはほかの人とだいたい同じだからです。なので浪人する君へのエールを綴ります。
 現役で大学生となった君の友人はさぞ輝いて見えるでしょう。でもたった一年自分らは遅れ咲きするだけです。むしろ経験の差という面で成長するチャンスを持っています。この一年を有意義に過ごし、アドバンテージとするかどうかは君次第です。最後に志望を下げるか、突っ切るか。君はおそらく後者でここに来たのでしょう。その諦めなかったという事実と精神は現役生と戦うことでの大事な武器です。これから。君たちはこれからです。最後まで戦い、結果志望を下げることになっても道中での道のりと努力は決してなくなりません。誰にでも誇れる一年を過ごしてください。
1日の過ごし方
 7:00 起床
 7:30 登校(電車内でターゲット)
 18:30 下校
 帰宅してからも予習・復習・スクランブル!
科目別勉強法
 国語…授業の予習。古文単語もたまには見るべし。
 数学…基本授業や土曜特設でカバーできる。もちろん予習は必ず。
 英語…スクランブルを崇めよ。聖典の如く読み込め。長文等は授業でカバー。予習は絶対。
 物理…エッセンス様を何周もする。わからんところは授業でしっかり聞こう。予習はまあできる範囲で。
 化学…予習・復習・演習のできるスタンダード様を崇めよ。授業は知識を補完する形で。
モチベーションの保ち方
疲れたらAGTやBGTのような海外の番組を見る。リスニングという体で見れば怒られないよ、保障はしない。模試後のドーナツ。次回もまた頑張ろうと思える。スイーツは正義。家族にも買うとよし。色々とよし。本当に。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
大学もういちど探すべし。自分の理想は他にあるかもしれない。講師の方に相談してくれるとめっっっっちゃ探してくれる。ブランドよりやりたいこと優先した方がモチベ上がる。下手なプライドは捨てるべし。馬鹿だと嗤う人は放っておいて、聞く方が賢い。そもそも誰も嘲らないし、質問に行く人は多いからごく普通のことだと思って講師室に通うとよし。
その他
現役で受かった人にはいけない、いわばボーナスステージです。輝しい経験を経て大学に進めた自分たちは他の人より強い。そう思って、一生に一度の浪人ライフを充実させましょう。浪人万歳!
小野池学院のよかったところ
講師陣が優しく、そして学校よりとても分かりやすい。そして、自分に合った大学を見つけられたことがとてもよかった。
講師の方々へのメッセージ
貴重で大切な経験を積めました。英語、嫌いじゃなくなりました。物理も楽しくなりました。国語の授業楽しかったです。数学、もっと好きになりました。化学ももっと知識が増えて楽しくなりました。地理は最後まで苦手意識がありますが、地理のうんちくが言えるようになりました。今までお世話になりました。本当にありがとうございました。

新潟大学
経済科学部
(進学)

高崎経済大学・経済学部

去年の3月私は過去一落ち込んでいた。まあ当然であろう。受けた大学に全て落ちたのだから。しばらく立ち直れずにいたが、このまま何もしないわけにもいかず、担任と相談しこの小野池学院に入ることになった。初めのうちはコロナにより映像授業であったが、小野池の実力のある講師陣たちによりしっかりとした授業が行われていた。6月くらいにやっと対面授業となった。そこで自分は初めて英語の授業でおお!っという驚きのような喜びのような感情を覚えた。それくらい英語の授業が分かりやすいものだったのだ。この小野池の先生たちは、実力もあるしとても頼りになるとその時実感した。実際に私が毎週毎週英語の添削をしてもらいに行ってもしっかり見てもらえるし分からない問題があり、聞きに行ったときは食事中であろうと丁寧に教えてくれる。だからもしわからない問題があったらすぐに先生に聞きに行くことをオススメする。それからもう書くスペースがなくなってきたのでまだまだ言いたいことはあるが私がどうしても言っておきたいことを書いておこう。小野池ではリスニングの機械が借りられます!!以上だ。最後に私も今年から晴れて大学生となるがこれも全て先生方や丁寧にしてくださった事務の方々のお陰です。この一年間本当にありがとうございました。
1日の過ごし方
朝から晩まで勉強することになりますが、電車に揺られている間などの時間も暗記科目に充てたり、時間を有効に使ってください。ただ、自分は自由時間もあっていいと思うので、1日の最後とかには自分に何かご褒美を与えてください!
科目別勉強法
英語…みなさんはたぶん共通テスト予想問題みたいなのをやると思いますが、そしたらその問題の1回目や2回目を制限時間を無視して100点をとるつもりでやってみてください。もしそれで80点以上取れた人は英語力があるので速く正確に解く練習をしてください。そして80点未満の人は基礎力が不足しているのでもう一度単語や文法などをしっかりとやってください。
モチベーションの保ち方
1日の勉強が終わった後の自由時間でゲームをしたり本を読んだり自分の好きなことをする。先に大学に行った友達などに大学の話を聞いて大学進学への憧れ願望を増加させる。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
小野池の授業があるうちは、規則正しい生活や勉強時間を確保できますが、授業がなくなったあとだらけるので何があろうと自宅で勉強できない人は絶対に小野池などに来て自習室で勉強してください!
その他
小野池では赤本や、先輩方が置いて行っためちゃくちゃ入試に使えるものがたくさんあるので、それを利用してください。
小野池学院のよかったところ
どの先生もわからない問題の質問に対してしっかりと答えてくれたことや、先生や事務の人が相談に乗ってくれたり忙しい中手を焼いてくれたり、小野池にいる人がとても親切であり人柄が良かったこと。
講師の方々へのメッセージ
毎週毎週添削をしていただいたり、不安な時に相談に乗ってくれたりして本当にありがとうございました。おかげで合格することができました。

福島大学
共生システム理工学類
(進学)

東洋大学・理工学部

「一年間を振り返って」
今、振り返ってみると一年間なんてあっという間だったと思います。入学した頃はまだ余裕があったけど徐々にそんな余裕もなくなり、そこからはひたすら勉強をして走り抜けた感じです。4月から7月頃までは成績も上がっていて順調でした。現役の頃より70点くらい上がっていました。ですが今思うとこの頃に抱いた慢心が後に成績が伸びなかった原因だったと思います。現役生がまだ勉強を始めていなくて、模試の問題も簡単。にもかかわらず自分はその時自分の勉強が十分に追いついていると勘違いしてしまいました。それ以降の伸びが期待できないのも当然です。この時期あたりから本当に危機感をもって勉強に取り組み始めたと思います。自分の周りの友達は着実に成績が伸び始めている、試験本番まで刻々と時間は迫っている、にもかかわらず自分の成績は全く伸びる気配もなく模試の判定は常にE。人一倍メンタルが弱いので精神的に辛くて。将来の事を考えると頭がおかしくなりそうでした。一時、進学も諦めて就職も考えました。しかし、死に物狂いで勉強してなんとか合格を勝ち取ることができました。自分の受験番号が合格者の中にあったときは本当に嬉しかったです。今年、浪人を決めた人、頑張ってください。応援しています。
1日の過ごし方
 6:00 起床、身支度
 7:00 家を出発
 8:00 小野池到着、HR、授業等
 17:00~20:00 自習
 21:00 帰宅
 22:00 入浴、就寝
科目別勉強法
 国語…現代文は授業のみ、古文と漢文は移動時間に単語を覚える
 数学…授業の予習・復習、青チャート
 英語…授業の予習、移動時間に単語を覚える
 理科…授業の予習と復習、リードα、セミナー、重要問題集
 地理…一問一答(東進) ※自分はこれだけやって本番42点なので絶対やめた方がいい。
モチベーションの保ち方
友達との通話、音楽を聴く
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
小野池に置いてある参考書や赤本を最大限活用することをオススメします。
小野池学院のよかったところ
生徒の学力レベルが高い、授業が分かりやすい。
講師の方々へのメッセージ
小野池に来なければ自分は大学生になれなかったと思います。一年間本当にありがとうございました。

國學院大學
経済学部(進学)

「大学受験を終えて」
自分はずっと東北大に行きたかったのです。高3の夏ごろまでは成績も上がり気味で、高校の先生に現役は秋以降に成績がもっと伸びるので十分に狙えると言ってもらえ、夏休み頑張ろうと思っていました。ところが気持ちが空回ってしまい、秋以降、どうにも勉強する気持ちが持てなくなってしまいました。冬は、高校に通学するのがやっとというような状態までなってしまいました。当然センター試験は学年最下位、私立は全滅でした。大学には行きたかったので浪人を決めたのですが、当時の自分には大宮まで通う気力も体力もなかったので、一番近い小野池に決めました。浪人中もメンタルがなかなか回復しなくて、授業もろくに出席することができませんでした。そんな時も担任の先生が面談で勉強のアドバイスや温かい励ましの言葉をかけてくれたので、ずいぶん助けられました。おかげで浪人中は秋以降、精神的にずいぶん落ち着くことができました。もし授業にちゃんと参加できるくらいモチベーションを上げられたら、もうワンランク上の大学も狙えたかもしれません。でも、國學院大學は現役の時に受けて雰囲気がとても気に入っていたので、合格できてとても嬉しいです。先生方、それに事務の方、本当にお世話になりました。ありがとうございます。
1日の過ごし方
できるだけ授業に参加(自分は自習室どまりでした)。本当は予習復習できればいいと思う。
科目別勉強法
 英語…できるだけ毎日長文を解くようにする。
 世界史…「これ」と決めたワークを何周もする
モチベーションの保ち方
気持ちが弱ったらよく寝る。それでもいまいちなら先生に相談(面談)を頼む。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
先生たちがアットホームで親切です。メンタルが弱くなったらいっぱい話を聞いてもらうと良いと思う。
その他
まず朝起きて授業に参加できればほとんどの人は成績が上がると思う。
小野池学院のよかったところ
とにかく先生、事務の方がみんな親切。とても気にかけてもらいました。
講師の方々へのメッセージ
本当に本当にお世話になりました。ありがとうございます。

東京家政大学
人文学部(進学)

「支えられた1年間」
私は元々バレエダンサーを目指していたので、高校卒業後はバレエ学校に通っていましたが、コロナ禍で環境や考え方が変わり、7月頃に進学しようと決意しました。夏期講習から小野池学院にお世話になり、半年しか時間がなかったので、国数英の3教科に絞って受験することになりました。行きたい大学や学部がわからないまま、興味があった美術系の学部の自己推薦入試を受けました。不合格でしたが、面接や小論文を小野池の先生方に指導してもらえたことは、有り難い経験になりました。その入試を終えたことから、周りの人から進められていた心理系の学部を目指すようになりました。国数英で心理系を受けられる大学が少なかったので苦労しましたが、志望校を決めてからは赤本で傾向をつかんで対策をしました。わからないところは先生や友達に聞くと、学ぶことがたくさんありました。1人で抱え込まずに人と話すことで、前向きに勉強を楽しめるようになったと思います。結果が出なくて不安でも、友達に支えられ、できると信じてくれた人がいたおかげで、最後までやりきることができました。周りの人への感謝を忘れずに、与えられた環境で最善を尽くすことが大切だと思うので、これからも努力していきたいです。
1日の過ごし方
 7:30 出発
 8:40~ HR、授業、自習、食事休憩、散歩
 19:0~21:00 帰宅
科目別勉強法
 国語…毎日模試や過去問題を解いて慣れる。文学史は早めに準備する。
 数学…リズム良く、解らなかったら先生に聞くか時間を空けてもう一度解く。
 英語…長文を読んでいてよく見る単語は押さえる。語源を知ると意味を予想できるようになる。
モチベーションの保ち方
私は音楽を聴くことが好きなので、気分が上がらない時はイヤホンで音楽を聴きながら勉強してました。あとは、睡眠時間をきちんと取れると気持ちが自然と安定する気がします。
小野池学院で勉強する後輩へのアドバイス
メリハリを意識して生活してみてください。私の場合は家では一切勉強のことは考えないと決めて、家は休める場所にしました。本番まで継続して力をつけられるように頑張る時間と自由な時間を作るといいと思います。応援しています!
小野池学院のよかったところ
先生方がポジティブで、いつでも相談ができる。友達と励ましあえる。
合格応援読本に先生方だけでなく、事務の方や掃除の方からのメッセージがあり、皆さんに見守られていたんだな、と心強くなりました。
講師の方々へのメッセージ
約半年でしたが、合格まで導いてくださり感謝しています。大学へ行っても小野池で学んだことを糧にして頑張ります。ありがとうございました。