高卒生コースお申し込み

現役合格コースお申し込み

資料請求

ホーム > 合格体験記

合格体験記

一橋大学
経済学部(進学)

明治大学・政治経済学部
法政大学・経済学部

「笑え!」
「合格体験記かあ、何を書こうかな。」そんなことを考えてウキウキしながらペンを走らせている自分がいることが幸せであり、そんな自分の姿は去年の自分には想像もできないことでしょう。合格者番号一覧に自分の名前を見つけられず絶望し、この先どうするかで親ともケンカしました。不本意にも浪人生となった自分は、一年間耐えられるか、この先うまくやっていけるかといった不安に押しつぶされそうでした。というか押しつぶされていました。まあそんな不安も小野池に入ってすぐになくなり杞憂に過ぎなかったことに気づくのですが。
小野池の何が良かったか、ときかれたら迷わず「全部が良かった。」と答えます。自分にとって最適の環境でした。特に挙げるなら「生徒の仲の良さ」と「教師との距離の近さ」でしょうか。友達とバカなことしてふざけあう、さながら高校4年生のような生活を送っていました。先生も廊下とかで気さくに話しかけてくれ、質問や添削もお願いしやすかったです。おかげで毎日楽しくストレスなく勉強に専念できました。イライラしながら勉強なんてできっこないです。毎日笑いながら笑顔に溢れた生活を送っていたからこそ、最後にも合格掲示版の前で笑うことができました。次はキミが笑う番です!

モチベーションの保ち方
音楽を聴いたり、漫画を読んだり。メリハリをしっかり
科目別勉強法
国語…現代文の添削
数学…授業の予習復習しっかり
英語…授業の予習復習しっかり
歴史…授業しっかり。論述は添削
理科…授業しっかり
どの科目も一番大切なのは授業をしっかり聞くこと
一日の過ごし方
6:30 起床
7:30~21:30 小野池
22:00 帰宅 家でゆったり
25:00 就寝
小野池にいるときだけ勉強
家ではゆっくり休んで勉強しない(じゃないと体力持たない)
小野池学院のよかったところ
ほとんどの生徒が群馬の高校に通っていた人だからすぐに友達ができる。
高校4年生のような感じだったから、一年そこまで辛くなかった。
毎日を楽しみながら生活することができた。
先生との距離も近くて質問や添削を気軽にお願いできた。
小野池学院へのご意見
最高の環境だったので言うことないです
講師の先生へのメッセージ
高校の時は授業中内職ばかりしていたのに、小野池の授業はおもしろくて気がつけば全部の授業にしっかりと取り組んでいました。自分でも驚きです。廊下ですれ違った時などに話し掛けてくれるのが嬉しく、ストレスを感じることなく勉強に集中することができました。一年間本当にありがとうございました!!

群馬大学
医学部医学科
(進学)

小野池での生活は、平日の授業、土曜日の単科講座などもあり、ほぼ毎日勉強するという生活のリズムが作りやすかったです。今の自分に足りないものを探し、克服するためのノルマを課す場所としても、小野池はよい環境でした。更に、授業では、自分の英作文を黒板に書くなどといったアウトプットも行うため、「自分ならどうやるか」を考えることができ、意欲的な学習ができたと思います。
また、浪人生活において大事だと思ったのは、共に頑張る仲間の存在です。楽しいことや辛いことも分かち合える仲間がいたことは、私の精神面において大きな支えでした。また、「大学への数学」の問題を一緒に解き、お互いの考えを話し合ったりしたことで、切磋琢磨し合えたことも、大きな自信につながったと思います。
私の合格は、支えてくれたみんながいたからこそだと思っています。小野池の先生や事務の方々、そして一緒に頑張った仲間には本当に感謝しています。ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
「負けたくない」と思える仲間を見つけること。ライバル心は向上心につながる。ハングリーに。
勉強自体をやってて楽しいと思えるようになること。つまらないとか、面倒に思うとモチベーション下がるから。
一年後どうしていたいかを考える。見通しが立てば、今やるべきことも見えるはず。
科目別勉強法
理系科目…問題文で与えられた情報から、どんな式が使えるかという方針を立てる練習をする。公式を覚えてないということがないよう、教科書やセミナー、チャート等で穴がないようにする。パッと見で方針が浮かぶレベルまでやる。公式を覚えたら、問題演習をとにかくやる。
文型科目…暗記物もとにかく回数をこなしていくことが大事
一日の過ごし方
移動中は暗記物をやる。(自分でカードを作ると良いと思う)
疲れているときは無理をしない。おそらく頭に入らない。一度気分をリフレッシュした方が◎。
友人と一緒に問題を解く癖をつける。他人の考えを聞くこと、そして自分の考えを説明することで考えの幅も広がるし、問題作成者の意図にも気づきやすくなる。
分からないと思ったら、ある程度自分で考える。悩んだ方が覚えがいい。その後に参考書を見たり、先生に尋ねる。
ノルマを作ること。
その他
医学部を目指すのならば、必ず「ブラックジャック」を読むこと。(大真面目です)BJの神業もそうだが、医療の体制や、医師と患者の関係など、見るべきポイントは多い。小論文や面接で似た内容がでた気もする。
自分なりのルールは作るべき。私は「スマホを使わない、(後期からは)ゲームをしない」とか。
小野池には毎日のように通った方が、リズムもでき、良いと思う。
小野池学院のよかったところ
基本に忠実な授業で、先生の解説が丁寧でわかりやすかった
アットホームな感じで、マイペースにやれたこと。
講師の先生へのメッセージ
一年間親身になって教えて下さりありがとうございました。特にセンター後の講習も多く、充実した時間を過ごせたと思います。

東京女子医科大学
医学部医学科
(進学)

まずは、高校1年生の時から約3年間お世話になった小野池の講師の皆さん、及び職員の皆さんに感謝を述べたいと思います。小野池はほぼ毎日、朝早くから夜遅くまで自習室が開いているので受験期はよく通っていました。いつも自習室の一番左の一番前に座っていたのを思い出します。小野池は他の塾や予備校に比べて、生徒と職員の距離や生徒同士の距離が近いということがいいところの1つとして挙げられると思います。面談の時などに「自習室によくきているよね。」と言っていただいた時は、努力が認められたようで、とても嬉しかったし、モチベーションの維持にもつながりました。また、講師の皆さんにも、質問に行けば理解できるまで丁寧に教えてくれ、相談すれば親身に話を聞いてくれて、本当にありがたかったです。私が希望する大学に進学できた理由の1つとして小野池に通っていたことが挙げられます。本当によかったと思います。

群馬大学
医学部医学科
(進学)

明治大学・理工学部

つらいものだと覚悟していた浪人生活は、思ったよりも楽しかったなというのがこの1年の印象です。それは、勉強だけではなく、共に高め合い励まし合うことのできた大切な友人、親身になって相談に乗ってくれた先生方や事務の皆さんがいたからだと思います。勉強への理解が深まったことで問題が解けるようになり、難しい問題もあれこれと考えてみることが楽しくなり、勉強自体も好きになれたと思います。小野池学院の授業は少人数で行われることから緊張感があり、一人ひとりの顔を見て先生方が授業を進めてくれます。また、先生方の合格してほしいという思いがすごく伝わってきますし、数弱な私でも見捨てずに補習をしてくれたりと、先生方はとことん向き合ってくれました。それに答えるべく自分なりに努力することができました。この1年、小野池学院で勉強と真摯に向き合い、努力できたことは一生の財産だと思います。医師になることは簡単なことではないし、この先辛いこと、苦しいことが多く待ち受けていると思いますが、浪人生として頑張ってこれたことを忘れずに夢に向かって努力し続けたいと思います。それから、今まで支えてくれた先生方や友人、毎日お弁当を作ってくれて、怠けているときは叱ってくれて、辛いときはそばにいてくれた家族に、本当に感謝しています。
モチベーションの保ち方
私は、個別ブースではなく、教室で勉強するようにして、みんなががんばっているのを見て、自分もがんばろうという感じでモチベーションを保ちました。あとは、努力を何かしら、形に残すのも良いと思います。私の場合、自習をする時は、ほぼ青ボールペンを使い、それが貯まっていくのを見て、自分はこれだけがんばったんだ!!というのをはげみにしました。受験期で貯めたのは60本でした。
科目別勉強法
どの科目でも大切なのは、くり返し、くり返しやること!!授業の予習・復習をしっかりとやる!!!時間を意識!!
英語:単語・文法は決めた1つの参考書を覚えるまでくり返しやる
   長文…授業の予復習・赤本程度
国語:現文…とにかくペラペラめくる
  古文漢文…単語は最低限のものは覚える。授業を大切にする
現社:集中講義(参考書)を7.8回くり返した。
化:重要問題集 A多くて7回 B3回
物:名門の森 同じ問題を3日連続でやる戦法
一日の過ごし方
授業がある日:ほぼ授業は出席。お昼ごはんは友達とたべる。放課後は自習。
ない日:めんどくさがりやなので、必要なこと以外はほとんど座ってました。
勉強する時は、集中!休む時は、休む!メリハリをつける!!
ねむけざましにはコーヒーを飲んだ
その他
小野池は生徒数も少ないので、一人一人に親身になって、接してくれる先生ばかりです。困ったことがあれば相談しよう!!私は面接がニガテだったのですが、先生方にたくさんつきあってもらって、自信を持って、面接試験にのぞめました
小野池学院のよかったところ
アットホームなところ!!みんなでがんばろう感があってよかった。互いに、高め合い、はげましあうことのできる友達ができたこと。センター演習や、数学英語の補習などを無料でうけられたのがよかった!!
講師の先生へのメッセージ
一年間、ありがとうございました!!!!
本当に感謝でいっぱいです!!!

大阪大学
理学部(進学)

明治大学・政治経済学部

【浪人を通して感じたこと】
現役の時に、阪大入試の数学で手も足も出せなかったことを今でもよく覚えています。同時に数学から後のことは何も覚えてないくらいに絶望感を感じたことも決して忘れていません。きっとこれを読んでいる人も、浪人の選択をしたということで多少なりとも絶望感を味わった、又は味わっているはずです。絶望感から生じた受験に対する不安や恐怖は拭い去って、心に余裕を持ち学力的に超躍進した自分で再受験に臨めると思っていましたが、そんなことはなかったです。負の要素と浪人生活は決して切り離せるものではないと思います。学力の伸びも、目に見えるものではありませんし、偏差値が上がっても本番が同じ問題だとは限りませんし、あの日がフラッシュバックすれば一瞬にして打ち消してしまいます。だからこそ合格を勝ち取れた今になって思うのは、浪人は決して逃げ出さずにこらえ続ける試練であるということです。不安や恐怖、プレッシャーなど多くの嫌なことが待ち受けています。成績も伸びが感じられずもどかしい日々でした。何度も何度も打ちのめされました。苦しかったです。辛かったです。ですが逃げることだけはしませんでした。何度も何度もその場に立ち上がりファイティングポーズをとりました。こらえ続けました。そうしたら、きれいな場所に立っていました。そこでは、自分の人生が肯定できます。苦しい時間でさえいとおしく感じられます。本当に耐え続けた人は、きっとその人にとってのきれいな場所に立った時に理解できると思います。読んでくださった方のゴールにたどりつけるよう応援しています!
モチベーションの保ち方
好きなことを制限しすぎないことが大切だと思います。闇雲に自分の好きなことを禁止しても、辛いだけだと思います。自分は一人カラオケをしたりゲームもしましたし、アニメを見たりして楽しいと思える時間を確保しました。自制できれば決して毒にならないと思いますし、自分を見つめ直し、管理することも、浪人生には大切だと思います。
科目別勉強法
数学:小野池学院の授業が始まってすぐに先生に添削を申し込んでそこからずっと週1回のペースで阪大模試を解きました。通常授業は自分にとって少し難しいものだったので、模試の過去問の方が自分に合っていました。
物化:通常授業も最初のころは予習すらできませんでしたが、先生の言葉を1つとして聞きもらさないように授業を受け、復習をしっかりすれば十分です。最後には授業で取り扱った問題、さらには現役の時、解けなかった重問も余裕になりました。
1日の過ごし方
朝は始発電車に乗りました。1時間の電車ではほとんど寝るか、音楽を聴き風景を眺めていました。少し気持ちいいものでした。時々予習したり、ゲームもしました。7時頃着いてちょうど小野池も開くので、そこからホームルームまで主に勉強しました。時々同じクラスの人と話もしました。寝てしまう事もありましたが、頑張って授業を受けてその後は帰りたくなったり、やる気がなくなるまで自習して帰りました。帰りの電車も行きと同じでした。家ではテレビを見たり、ケータイをいじったりしてすぐ寝ました。
その他
きっと浪人生活を送っている人には、浪人生活は受け入れ難いものだと思います。ですが、その時間は努力した分だけ、いっそう輝きを増す宝物になるはずです。がんばってください。
小野池学院のよかったところ
・駅が近い
・友達が作りやすい
・蔵書が多い
・模試の過去問が使えること
講師の先生へのメッセージ
一年間の懇切丁寧なご指導のおかげでリベンジを果たし、無事阪大に合格できました。特に個人的な添削を快諾してくださった先生方には多大な迷惑をかけてしまったと存じております。
本当にありがとうございました。

東京医科歯科大学
歯学部歯学科
(進学)

東京理科大学・理工学部
明治大学・理工学部

【人生の糧となる一年】
浪人が決まった当初、浪人生活は辛く厳しいものであると思っていました。しかし、小野池に通い始めてしばらくするとその考えは間違いであると分かりました。境遇が同じ友人を見つけて、模試等をとおいて切磋琢磨したり、時には談笑しながら一緒に食事をしたりと勉強面でも生活面でも良い影響を及ぼしあう頼りになる存在でした。また、自分は志望校選びに迷っていた時期があり、その時期に置いて小野池の教師陣とのお話は非常にためになる話ばかりでした。全てが終わった今、この一年間小野池学院という環境に身を置いて本当によかったと思います。これから浪人生活を始める皆さん、現時点では非常に辛いかもしれませんが、この一年は必ず人生の糧となります。そして来春合格できるような実力を身につけるような環境がここ小野池にはあります。浪人は負けではありません。むしろ大勝へと変えられる可能性を秘めています。最後にこの一年間、小野池学院で出会った教師陣、友人に心から感謝いたします。大学生となって、辛いことや挫けそうなことがあってもこの一年を思い出して乗り越えていける自信が今ではあります。本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
小野池でできた友人と模試の結果などで切磋琢磨した。
科目別勉強法
国語…問題数をとにかくこなす。但し、何故その解答に至るのか書いてある解説部文を必ず読む。
数学…センターは形式に早く慣れるために過去問を多くこなす。素早く正確な計算力が重要。二次は何故その解答に至るのか解答の道筋を重要視する。過去問を時間通りやってみて、出来ない問題は解説をよく見て自分に足りない発想を得よう。
理科…物理は分からない所がでてきたら必ずその場で解決すること。繋がっている知識が多いので芋づる式にどんどん分からなくなる。化学は物理と違い暗記事項が多いので覚えるべきところは何回も復習して覚えよう。どちらの教科も過去問をこなして、良く出る計算事項を会得すること。
地理…とにかく問題数をこなす。一番問題演習の量が成績に比例する教科だと思う。ある程度量をこなすと頻出事項が分かってくるので必ず覚えよう。読図は演習を通して解説をよく読んで導出過程を大事にすること。分からないことは先生に積極的に質問しよう。
小野池学院のよかったところ
通学時間が短かったので通学による疲れ・時間のロスが少ない。
自習環境が整っている。色んな空き教室を自習室として使える。
夏場の冷たい麦茶の提供など食事面の援助も嬉しかった。
講師の先生へのメッセージ
髙木先生へ
一年間ありがとうございました。四月に初めてここを訪れて髙木先生の授業を受けて、授業のレベルの高さを知り小野池に決めました。入学後も担任でないのに色々と気にかけて下さり、先生との対話は非常に有意義で楽しいものでした。本当にありがとうございました。
保科先生へ
一年間ありがとうございました。浪人生活は辛くつまらない生活であるという先入観を払拭してくれたのが先生でした。地理の授業は週の楽しみで、先生との対話はこれからの人生をも考えられるものばかりでした。

北海道大学
獣医学部共同獣医学科(進学)

東京理科大学・理工学部
北里大学・獣医学部獣医学科

「夢を諦めない」
現役の時に一度、獣医になるという夢を捨てて、進路を変えた時がありました。しかし結局、獣医になることを諦めきれずに、再び獣医を目指すことになりました。今思うと、当時の私は、夢のために受験勉強を頑張ることから逃げたかっただけなんだと思います。本当にやりたいことはなかなか諦めることができないのだと思います。浪人してしまったけど、夢のためにひたすら努力して、そして夢への第一歩を踏み出せた、この一年に後悔はありません。浪人するといろいろな不安があって、夢から逃げ出したくなる時があると思います。だけど、そこで逃げ出して挑戦しなかったら、一生後悔が残ると思います。私たち浪人生は、現役時代に授業中居眠りをしていたり、勉強時間が足りていなかったり、何らかの後悔があると思います。浪人生の強みは、そうした後悔を反省して、もう一回受験勉強をやり直せる事だと思います。後悔の残らない、胸を張って頑張れたといえる一年にしてください。応援しています。
モチベーションの保ち方
頻繁ではありませんが定期的に楽しいこと(友達と食事、映画を見る、など)を計画し、その予定まではがんばるというのを繰り返してモチベーションを保っていました。
科目別勉強法
数学:時間に余裕がある時は自分なりの解答ができるまで粘りました。試験直前は問題を見て、大まかな回答の道筋を頭の中で立てて、模範解答と比べました。(解いたことのある問題がいいと思います)
生物:自分の使う生物の図表を一冊決めて、図などを何回か書いて視覚的なイメージで単語の指す場所やはたらきを覚えました。
一日の過ごし方
5:30~ 朝のしたく
6:50~ 自転車・電車
8:00~ 予備校で勉強
21:00~ 自転車・電車
22:10~ 風呂
その他
浪人一年間はあっという間です。ひたすら頑張って下さい。
小野池学院のよかったところ
コース別の授業なので、自分の志望大学や学部に合った授業を受けられるところ。
朝早くから夜遅くまで勉強を頑張っている仲間がたくさんいるところ。
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。先生方に教わった解答のテクニックや知識などのおかげで志望校に合格することができました。浪人してしまったけど、小野池学院で学んで、先生方に出会えてよかったです。何年か後に立派な獣医師になれたという報告をしたいと思います。

東北大学
農学部(進学)

東京理科大学・薬学部
中央大学・理工学部

現役のとき、私は後期試験を受けませんでした。東北大学に進学したいという気持ちが強く、前期落ちたらもう一年勉強する覚悟はできていました。前期の発表がある前から、浪人することになったら小野池に通おうと決めていました。県内にあり、比較的通学時間が短いこと、そして特待制度による授業料の割引があることが大きな決定理由でした。小野池に入った当初は大手の予備校に通っている人たちに負けはしないかと正直不安でしたが小野池には大手予備校にはないよいところが数多くありました。先生と生徒の距離が近く、質問したり添削を依頼することもできました。また、周りに高みを目指す生徒がたくさんいて刺激を受けるのみならず、勉強に疲れたとき会話したり悩みを相談したりしました。志望校への合格という同じ目標を持った意識の高い友達ができたことで当初想像していた孤独でただ辛いだけの一年とは全く違った浪人生活を送ることができました。自習のできる環境が整っていることも家ではあまり集中できない自分にとって非常にありがたかったです。
この一年間たくさんに人にお世話になりました。自分だけでは受験を戦い抜くことはできなかったと思います。支えて下さった全ての人に感謝したいです。
モチベーションの保ち方
随時気分転換をするのがいいと思います。志望校のことを調べ、その大学での生活を思い描くことでモチベーションを維持していました。また、周りのがんばっている友達を見て、刺激を受けるのも効果的なやる気を上げる方法だと思います。
科目別勉強法
物理・化学:いずれも原理・法則を根本から理解することが大切だと思います。また、答えに至るまでの思考プロセスを自分で完全に再現できるようになるまで繰り返し問題演習しました。
英語:単語力と英文解釈力が大切だと思います。単語は単語帳を繰り返し見たり、英文を暗記するついでに覚えました。英文解釈力は英文法を勉強することで身につくと思います。
一日の過ごし方
決まった時間に起き、登校していました。
浪人生となってからは夜遅くまで勉強せず、脳を朝型に切り替えました。
勉強に疲れた時は、散歩に行ったりして気分転換していました。
その他
センター試験が意外と大事です。高得点を取れればセンター利用の私立入試で合格を取れたり何といっても精神的に楽です。センター後二次試験対策に全力を注げます。また、二次試験当日もあまり緊張せずに受けることができました。
小野池学院のよかったところ
先生と生徒の距離が近いこと。質問したり添削を依頼しやすかった。
赤本、問題集の貸し出しや自習室など勉強する環境が非常に整っていた
講師の先生へのメッセージ
先生方の授業を受けることで、それぞれの教科に対する観点がそれまでと変わりました。また、添削の依頼も快く引き受けて下さったことにとても感謝しています。
センター試験が終わってから二次試験の直前まで対策講座をしてくださりありがとうございました。

東北大学
工学部(進学)

東京理科大学・理工学部
明治大学・理工学部

「小野池での一年間」
僕は通学にかかる時間から家に近い小野池学院を選びました。僕は、浪人する上で大事なのは自分次第で、どこの予備校が良いかということはあまり考えたことはありませんでしたが今振り返ってみると小野池で良かったと思うことがたくさんあります。特に、人数が少ないことによって先生方との距離が近いことは小野池にしかないメリットだと思いました。直前期にはセンター演習や添削など、最後の最後まで面倒を見ていただいたことには本当に感謝しています。授業では、小野池の先生方のおかげで自分の今まで知らなかった考え方や知識を得ることができました。
浪人生活が始まって間もない頃は第一志望の東北大に受かるような実力はなく、現役時代はE判定しかとったことがありませんでしたが一年間でセンター試験の点数も10%多く取ることができ、無事合格することができました。こうして一年間頑張ってこれたのも小野池の友達、先生方、そして親の助けがあったからです。浪人して頑張ってきた結果が出て本当に嬉しいです。一年間ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
合格した自分を想像しながら勉強する。
成果が出ると楽しく感じるので、日頃から成果が見えるように工夫して勉強したり、模試で良い結果が出せるように努力すること
科目別勉強方法
数学…4~6月の間でフォーカスゴールドの例題を全て解いた。予習、授業、復習をしっかりする。特に復習では授業で先生が説明してくれた考え方の過程を思い出しながら解き直す。
物理・化学…自分で決めた参考書を何度も解き完璧に近づける。
一日の過ごし方
授業のある日…授業に集中することはもちろん、休み時間など隙間時間を最大限有効利用するようにした。
授業のない日…午前中に数学、物理、化学のじっくり考えるタイプの問題を解いた。午後は各教科の復習をしたりして、夜になるにつれて単語を覚えるなど単純な勉強をしていった。
眠くなったときは外を散歩しにいったり、外で単語を覚えたり
その他
自分の性格を見極めて自分に合った勉強法を確立することが大切だと思う。
時間的、精神的に余裕のある前期のうちに実力を蓄えておくのが本当に重要だと思う。
本番が近付くにつれて焦りや不安が必ず出てくるので、前期が一番力をつけやすいと思う。
小野池学院のよかったところ
人数が比較的少なく先生方との距離が近いこと
ソフトボール大会、英文法王決定戦などの楽しいイベントがあること
人数が少ない分、授業での集中力が増すこと
講師の先生へのメッセージ
たくさんの先生方にお世話になりましたが、担任である高木先生には本当に感謝しています。高木先生の授業はとても分かりやすく、新しい考え方が身につくので毎回の授業が楽しみでした。そのおかげで現役時代には一番苦手だった数学が楽しく思えるようになりました。また、直前期には、添削をしていただいたり、模試の過去問でより実戦に近い状況で演習をさせてもらったり、最後の最後まで面倒を見ていただき本当にありがとうございました。高木先生の存在なしには僕の合格はなかったです。一年間本当にありがとうございました。

北海道大学
総合理系(進学)

私は高校3年生の時、苦手な数学の勉強をほとんどしませんでした。そのため、二次試験はおろか、センター数学さえまともに解けなかったのです。なので、浪人が決まると、私はまず数学を重点的に勉強することにしました。授業や問題集を通して、出題の流れや解き方の定石を身につけました。私は理工学部のことしか分かりませんが、受験では数学が最も合否を左右すると思います。現役、浪人時代ともに、数学が解けたと感じると合格し、そうでないと落ちました。数学に自信が持てることは、強い味方になるはずです。
予備校で何時間も勉強し、疲れた私を癒してくれたのは友人です。友人と話をしたり、競い合ったりすることでモチベーションが保てたと思います。勉強漬けのこの1年間は、決して無駄ではありませんでした。
科目別勉強法
数学…授業や問題集を通して、とにかく問題を知る。
小野池学院のよかったところ
自習室がたくさんあり自由に利用できる
講師の先生へのメッセージ
先生方には自分では見過ごしてしまうようなことも気づかせていただき、勉強の幅が大きく広がりました。本当にありがとうございました。

東京外国語大学
言語文化学部
(進学)

青山学院大学・国際政治経済学部

自分は現役時代のセンター試験に失敗してからずっと第一志望合格に向けて勉強してきました。模試の結果が悪いと落ち込むこともありましたが、先生方や浪人してできた友人たち、お金を出してくれた両親の支えがあったおかげで満足のいく勉強ができたと思います。浪人の一年間は本当に辛いと思います。しかし、考え方を変えることも大切です。自分の将来のための準備期間と考えれば、辛いという気持ちよりも頑張ろうという気持ちになると思います。実際に自分もこのような考え方をして第一志望に合格することができました。入試問題と同じように、視点を変えた物事の見方が本当に重要だとわかりました。浪人の一年間で学力だけではなく、人間としても成長できたと思います。
モチベーションの保ち方
気分転換の散歩
周りの友人との会話
科目別勉強法
数学はセンターだけだったので、ひたすら問題を解いた。
英語と国語は1日1問以上文章を読んだ。
特に英語は基礎が重要なので、まず、文法と単語をやる。
歴史と公民、理科基礎はとにかく暗記しました。(笑)
一日の過ごし方
朝は遅刻しないように登校する。
閉校時刻の9時30分まで勉強する。(息抜きは1~2時間あったと思う。)
行き帰りの電車で暗記系をやる。
家に帰ったら自由時間
その他
見て覚えるよりも書いて覚える方が絶対に効率がいいと思う。
小野池学院のよかったところ
先生に質問に行きやすい
授業の選択が自由なので、自分で意欲的に勉強できる人にはいいと思う。
小野池学院へのご意見
完璧でした。感謝してます。
講師の先生へのメッセージ
担任の保科先生、日本史の岩根先生、英語の高橋先生、刑部先生には本当に感謝してます。一年間ありがとうございました。

防衛医科大学校
看護学科(進学)

防衛医科大学校は、一次試験が十月にあります。部活の引退が遅く、また学力も中途半端だった私は現役時代、受験を諦めました。しかしどうしても、被災地や海外の紛争地域で看護師として働くという思いを捨てることができず、私は浪人することに決めました。
浪人生活は正直辛いことばかりでした。受験の時期が早いので、他の浪人生より時間がありません。それにも関わらず、少しくらいなら休んでいいよね、遊んでもいいよね、と思ってしまう自分がとても嫌でした。また、勉強面でも、得意教科ばかり伸び、苦手教科が伸びない状態が続き、もう何をしても無駄なのではと悩んだこともありました。しかし、そんな状況でも最後まで諦めずに頑張れたのは、両親、友達、そして小野池学院の先生方の支えと、そしてなにより、この学校に行きたい、という自分の強い気持ちがあったからだと思います。
“どんなに努力しても報われないことだってある”という人がいますが、私はそうは思いません。努力して、結果につながらなかったとしても、その“努力した”という事実が、自分の財産となり、やがて報われる日が来ると考えるからです。
私は今、浪人してよかった、小野池学院に来て良かった、そして、最後まで諦めずに努力し続けてきて良かったと心から思います。
モチベーションの保ち方
落ちた時のことを考えて、こうはなりたくないと自分を奮い立たせる。
一日の過ごし方
朝~夜 予備校
小野池学院のよかったところ
一人一人の生徒に対し親身になってくれるところ。
講師の先生へのメッセージ
浪人して、小野池学院に来て、先生や事務の方と会えて本当によかったです。そして、ありがとうございました。

信州大学
繊維学部(進学)

立命館大学・理工学部
芝浦工業大学・デザイン工学部

「成長」
私は高校時代全く勉強をしない人間でした。正直に言って自分はとても馬鹿で、将来何をしたいのかもわからず、それを理由にして勉強をしないという典型的な馬鹿でした。しかし、浪人を決めた時、まず自分が何をしたいのかを決めました。すると自分の中で勉強がつまらないことから楽しいことに変わりました。
小野池は、問題をただ解くだけではなく、解答までのプロセスをとても大事にする予備校で、講師の先生方に質問をしても、とてもわかりやすく優しく答えてくれます。そして、自習室では皆が黙々と自習をしており、自分も「勉強しなきゃ」という気持ちにさせてくれます。
自分は小野池に来なければ、絶対に合格しないなと思いました。小野池に来て本当に良かったです。
モチベーションの保ち方
毎日小野池にくること。
科目別勉強法
物理…苦手な分野は自分がちゃんと理解するまで反復する。
英語…毎日、英文を一文でもいいから読む。
一日の過ごし方
午前中は、数学や物理など理系科目を重点的にする。午後は英文や文法などをする。
小野池学院のよかったところ
自習室ではみんなが勉強するという雰囲気を出していたから自習がはかどった。
講師の先生へのメッセージ
わからない問題を先生方に聞きに行った時、優しくわかりやすく解説して下さってありがとうございました。

金沢大学
人間社会学域
(進学)

中央大学・文学部
法政大学・文学部

「自分を変える努力」
妥協して私大に行くか、浪人するか迷ったけど一年間勉強に集中でき、得るものがたくさんあったと思う。まずは、自分を変えようと頑張った。勉強面だけではなく、生活面から自分の全てを変えた。現役の時と同じ気持ちではなく、0からのスタートくらいの心構えで頑張りました。最初は、浪人というものは辛いものだと思っていたけど、すばらしい先生方に恵まれて、真剣に取り組みつつも楽しく授業にも参加できたと思います。自分を変えることはかなり勇気のいることだけど、4月から新たな気持ちでスタートできたことが合格の鍵になったと思います。小野池学院の先生方、事務の方々、一年間お世話になりました。
モチベーションの保ち方
常にプラス思考
科目別勉強法
英語→英語を勉強しない日を作らない。早い段階で文法と標準レベルの単語は完璧にしておく。 社会(歴史)→授業をしっかり聞いて、そこで覚えちゃう。
一日の過ごし方
夜遅くまで勉強するのは効率が悪いと思う。
できるだけ朝型で、午前中少し長めにやると良いと思う。
その他
普段の勉強では自分が一番“バカ”だと思って勉強して、試験本番になったら自分が天才だと思って臨む
小野池学院のよかったところ
自習室が常に解放されていて、勉強に非常に適した環境だった。
講師の先生へのメッセージ
きめ細かい、丁寧な授業ありがとうございました。

筑波大学
人文・文化学域
(進学)

明治大学・国際日本学部
中央大学・文学部

【浪人生活を振り返って】
現役時の私は、典型的な駄目受験生でした。基礎学力もままならないのにレベルの高い問題集にばかり手を出したり、周囲の助言に耳をかたむけなかったり、苦手科目の英語から目をそらしたりしていました。つまらないプライドのせいで難度の高い大学しか受験せず、全ての受験校に落ちました。結局浪人が決まり、両親への申し訳なさと自分への嫌悪感、挫折感を味わいました。
小野池学院での浪人生活が始まってからは現役時の反省を生かし、苦手科目の英語を一から学ぶことにしました。幸い小野池学院の一般クラスでは5文型から学ぶことができ、そこで身につけた力がその後の英語力の大幅な向上につながったのだと確信しています。
浪人生が現役生よりも有利な点の最たるものが時間だと思います。小野池学院では数多くの自習室が開放されているので、これを利用しない手はないと思います。勉強漬けの毎日を送ってください。つらくなることもあるかもしれませんが、周囲の自分よりも勉強している人の姿を見れば自ずとやる気になるはずです。
現役時に受験に失敗し挫折を覚え、つらい浪人生活を乗り越えて第一志望合格を勝ち取ったこの経験は、今後の人生に大きなプラスになると確信しています。浪人生活は大変だと思いますが、一年後の充実感のために頑張ってください。浪人できることへの感謝も忘れずに。
モチベーションの保ち方
話したことのない選抜クラスの人を勝手にライバルに見立てて、その人ががんばっているのなら自分も頑張らねば…と自分に言い聞かせた。
科目別勉強法
英語:長文読解については、難単語を多く覚えるよりも、実際に問題に取り組む機会を増やし、知らない単語を文脈から判断する能力をきたえる。
小野池学院のよかったところ
教材等の貸し出しが無料であった点
各教科での疑問点を担当の先生に気軽に聞くことができた点

群馬大学
社会情報学部
(進学)

中央大学・文学部

現役生の頃から群大を目指していたが、高校1、2年の時にしっかりやっていなかったせいで、1度目の受験は惨敗でした。浪人生となって、勉強をするのが苦ではなくなった。アットホームな空気感や先生方の懇切丁寧な授業のおかげで楽しく充実した毎日を過ごせました。センター国語で大失敗し、一時は志望校を変えようとも思ったが、今までやってきたことを無駄にしたくなかったのでそのまま群大を受けました。そしてなんとか受かることができました。予備校で過ごした一年はおそらく一生で一番勉強した一年になると思います。先生方や友達には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
無理をしないこと
気分転換を行なうこと
科目別勉強法
日本史…とにかく量をこなすしかない。効率化できるものは早めに片付ける。
倫理…思想や主義などである程度のグループを作り考える。
英語…単語は毎日反復する。だんだん数を増やす。長文は数をこなす。
一日の過ごし方
大体は勉強。休憩はこまめに。来る時間も帰る時間もまちまちだった。
小野池学院のよかったところ
アットホームな空気で、ピリピリ感がなかった
講師の先生へのメッセージ
ここで勉強することは苦ではなく、むしろ楽しかったほどでした。本当にありがとうございました。

千葉大学
工学部(進学)

明治大学・理工学部
芝浦工業大学・建築学部

「選択」
私は現役時代の時は国公立はどこにも合格することができず、第一志望合格を目指して浪人することを決意しました。
小野池に集まった人たちは、多くの人が自分の目標があって浪人していたので、その環境の中に身を置いて勉強できたのはとても良かったです。小野池に来れば朝から夜遅くまで頑張っている仲間がいるので自分も負けないようにがんばろうと思って、勉強にスイッチを入れることができました。
春、夏、秋と毎日勉強はしてきたけれど、それでも焦りや不安はつきまとうもので、私の場合はセンター1ヵ月前くらいがそのピークでした。二次も大事だけど、センターできちんと点を取らないことには挑戦することもできないので…。でもセンターが終わってリサーチの結果を見たら第一志望はD判定。二次逆転が可能な範囲内だったけど、倍率も高く、定員も少ないため出願するかどうかを本当に悩みました。「あきらめたくない」「絶対に合格したい」という気持ちで葛藤して、泣いて、泣いて、そして決めました。確実に受かる道を選ぶことを。
少しも後悔してないと言ったら嘘になるけど、合格を掴んだ今となっては良い選択だったと思います。何より、私の合格で周りの人たちを笑顔にすることができて本当に良かったです。
モチベーションの保ち方
一日中勉強しているのは疲れるので、休憩時間を決めて、甘いものを食べたり、外の空気を吸いに行ったりするのが良いです。あと友達とちょっとした話などをして励まし合うのもおすすめです。
科目別勉強法
数学→小野池の授業のテキストを何度も繰り返しやりました。パターンが頭に定着することで、初見の問題にも応用がきくようになります。数Ⅲに関しては、高校時代に使っていた薄い問題集を4.5周やりこみました。
英語→単語、長文は毎日やりました。長文では前からどんどん訳して、返り読みしなくていいような読み方をたくさん練習しました。さらに授業での英文法や英作文は長文を読む上での土台となったので必ずやっとくべきです。
物理→1つの参考書を5.6周くらいしてました。
一日の過ごし方
6:00起床→朝ごはん、移動→7:30~21:30小野池で勉強(昼、夜ごはんで休憩)→移動、おふろ→24:00就寝
その他
小野池の先生方にどんどん質問に行くと良いです。
私は二次対策の時数学の先生にずっと添削してもらってました。
間違えているところは的確にアドバイスがもらえるので、先生方をどんどん頼ってみて下さい。
小野池学院のよかったところ
お茶やお湯、レンジの設置がしてあるところ
学校のように行事があること
講師の先生へのメッセージ
たくさんの人の教えがあって合格することができました!
特に英語と数学に関しては小野池の先生達のおかげでかなり成長することができました。
基礎から応用まで対応できる力をつけてもらったこと、本当に感謝しています。
事務の方々にも一年お世話になって、小野池全体の力があって合格することができたと思っています。本当にありがとうございました。

東北大学
経済学部(進学)

立教大学・経済学部
中央大学・経済学部

「スタートが重要、そして終えて思うこと」
私はこの1年間、浪人生として勉強し、感じたのは浪人スタート時の集中力が私を合格に導いてくれたのでは、ということです。
振り返ると、スタート時の瞬発力、集中力は自分ながらなかなかのものだったと思います。新しい環境で浮足立つことなく、朝早くから夜遅くまで丁寧に学習できました。
ここが本当に差のついた所だと思うのです。というのも、秋以降はどの浪人生もだれてしまうことがほとんどだからです。当然、気持ちを切らさずやり抜いた人はいました(私はダメでした)し、その人は受かっていますが、ごく少数です。秋以降の集中力に関しては極論ですが、多少の諦めも必要と思います。直前期は当然皆頑張りますから、やはりスタート時、春先に思い切って集中することが差をつける一手になるのではないかと思います。そして合格した今、思うのは大学合格はスタートに過ぎないということです。大学受験の目的を合格の先に見据えている人はやはり強いですし、簡単にくじけません。こう思うのは私自身先の目標を定めずにやってくる中で、周りの強い人に刺激を受けてきたからです。辛い浪人生活ですが、先を見ている人は強い。来年度の受験生の方々、辛くなったとき、立ち止まってみるのも大事です。一年後の皆さんの、吉報を願って。
モチベーションの保ち方
自分の行く大学へは一度行くべき。自分のモチベーションを高めてくれる。
勉強漬けはよくない。心に余裕がなくなり、効率が悪くなる。
カラオケ、運動、読書など、ストレスを解放する時間を適度に設けるべき。
科目別勉強法
国語:古文単語、漢文文法定着。上位国公立は古典の出来が重要。
英語:英作文は単語定着、長文読解全ての礎になる。継続してやるのがいい。
数学:青チャートの基本例題をくり返した。東北大レベルは基本の定着を問われる。また、センター対策にもなるので、一年継続してやる価値は十分にある。
理科:短期間で身につくので、1~2カ月前から薄い問題集をくり返せば十分。
社会:参考書を読んでの基礎定着。直前期はセンター演習で、間違ったものを参考書に書きこんでいくのがオススメ。
一日の過ごし方
朝起き、小野池に来て21:30まで勉強し、帰って食事、就寝。極めてシンプルだが、家からさほど距離の無い人にはこれが適していると思う。
生活リズムも整えられ、その上しっかり勉強できるので言うことはない。
帰って24:00まで勉強などと考えるよりは、21:30までどれくらい集中し、何をするかをしっかり考える方がずっといい。
その他
浪人は経験上、夏場を越えてくると、リズム、モチベーションなど、様々なことに狂いが出てくる。それはある意味仕方のないことであると受け入れた上で、それをどう立て直すかがカギになってくると思う。自分の身の回りの小さなことを見返すことが成功に向けての重要さを握っている。
小野池学院のよかったところ
アットホームな雰囲気、一人一人の仲の良さ
毎日開いている自習室
英語授業の豊富さ
講師の先生へのメッセージ
一年間ご指導ありがとうございました。日々の授業で先生方に教えていただいたことは自分の血となり肉となり、その結果第一志望に合格することができました。これは今後自分の大きな財産になっていくと思います。また、事務で丁寧に対応してくれた先生方へも感謝の思いは言いつくせません。高崎に来たらまた寄ります!

群馬大学
教育学部(進学)

「感謝」
合格して振り返ると、すごいつらい一年間だと思いました。朝7時に学校に来て、9時半まで勉強して帰る。この生活を毎日続けてきました。それでも、模試の結果はあまり伸びず心が折れそうな時が何回もありました。そんな時、いつも友達がそばにいて、競い合いモチベーションを保つことができました。
自分は英語が苦手で、どうやって勉強していいかわからない時がありました。でも、小野池の英語の先生はすごい人ばかりで、授業の予習、復習や質問することでセンターでは自己最高点を取ることができ、感謝しています。
小野池に来て、去年までの甘い自分に気づかされ、成長できたと思います。この経験を今後に生かしていきたいです。
モチベーションの保ち方
友人と競い合う
去年までの自分を思い出す
模試で目標点を定める
科目別勉強法
習っている先生からもらったアドバイスで自分に合った勉強法を取り入れる
一日の過ごし方
朝7時に来てホームルームまで、夜は9:30まで勉強
小野池学院のよかったところ
講師と事務の方々と生徒との距離が近い
講師の先生へのメッセージ
お世話になりました。

信州大学
工学部(進学)

【あっという間の浪人生活】
目標とした現役受験の成果は惨憺たる結果となり、反省しきり。気を落としている余裕などありませんでした。ここは親に頭をさげて一浪を決め込み、どうしても夢を叶えたかったのです。
早速、小野池學院の門をくぐり、私のリベンジが始まりました。初めは予備校の授業についていくだけで精一杯でした。そんな時、一緒に勉強をしてくれる友人に出会えたことが私の救いであり、やる気スイッチON、突撃開始となりました。後期の授業に入り、予備校の担任から推薦入試を受けないかとの提案を頂きました。ここが、私の浪人生活のターニングポイントだったと思います。このお誘いを受けるか迷った私は、高校でお世話になった先生に相談をしました。親身になって話を聞き、背中を押してくださった先生には感謝してもしきれません。この時より、私は推薦入試と一般入試を並行して学習することを決心しました。この時期が、浪人生活で一番苦しい時期だったと思います。
浪人生活で気づいたことがあります。私は無力で周りの人たちにささえられてきたということです。大学でさらに精進し、恩返しをしていきたいと思っています。家族や友人、高校と小野池の先生方に出会えたことを心から嬉しく思います。本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
自由時間をつくること
科目別勉強法
数学:授業でやった問題を解けるようになるまで解く
国語:評論文は文の構成に気をつけながら筆者の意見に線を引く
   古典は古文単語・文法・句法を演習しながら覚える
英語:授業の予習・復習は本文を覚えるくらい音読
・その他
周りの人から顔が怖いよと言われます。そんな時は無理にでも笑顔を作って下さい。
小野池学院のよかったところ
質問しに行くと、先生たちが理解するまで教えてくれるところ

近畿大学
農学部水産学科
(進学)

【自分ルール】
浪人が決まってから、ルールをいくつか設定しました。①塾で1日を過ごすこと。(塾は第二の家である)②頭が爆発しそうになったら休むこと。(安息日を設ける)③メリハリ・イズ・ベスト④浪人生活は出来るだけ楽しむこと。⑤授業日は必ず出席すること。②の有効条件は授業日以外とし、自習中の際に頭が回らなくなったときのみの救済措置とする。
与えられた時間は有限で、どう使うかは自分次第です。だから私は、これらのルールを使って、去年とは別物の1年にしようと考えました。特に③と④は自身の中で最重要視していた部分があります。スイッチのオン・オフを明瞭にすることで生活リズムのテンポをよくし、勉強をゲームの敵キャラだと思って続ければ、最初は無理やりでも(多分)慣れます。一番大事なのは自分にとって嫌な事を習慣化することであって、多少乱れることがあっても修正できることだと思いました。
結果、E判定だった大学はA、B判定に安定するようになりました。結果というのはすごく単純で、過去にやった分だけ返ってきます。(本当に返って来た時は目を疑うほどでしたが。)現役時代の考えを払拭し、日々積み重ねた行為に与えられた報酬は、合格通知として確かに私の手元に届いています。
モチベーションの保ち方
適当に休日を設けること(2週間に1回とかのペースで)
科目別勉強法
英語…単語帳や文法書は毎日やる
化・物・倫・数…前期は教科書中心に、後期からセンター(化・物・倫・数)、二次(化・数)に対応した問題へ移る
いずれの科目も基礎7割方でした。発展問題に取り組む際は、この7割が絶大な効果を発揮します。
一日の過ごし方
平日(授業日)…7:30~21:30
土…7:30~18:30
日…7:30~18:00
平日(授業日以外)…7:30~21:00か21:30
授業・昼食・昼寝(10分程)以外はほとんど自習
その他
メリハリが一番大事
小野池学院のよかったところ
要望に対する対応の速さ、加えて真剣に取り組む生徒の環境がとても集中しやすくさせた。

宇都宮大学
農学部(進学)

北里大学・獣医学部

センター試験が終わり、自己採点を行った時、正直点数は少ししか上がっておらず、「受けることすらできないかも」という気持ちが膨らみました。しかし担任の先生に相談すると「いけます。」と力強く後押しして下さり志望大学を変えずに受験することを決めました。そこから二次試験に向けての勉強は先生にずっと記述の採点をしてもらい手が痛く、真黒になるまでひたすら書き続けました。その結果、二次試験本番、今までの記述対策の積み重ねが自信となり落ち着いて試験を受けることができました。センター試験の後ここまで頑張れたのは根強く完答までの道を示してくださった先生と小野池の方、雰囲気があってこそです。最後の最後に笑えて良かったです。
モチベーションの保ち方
定期的に体を動かし、友達でも親でも良いからおしゃべりして少しずつストレスを発散。ためこまない。
科目別勉強法
二次生物:大学の傾向を赤本などで知った後、赤本のみではなく問題集や講習のテキストを用いて演習。必ず先生に採点してもらう
小野池学院のよかったところ
とても温かく、一人一人を担当の先生がしっかりと見てくれている。
講師の先生へのメッセージ
小池先生 たくさんの量の記述の採点をしてくださりありがとうございます!
くらいついて勉強したおかげで口頭でも説明できるようになりました!!一生の財産です!!生物大好き

群馬大学
教育学部(進学)

東洋大学・文学部
大東文化大学・文学部

【浪人生活を通して】
私は現役時代、受験した全ての大学が不合格でした。滑り止めの大学も不合格だったので相当ショックでした。しかし、落ち込んでいる暇もなく両親と国立大学絶対合格を約束し、2月後半から浪人生活が始まりました。
自分は元から勉強ができるタイプではなく勉強が苦手でした。並大抵の努力では合格することはできないし、自分のようなタイプはただ単に、がむしゃらに勉強するだけでは合格できないと思ってました。なので工夫を凝らして勉強しました。苦手だった英語はとにかく音読をしました。音読と言っても速く読み速読力を鍛える、ゆっくり読みながら訳す感覚を身に付けるなど目的設定をし様々な読み方をしました。その結果、現役時代と比べ2倍の点数を取ることができました。
終わってみれば、色々な意味で充実した期間でした。上手くいくこともあれば、上手くいかないこともあったり。そんな中で自分の道を作り出し、努力をすることが合格よりも大切です。そこで必要なのは周囲の人達。両親、予備校の先生、友人。辛くなったら周りの人を存分に頼って下さい。1人で頑張ろうとしたら心身が壊れてしまいます。ここに受験は団体戦という意味があるのだと思います。自分と支えてくれる人を信じて合格という恩返しを掴み取ってください。
モチベーションの保ち方
辛くなったら友達とくだらない話をする。
いつも自分が見るところに志望大学に関するものを置いたりする。
科目別勉強法
英語:長文音読、新しいものに手をつけず授業で取り扱う長文を利用した。
   同じものを計30回以上は読んだ。ほぼ暗記した。
理科:教科書を自分で読み、それを録音して何回も聞いた。7回以上は聞いた。
数学:同じ参考書を8周した。(基本的な問題集)
   模試直しノートを作り、何回も見直し、解いた。
国語:同じものを3回ほど解いた。
回数が上がるにつれて、読む速度などを意識するようにした。
一日の過ごし方
寝る時間と起きる時間を固定する。
朝早く来て、夜閉館まで勉強する。※センター間近は無理しない。
その他
たまには息抜きも大切。
近くにカラオケがあるから利用すると良い(僕は2,3回利用した。)
小野池学院のよかったところ
先生たちが親身になって相談にのってくれる。
“個”で勉強する雰囲気があまりないところが良い。
講師の先生へのメッセージ
本当に感謝の気持ちしかありません。小野池に入ってよかったです。

群馬県立県民健康科学大学
診療放射線学部
(進学)

現役のときは、志望校もあやふやで勉強に力が入らず、だらだらとしていました。結果、(当たり前ですが)センターの点も悪く、受けた大学に落ちました。その後、親に薦められ小野池に行くことにしました。
小野池に行くと、大半の人がホームルーム前に勉強していました。そんな環境にいたせいか、私も自然と勉強をするようになっていました。自分から勉強をするようになると、だんだんと結果が出てくるようになり、夏休み後あたりから、安定して良い判定を取ることができました。
その後、私の受けたい大学は浪人生でも推薦を受けることができると聞き、急遽推薦の勉強を始めました。突然であるにもかかわらず、先生方は快く小論文の指導をして面接の練習をしてくれました。そのおかげで、文章を書く事そして人前で話すことが苦手な私でも合格することができました。本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
適度の息抜き
小さい目標を決め達成していく
科目別勉強法
数・物・化…基礎を固め、その後問題集・センター過去問を解く。出来なければ繰り返しする
英語…1日1問必ず長文をする
その他
睡眠時間はしっかりとった方がいいと思います。
小野池学院のよかったところ
先生方に気楽に質問しに行ける
講師の先生へのメッセージ
今までありがとうございました。

茨城大学
農学部(進学)

玉川大学・農学部

「私のラストティーン」
私が受験勉強を始めた理由は将来への不安からだ。バイト、部活、遊びばかりしていた高校時代、それなりに楽しい思い出は作ってきたが将来を考えた時、自分には何も武器がないと気づいた。このままでは自立して生きていけない、その思いが私を受験勉強へと駆り立てた。
結果は惨敗。今の志望校には到底およばなかった。浪人を決意し小野池に入学した。
小野池の先生方の授業では本当にたくさんのことを教えてもらった。現役の時にはただ暗鬼をするだけだった事柄も本当に理解して覚えることができた。特に英語はSVOCからちゃんと勉強し、中学英語の大切さを実感しもっと早くから勉強していればと思いもしたが、やればやるほど奥が深くて面白く感じた。また、化学も理論分野の重要性に気づかされ、暗記量を減らすことができた。きっとこれらのことは一人で勉強していたら気づけなかった事ばかりだっただろう。両親、友人、先生、音楽。感謝してもしつくせないくらい支えてもらった。第一志望合格という形で少しでも恩返し出来たなら幸いだ。この一年間何度も立ち止まろうとしたが諦めなかった事は私の財産であり、かけがえのないものだと思う。
モチベーションの保ち方
色々な場所で勉強すること。あと、自習室で頑張るみんなの背中を見ると自分も頑張ろうと思えます。
科目別勉強法
英語:毎日勉強する。文法書(フォレストなど)とお友達になる。音読。
数学:授業の復習。基礎問題精講。教科書。できるようになるまで解く。
国語:授業の予習復習のみ。
生物:授業の予習復習のみ。
化学:授業のテキスト+赤本である程度の国立は対応できます。
理科は想像力を使って考えることが大事。
一日の過ごし方
朝9時から夜11時まで勉強(間に休憩あり)。
1時間半で区切って休憩をはさみつつ勉強した方が集中力も上がるしぶっ続けで勉強するよりも結果的に1日でより長い時間勉強できました。10時間やる日もあればお休みの日もありました。
その他
この1年どう過ごすかはあなた次第です。毎日を悔いのないものにしてください。
小野池学院のよかったところ
同じ目標に向けて頑張る仲間に出会えたこと。
講師の先生へのメッセージ
竹政先生、英作文の添削+指導ありがとうございました。
荻原先生、先生の授業のおかげで国語はセンター8割行きました。ありがとうございました。
1年間ありがとうございました。

東京農工大学
農学部(進学)

明治大学・農学部
日本大学・生物資源学部

「無理せずやること」
僕は現役時代あまり勉強していませんでした。夏休みから本格的に受験勉強というものを始めたのですがそれでは間に合わず、小野池学院に行くことを決めました。小野池に行くことを決めた一番の理由は先生と生徒の距離が近いということでした。実際に小野池に来てみるとまさにその通りで担任の先生はもちろん各教科の先生に相談や質問に行きやすく、今まで中途半端に理解していたことをしっかり理解するのにとても役立ちました。もちろん授業の中でもわからないことがあればすぐに質問などもできたので、わからないことをわからないままにしておかなかったことも小野池に来てよかったことだと思います。
浪人を始めてから、現役時代におろそかにしていた基本をかためようと思い、時間をかけて各教科しっかりやっていきました。無理に詰め込もうとすると絶対に後に響いてくるので分からなかったことは何度もやり直して、穴のないようにやっていくことが大切だと思います。先生たちもわかるまでていねいに教えてくれるので、自分の力だけでやるのも大事ですが、先生に頼るとこは頼ることが良かったと思います。この一年色々自分の中で考え、腐らず最後まで勉強し続け、第一志望のとこに合格できたことは、人生においてとても大きなことになったと思います。
モチベーションの保ち方
一緒に勉強する人たちと話したり、教室に行けばたくさんの人が勉強しているので、勉強する気を上げる。
科目別勉強法
数学…苦手だったので、最初は基本から始めて基本を固めて、それができたら添削などをしてもらって本番力を付けていった。
英語…授業を大切にし、予習・復習を大切にして、大事な構文・重要事項を地道に覚えていった。
理科…基本から徹底してやった。分からない所は質問。
一日の過ごし方
8時くらいに学校に来て、授業の準備など そこから授業を受けて、それが終わったら、授業の復習と予習、時間が余ったら自分の苦手な所の勉強をしていた。電車通学だったので、そこでは英単語など出来ることをやっていた。
小野池学院のよかったところ
現役時代は二次試験の力が無かったが、小野池に来てたくさん演習と添削をしてもらったので、二次力が付いた。
講師の先生へのメッセージ
自分の質問にもていねいに答えてくれて、ほんとに助けになりました。また、受験までの道のりにもたくさんのアドバイスを頂き、安心して勉強することができました。一年間お世話になりました。ありがとうございました。

群馬大学
医学部保健学科
(進学)

杏林大学・保健学部

「最後まで粘り強く」
一年前のセンター試験では不甲斐無い結果に終わり「浪人生は現役生より伸びない」という声もあり浪人するか迷いました。しかし、浪人して感じたことは、やればやっただけ伸びるということでした。そういった経験は現役の時にはできなかったのでとても充実したものでした。授業では初歩の初歩から丁寧に教えて頂き自分はどれだけ基礎が欠落しているのかを実感できました。そうした授業のおかげで合格に近づけたと思います。また、自分は前期を失敗しかなり弱気になっていました。その時に先生方からの励ましの言葉を頂いたり、後期に向けて頑張る友達の姿を見て、前期の失敗をズルズルと引きずらずにすみました。そのことも自分にとっては大きなものだと実感しました。最後に添削して下さった先生方、問題を作って下さった先生方ありがとうございました。この一年の経験をどこかで生かせたらと思います。
モチベーションの保ち方
周りには自分より上の大学を目指している人がいるし、自分より頑張っている人がいることを周りを見回して考えた。
科目別勉強法
化学は、計算等したくない日は一問一答で問題の解き方や暗記をした。
英語は毎日単語。英文解釈を中心にやっていた。リスニングはセンター1ヵ月くらい前から毎日解いた。
国語は毎日模試形式で解いた。
一日の過ごし方
8:00に勉強スタートで21:20まで基本机に向かう。
集中できない時は30~60分くらい散歩したりした。
あと友達と話したりしていた。
その他
仮眠は大事。寝た後は考えずに勉強した方がよい。
小野池学院のよかったところ
周りの友達や先生の距離が小さく相談しやすいので受験のストレスが小さく済んだ。
講師の先生へのメッセージ
前期が終わった時弱気になっていた時声をかけて頂いたおかげでモチベーションを保てました。また、問題作成や添削などありがとうございました。

埼玉大学
教育学部(進学)

東京家政大学・人文学部

「浪人生活」
私がこの浪人生活で最も実感したことは、「時間は有限である」ということです。浪人することを決めた時、1年もあれば苦手をすべて克服し点数は必ず上がると考えていました。しかしそれは大きな間違いであることに気づきました。確かに1度勉強をしているため、苦手な部分や引っかかりやすい部分を認識し対策することはできました。けれど逆に今まで出来ていた部分がどんどん抜け落ちていきました。また、2度目だから慣れているという安心感によりやるべきことを後回しにしてしまうようになりました。
勉強を進めるほど覚えることは増え、同時に時間が減っていきます。受験終盤にはたくさん後悔しました。「あの時にこれをやっとけば」「これを早く覚えておけば」何度も何度もそんなことを考えました。
結果として私は第一志望の大学を選びませんでした。後悔が残っていないといったら嘘になる浪人生活でした。ただ、浪人したことそれ自体を後悔することは絶対ないと言い切れます。勉強以外にも色々なことを考え学ぶことのできた浪人生活でした。
モチベーションの保ち方
自分の目標点数を明確に決めて、判定でなく点数を気にする。
自分の目標点をいつでも取れるようにすることを意識する。
科目別勉強法
英語:単語は少しずつでいいから毎日触れる。
   長文は声に出してスラスラ読めるようにすると見ただけで頭に入るようになる。
数学:基礎を出来るようにしたらたくさん問題を解く
社会:年表をつくり書き込む。人と出来事を一致させる。
理科:赤シートで隠せるペンで暗記ペーパーを作る。
一日の過ごし方
8:00 登校・自習  8:50 授業  18:30 帰宅・勉強
19:30 夕飯  20:30 勉強  0:00 風呂  1:00 就寝
その他
休憩と勉強のメリハリをつける
小野池学院のよかったところ
友人と励ましあえたところ
先生が親身に相談にのってくれたこと
講師の先生へのメッセージ
1年間お世話になりました。ありがとうございました。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

「浪人を経験して」
私の小野池学院でのこの1年間は、辛い時もありましたが、結果として勉強面はもちろんのこと、精神的にも自分が成長できた1年でした。
高校卒業時は自分の学力の低さから、志望大学ではない大学にしか合格出来なかった受験結果に納得ができず、浪人して国公立大学を目指すことにしました。小野池学院での授業が始まった当初は不安もありましたが、日々の授業を大切にして予復習を行ないました。また疑問点を積極的に質問する等して努力を続けたところ、少しずつ自分の成績が上がってきているのを感じました。また、精神的に落ち込んだ時期もありましたが、そんな時親身になって指導してくれた先生方、学習環境を整えてくれた事務の方々、互いに励まし合い切磋琢磨した仲間のおかげで合格することができました。
新しく小野池学院に入学される皆さん、授業の予復習を中心にして、先生方のアドバイスを素直に聞き入れて努力を続けられれば、来年の春はきっと志望校に合格できると思います。頑張ってください。
モチベーションの保ち方
常に将来、大学進学後の目標をもち、具体的にイメージする
意識の高い友人を作る
科目別勉強法
英:単語、文法をしっかり固める。なれてきたら長文読解は毎日取り組み、音読する
国:現代文…読解力をつけるため多くの文章問題に取り組む
  古典…まずは古文単語、句法、古典文法を固める
日本史:丸暗記ではなく、流れが理解できると良い
一日の過ごし方
平日 昼間:授業  放課後:その日の復習、明日の予習
休日 午前中:文章問題や読解問題  午後:計算、暗記モノ(ねむくなるので)
小野池学院のよかったところ
365日毎日自習できる、参考書のラインナップが豊富
講師の先生へのメッセージ
生徒に分かりやすい教え方で、高校とはまた違った角度から理解を深めることが出来ました。ありがとうございました。

名古屋工業大学
工学部(進学)

明治大学・理工学部
日本大学・理工学部

「満足のいくように」
自分は現役時、全落ちだった。だから浪人するとき、絶対にこれだけは守ろうと決めたことがある。それは、前期で落ちたところ以上には行こうということ。実際自分が今年受かったのはその大学だ。確かに第一志望は他にある。残念かって言われたら残念だ。だが満足もしている。浪人してよかった。
まあ何が言いたいかというと、自分の一番芯にある思いは貫き通せということだ。自分がこの目標を掲げたのは、それを叶えることが親への償いであり、自分がこの一年で成長したという証明になると思ったからだ。もしこの一年越しの目標を実現できなければ、自分に自信を持てなかっただろう。大学生活ないし浪人二年目、就職も有意義なものにできないかもしれない。逃げと思われても、自分にはそれが一番大事だった。満足してる、そう言えるのも目標を実現できたからなのだ。
だから是非、これから浪人する人へ。その一年を自分の満足のいくように。
モチベーションの保ち方
モチベーションは保てない、無理!だから周りを見ろ。遊んでるやつ、自分より頭のいいやつ、いろいろと戒めになるはず。
科目別勉強法
英語は復習必須。むしろ復習が大事。
数学は先生に添削頼んだりしていろんな問題にそれなりの量触れておくこと。
理科は自主勉で差がつく。早いうちからコツコツと。
国語は授業、社会は詰め込みでなんとかなる。
一日の過ごし方
朝は…まあ頑張って起きる。サボると止まらなくなる。(友人談)
授業→直帰→何もしない、ではおいていかれる。家、もしくは小野池で必ずある程度やること神推し。
その他
絶対誰でも途中で出来が悪いともう少しやってれば、と後悔すると思う。後悔も大事だけど、時間も限られてるし、今自分に何が必要なのかを考える方が大事だよ。だから、気にすんな。
小野池学院のよかったところ
ある程度同じくらいの人が同じクラスになるので、触発される。良い刺激になった。
講師の先生へのメッセージ
担任の先生はじめ、いろんな先生にこの一年、お世話になりました。とても心強い教師陣でした。本当にありがとうございました。

埼玉大学
教育学部(進学)

白鴎大学・教育学部

「受験を終えて」
受験を終えて、今はほっとした気持ちと期待で胸がいっぱいです。つたない文章ですが、自分の合格体験が参考になればと思い書かせて頂きます。
高校の頃から、将来は教員になりたいと漠然と思っていて、教育学部のある大学を志望していました。高3になっていざ進路を決める時に、大学でも剣道を続けたいと思い、そこで埼大剣道部を知って、埼玉大学を目指すようになりました。しかし、現役の頃はほとんど勉強せず不合格。両親を説得後、浪人させてもらうことになりました。
浪人生活で思い出深いことが1つあります。それは、埼大前期入試前日のホテルでの出来事です。その時私は、現役の頃と比べた自分の成長に、感慨にふけっていました。最後にひと頑張りしようと、エンジンを入れるために、今までよく聞いていたYUIのグロリアを流しました。するとふいに、今までの頑張りが思い出されてうるうると…。今思えば、その時に、試験に向けて、腹が決まったと思います。自分は試験を受けに来ているのではなく、受かりに来てるんだと。
最後に、支えてくださった、家族、友人、先生方、本当にありがとうございました。これから浪人するみなさん、周りの人への感謝を忘れず、全力で頑張ってください!
モチベーションの保ち方
自分が出来るレベルの問題を頑張ること。
周りの評価よりも、自分の評価を大切にすること。
科目別勉強法
自分は英語が一番伸びました。英単語の暗記と英文の音読は毎日していました。
一日の過ごし方
8時から9時の間に、小野池に登校。
以後21:30まで授業を受けたり、自習をしたりしました。
小野池学院のよかったところ
先生方が添削を快く引き受けてくださったところ。
講師の先生へのメッセージ
今までありがとうございました。これからも、体調に気をつけて頑張ってください。

群馬大学
社会情報学部
(進学)

成蹊大学・経済学部

「苦難を乗り越えた一年間」
この一年を振り返ってみて一番辛かったことは何か…僕にとってのそれは試験が始まる時の緊張感と試験が終わってから合格発表までの焦燥感でした。
勉強が辛いとか判定が思わしくないといった感情は僕の中にはあまりありませんでした。浪人になると決めた以上勉強で苦しむのは当たり前だし、志望先は客観的に見て不可能ではない、そう思ったからです。
英語などは中々思うような結果が出せず一時苦しみましたが、幸いにも志を同じくする友人がいたため互いに研鑽し高め合うことで克服することができました。
この点において僕はかなり恵まれていました。だから勉強でつまづいたり、嫌になったりはしませんでした。
それよりもセンター当日の緊張感がひどく、過去に失敗した経験から不安がおさまりませんでした。
問題に没頭し、余計な思考を断ち切ることで何とかセンターを乗り切り、自己採点でそれなりの結果を出した後も続く二次への不安…その1ヵ月僕は悶々とした心を誤魔化すように勉強を重ねなんとか前期で第一志望に受かることができました。僕にとって四月から十二月までの予備校生活よりもセンターから二次そして合格までの期間の方が心苦しく辛いものでした。
ただ、この経験があったおかげで今は以前よりも心身ともに大きく成長できた、そう思っています。
モチベーションの保ち方
没頭しない程度の趣味をもって適度に気分転換する。
互いを高め合える友人を持つと効率的
科目別勉強法
英語:志望校のレベルに合った単語帳と参考書を利用し、それをしつこいくらいにやる。新しい参考書などに目移りして次から次へと手を伸ばすのは控える。長文は数をこなしていくしかないので、毎日少しずつでも続け、段々と問題の難易度を上げていくと良い。この教科の優先度はどの大学でも高く、英語が出来なければ志望先がかなり限定されるので、時間をかけて着実に伸ばしていく必要がある。
一日の過ごし方
授業のある日は朝の小テストの予習を行ない時間に余裕を持って登校すること。放課後はできるだけ残って勉強した方がいいが、次の日が辛くならないように自分に合った勉強時間を確保するべきで、ただダラダラと長くやるのはやめた方がいい。
その他
模試の結果はあくまで目安で、正確ではないのであまり過信しないこと。
小野池学院のよかったところ
雰囲気が良く快適なので、勉強に集中できる。
講師の先生へのメッセージ
一年という短い間でしたがとてもお世話になりました。各大学に対する詳しい知識を持っていたり、親身になって相談に乗ってくれたことは自分の浪人生活を非常に助けてくれました。この一年の努力と成果を胸に進学先でも日々精進したいと思います。

群馬大学
教育学部(進学)

獨協大学・経済学部

「私の浪人」
私が1年間浪人をして一番感じたことは、浪人はするものではなく、させてもらうものだということです。自分1人ではこの1年を良いものにすることはできなかったと思います。一番近くで支えてくれた家族という存在が、いつも私を鼓舞してくれました。だからこそ、第一志望の大学に合格できたのだと思っています。さらに、小野池の先生や周りの友達の存在も私にとって大きいものでした。先生方は熱心に指導してくれるだけではなく、親身になって進路の相談などに応じてくれました。また、周りの友達の勉強する姿勢を見ているだけで、自分も頑張ろうという気持ちになることができました。この1年は、私にとって貴重な1年になったと思います。人間として成長できた1年であり、周りの人にどれだけ支えられているかを実感できる1年であったと思います。今後、大学での生活や、社会人になってからの生活で思うようにいかないことや、行き詰まることもあるかもしれませんが、そういうときもこの浪人した1年を思い出し、乗り越えていこうと思います。最後になりますが、小野池の先生方、友達、そして家族にとても感謝しています。この1年が実りあるものになったのは、さまざまな人の支えがあったからです。本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
適度に息抜きをする。(体を動かす、読書をするなど)
科目別勉強法
倫理…人物ごとのキーワードをまとめて覚える。
英語…単語・文法などの基礎を固めてから長文などを読む。
数学…センターだけなら、センターの形式に慣れることが大切。
一日の過ごし方
朝、ホームルーム前に英単語をくり返し読む。
授業は、先生の話していることから大事なことを読み取り、メモをする。
授業後、復習メインに勉強をする。
小野池学院のよかったところ
・周りの人たちが頑張っている姿を見ることで、やる気を出すことができた。
・先生達が親身であったこと。
講師の先生へのメッセージ
熱心なご指導ありがとうございました。担任の小池先生をはじめ、親身になって指導してくれて、とても感謝しています。大学にいってからもこの1年を忘れずに頑張っていきます。本当にありがとうございました。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

【一年間を小野池で過ごして】
私は高校在学中は理系を志し、またその勉強を行ってきましたが、実際の所は上手くいかず、文系に転向したのはセンター試験が終了してからのことでした。もちろんそんなん急に方針を変えたところで合格するはずもなく浪人をすることになり、高崎経済大学の専門コースがあることから小野池学院に通うことを決めました。
小野池学院では時間割をかなり自由に決めることが可能で、いわゆる自習の時間は大量に増えます。その時間の中で先生方のご都合が合えば、一対一で自分の苦手な範囲を集中して教わることが出来ます。私は英語のセンターで言う大問2、つまり文法がとても苦手で、正直自分ではなにから手を付ければ良いか分からない深刻な状況でした。しかし、先生に的確なアドバイスをもらい、何よりこの一年間もの長期間、至らない私に対して粘り強くご指導頂けたことが今の大学合格という結果へとつながったのです。本当に先生方には感謝をしてもしきれません。
また、高校在学中でいう朝の会と同等の制度もあり、これが浪人中は乱れがちな時間感覚や生活リズムを維持するのに一役買っています。この一年間、学習、及び私生活の両面で小野池学院に通うことでほどよい緊張感をもって過ごせ、とても良かったと思います。
モチベーションの保ち方
夏休みやGWなど本来学生が休みになる期間は、元々の高校の友達や小野池学院でできた友達を連れて三日ぐらい思いっきり羽を休めてもいいと思います。
科目別勉強法
英語、数学、国語の主要三科目は、他の教科と比べて、センターも二次も時間との勝負になりやすい教科です。大問ごとに、問題集などに載っている「大問別解答時間」より2分ずつ速く、正確をより優先してもいいので解く癖を付けた方がいいと思います。体を時間制限に慣らしておかないと、本番でできない、時間のかかる問題を切り捨てられません。
一日の過ごし方
規則正しい生活に勝るものはないと思います。しかし、普段は出来る限りの間勉強ばかりしている方が、いざ休んだり、友達と集まって何かする、とか遊ぶ時の解放感、後ろめたさなどがだいぶ変わってきます。
その他
一年間やってやろうと意気込んで365日綿密な学習計画を立てたりしても体が付いてついていきません。もし計画を立てるなら、例えば平日五日間のうちに達成したい目標を決めて、もしそれが達成しきらなかったら土日で帳尻を合わせるぐらいのルーズさで考えると楽になります。
小野池学院のよかったところ
朝の会の制度のおかげで毎日の生活リズムを崩さずに過ごすことが出来ました。
講師の先生へのメッセージ
この一年間、粘り強くご指導いただきありがとうございました。特に英語や古典、地理は分からないことも多く、あまりに基本的な質問や、ともすれば受験とは関係のないような質問にもあきれずに答えてくださりとてもうれしかったです。

同志社女子大学
薬学部(進学)

拝啓、浪人が決まったあの日の私へ。今は合格を勝ち取りココで笑っています。
現役の時の私は薬剤師になる夢を叶えるために、志望校は下げずチャレンジ校のみを受験して浪人が決まりました。元々浪人を視野に入れていましたが、実際に不合格通知が届いた時は辛く挫けそうになりました。しかし私を信じて浪人させてくれた両親、親身になって相談に乗ってくださった小野池の担任の先生、仲間でありライバルである友達と切磋琢磨することで2回目の受験を乗り越えることができました。私1人では「合格」の桜を咲かすことができなかったと思っています。小野池を選んで本当に良かったです。
私は浪人したことを後悔していないし、現役のときに妥協せず浪人することを選んで正確だったと感じています。確かに浪人して、1年後にゴールが確証されているわけではないし、わざわざ浪人という辛い道を選ぶよりも諦めた言い訳を考える方が楽です。でも大切なのは自分で決めた道の上を全力でかけてやり抜くことです。勉強において努力は裏切りません。必ず受験当日に昨日までの努力した自分が力を貸してくれるはずです。応援しています。
モチベーションの保ち方
比較的春頃の模試は現役生より浪人生の方が偏差値も判定も良いので、その模試を見て、春の時点ではこれだけ現役生と差があるから、この差を縮められないようにがんばろうって思うようにしてました。また、浪人生のため時間がないと思いますが、志望校のOCに行くことをすすめます。実際に行くことで、やっぱりこの学校にいきたいという強い気持ちになり、より勉強に励むことが出来ます。
科目別勉強法
化学:資料集の暗記。時に無機、有機の範囲とグラフは写真や図を見ながら視覚的に暗記することをおすすめします。問題集はセミナーだけを何十周もして、全ての問題を解けるようにしました。この方法で私は、志望校の過去問の得点率が6割から9割は安定して、常に取れるようになりました。
数学:青チャートの例題を完璧に解けるようにすることを目標とし、まず例題を何も見ずに解き、わからなかったら答えを見て理解し、もう一度解き直し、最終的に何も見ずに解けるようにしました。また模試直しにも力を入れました。
英語:一番苦手な英語はターゲット1900の暗記から始めました。ネクステは語法、イディオム、会話表現、アクセント発音の範囲だけをやりました。小野池の文法の授業は予習ではなく復習に力を入れ、授業で習った範囲をその日の内に頻出英文法語法問題1000で確認しました。
一日の過ごし方
小野池にはHRの始まる1時間半前には来て、教室で英単語と文法の復習をし、午前中は通常授業を受け、午後は21時30分まで自習室で自習をしていました。自習室ではまず、その日の内に授業の復習をし、次の日の予習をしてから、残りの時間を使って、弱点の克服に取り組みました。寝る前に英単語の確認をし、24時までには寝るようにしてました。
その他
受験は戦略をしっかり立てることが重要。浪人生でも受けられる推薦入試があったり、受験科目や配点を見てチャレンジ校、実力相応校、安全校を決めることが大切です。
小野池学院のよかったところ
講師の方との距離が近く質問がしやすかったところ
自習室、赤本、参考書が充実しているところ
講師の先生へのメッセージ
1年間ありがとうございました。

高崎経済大学
経済学部(進学)

「浪人してよかった」
浪人が決定した時は絶望しかありませんでした。周りが新生活を待ち遠しく思っている一方で、自分は春から予備校生活。当時(といっても去年ですが…笑)は親への罪悪感、不甲斐ない自分、様々な気持ちでぐちゃぐちゃの状態でした。浪人する人は皆このような心理状況を体験するはずです。しかし、この1年間、ほぼ全てを勉強に費やして見事に第1志望を勝ち取った今、見える景色は全く違います。
小野池学院で、僕は本当に多くのことを学びました。その中でも、勉強の仕方(というよりは効率的で合理的な考え方?)を教わる事ができたのは、自分にとって一生の宝になると思います。もし去年、運良くギリギリ合格していたら、自分は間違いなく落ちこぼれていたと断言できます。辛い時はどうするべきか、自分の目標は何なのか、どうすれば効率良く暗記できるのか、全てこの1年で学んだ(あるいは気づいた)ことです。結果論ではありますが、この1年、必死に頑張って合格を掴み取ったからこそ言えることがあります。
浪人して、本当に良かった。
僕を予備校に通わせてくれた両親、支えてくれた友達、色々な事を教えてくださった先生方並びに小野池学院の方々、心の底から感謝しています。
モチベーションの保ち方
勉強・日常生活における短期的な目標を持ち続けた。(次の模試で英語を~点上げる、3日に1回は5キロランニングをする、など)長期的だと長続きしない。
考え方に縛られず、勉強方法や自分の中のルールを定期的に変えた(続かなくなったら帰るだけであって、無理に変えようとはしない)→メリハリがつく
今やりたいこと、やるべきこと、やらなくてもいいことをノートに書いた。←自分が何をするべきかが明確になる。
科目別勉強法
英語→春~夏までは単語と英文法の勉強。センター試験はある程度の単語力・文法力があれば誰でも解けるので、この2つしかほぼ勉強していない。→時間が空いているときひたすら読むだけ(家では声を出して発音)
夏と冬の講習でセンター英語の解き方を勉強。過去問は5年程度を解き方の確認のために解いた。
世界史B・理科基礎→センター赤本を解き、丸付け後に自分の知ってる関連情報などを問題の選択肢に書き込みまくる。次の日にそれを読み返して復習。この繰り返しのみ。インプット作業は要点が押さえられた参考書を購入し、時間が空いているときひたすら読み込む。
一日の過ごし方
5:00~8:00 起床(たまに早朝ランニング)
18:00~20:00頃まで予備校で勉強(講義がなければあまり行かず、また、講義終了後すぐ帰ることの方が多かった)
帰宅後は割とゆっくり風呂や食事を済ませ、寝る前に一気に今日覚えたことなどを叩きこみ就寝→翌朝できるだけ復習
小野池学院のよかったところ
設備(参考書の種類、トイレの清潔さなど)がしっかりしていた。
自分の苦手科目であった英語の講師が他教科の講師に比べて多かったので、いろんな視点から英語を学ぶことができた。
小野池学院へのご意見
この1年間で自分が小野池学院で経験したこと、学んだものは一生忘れない自分にとっての財産になると思います。長いようで短いような、濃密な1年間、お世話になりました。
講師の先生へのメッセージ
全員が個性的で、素敵な先生方でした!
勉強の他、人生の教訓?なども教わることが出来たのはとてもありがたいと思っています。
1年間お世話になりました!クラス担任の蛇石先生と岡村先生は特に!

明治大学
情報コミュ学部
(進学)

明治大学・総合数理学部
立教大学・現代心理学部

【折れなければ可能性はある】
私は高校時代、理系クラスにいて、得意科目は数学、苦手科目は英語と国語という根っからの理系人間でした。ですが目指す職業ゆえに文系の学部に興味をもち、文系と理系の両方の学部を目指すという、恐らくあまりいないであろう大学受験をしました。文系の私立は基本的に英語、国語、社会か数学の3教科であり、私はもちろん数学で受けたのですが、英語と国語に苦労しました。現役の時より勉強時間があるのに何故か模試の結果が上がらず、唯一点がとれる数学も悪いとさらに酷かったです。ですがどんなに酷くても志望校を変える気は一切なかったので、先生方に対策法を相談し、ひたすら過去問を解いて傾向を理解して、模試の結果を良くするというより、その大学に受かるための勉強をやり続けました。結局直前の模試まで大して良い結果は出なかったのですが、本番では力を発揮できたのか第一志望の大学含めほとんどの大学に合格しました。合格した所としなかった所の違いは数学ができたかできなかったかの違いだったと思いました。合格する鍵は得意な教科を伸ばして苦手な教科を克服することです。そしてそれは必ずしも模試の結果に表れるものではないと思います。最後は行きたい大学のためにあきらめない人が合格をてにするのではないでしょうか。
モチベーションの保ち方
疲れたら休む。
科目別勉強法
全ての教科において、参考書や問題集をしぼってそれらをやりとげる。
英語…単語と熟語は早めに完璧にした方がいい。当たり前でしょうけどこれ出来てないと本当に上がらないと思います。
一日の過ごし方
一日十時間勉強をかかげて、14.15時間勉強するのは私には合わなかったので自分のペースで勉強しました。
小野池学院のよかったところ
・通学時間がかからない。
・高校の授業と同じようでやりやすかった
・相談しやすい
講師の先生へのメッセージ
参考書やセンターの勉強法などの相談に乗ってくれたのが本当にありがたかったです。小野池学院にして良かったです。

日本大学
文理学部(進学)

大東文化大学・文学部

私が行きたい大学はとにかくセンター重視の大学だったので、センター試験に向けての勉強をとにかくやりました。特に苦手だったのは英語と理系科目。英語は単語が全然できなかったので単語帳を何度もくり返しやりました。数学や理科は基礎の簡単な問題を数多くやりました。反省点としてはもう少し早くセンター形式の問題集に取り組むべきだったのではないかと思いました。たくさんセンターの問題に触れて、間違えたところの確認をするというのが足りなかったのではないかと思います。
志望校は高校の時には決まっていました。しかし、私立の大学はほとんど決まっていなかったので秋頃に学部やランクを見て決めました。結果的に私立の大学へ進学することが決まったけど、今まででいちばん勉強してきたという実感が持てたのでよかったです。
モチベーションの保ち方
受かったら楽しいことがたくさんあると思ってモチベーションを保ってた。
科目別勉強法
英語:単語をとにかくやる
数学・理科:基礎を学校のワークで
一日の過ごし方
朝は少しだけ早く来て英単語などをやっていた。
休み時間は予習や自主勉強の続きなどを少しずつやっていた。
小野池学院のよかったところ
毎朝英単語や文法、漢字のテストがあったところ
小論文の添削
講師の先生へのメッセージ
1年間分かりやすい授業をどうもありがとうございました。これからもここで学んだ多くのことを生かせるようにがんばっていきたいと思います。

大分大学
理工学部(進学)

「やる気の維持」
私が浪人生活において最も苦しかったのは、モチベーションの維持です。毎日勉強することしかない日々は本当に苦痛でした。そんなとき私は予備校で友達と色々なことを話したり、高校の友達に話を聞いてもらいそうすることで気持ちが軽くなり頑張る原動力となりました。だから私の場合はこの1年友達に支えられたと思います。
また受験のとき私は一度推薦入試で落ちました。その時も友達がいたからまた頑張ろうと思えたし、センターの点数が悪く二次で挽回しないといけない時もあきらめずに合格すると信じて勉強に取り組めたと思います。
モチベーションの保ち方
受験終わったら何をしたいか書き出す。
高校の時の友達としゃべる。
科目別勉強法
特に数学と英語は予習復習
物理や化学がとにかく演習
一日の過ごし方
ほとんど授業のみ受けて、自習は自宅でした。
夏休みや、冬のセンターまでは小野池で自習した。
小野池学院のよかったところ
浪人生がたくさんいるところ。
友達がイベントを通してできたところ。
講師の先生へのメッセージ
授業はとてもわかりやすかったです。

群馬大学
医学部保健学科
(進学)

法政大学・社会学部

【あっという間の一年間】
私は一年前、私立に行かずに浪人するという選択をしました。その選択をしたことは最初は不安だったけれど、今となれば間違っていなかったと思います。そして小野池学院で約一年間学ぶことができて、本当に良かったです。
小野池の先生方はとても分かりやすく、本当に基本的なことから教えてくれました。昼休みにも勉強を教えてくれたり、似た問題を探して印刷してくれたり、添削してくれたりと、嫌な顔をせず対応してもらいました。
そして家で勉強ができない私にとって、朝早くから夜まで自習室が解放してあることは非常にありがたいことでした。さらに、問題集の種類も様々で、大学の過去問も十数年分あることもとても助かりました。
こうした環境で勉強することができたおかげで、第一志望の大学に合格することができたと思っています。一年間という短い期間でしたが、本当にお世話になりました。
モチベーションの保ち方
第一志望の大学のパンフレットを見てモチベーションを上げる
大学に通っている子に励ましてもらう
科目別勉強法
国語(現代文)…4月から毎日(少なくとも2日おきに)1問ずつセンター形式の問題を解く。
数学…授業の予習と復習をきちんとやる。Focus Goldを毎日1問題だけでも解く。
英語…授業の予習と復習をやる。長文は1つを20回くらい音読する。
一日の過ごし方
(6月~8月まで)
5時~6時 自宅で勉強
7時~8時半 小野池で勉強
17時半まで 授業
20時半まで 小野池で勉強
22時~23時 自宅で勉強
(9月~)
6時 起床
7時~8時半 小野池で勉強
17時半まで 授業
20時半まで 小野池で勉強
22時~23時 自宅で勉強
その他
Twitterをアンインストールする
朝の小テストは出来るだけ満点を取る
授業はさぼらない
小野池学院のよかったところ
自習室が2種類あるところ
学校みたいに授業の時間が決まっているところ
講師の先生へのメッセージ
私が第一志望の大学に合格できたのは先生方のおかげです。 一年間、本当にありがとうございました!!

群馬大学
教育学部(進学)

「自分の気持ちとたたかった1年」
浪人を決めた時、友達より1年遅れるということが、心のどこかで引っかかってしまい、正直嫌でした。
小野池に通い始め、周りの人達が頑張っているのを見て、心が折れそうな時もなんとか頑張れました。
辛かったことは、模試が伸び悩んだ時で、高3の時と同じような点数だった時は本当に辛かったです。
ソフトボール大会は自分の得意分野だったので楽しかったです笑
浪人したことで、いろいろな先生や友達に会えて人間関係も広がったので、今は浪人してよかったと思います。
支えてくれた家族や友達、先生方に感謝の気持ちを忘れず、大学生活を送りたいと思います。
1年間本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
楽しい生活が待っていると信じてがんばること
科目別勉強法
数学…やさしめの参考書を使って一冊やり通す
英語…授業のテキストを使って文法など1からやり直す
理・社…授業集中!!なるべく家では英数に時間をまわす
国…授業集中 スキマ時間に古典単語
一日の過ごし方
朝、小野池に早めに来て自習。授業を寝ないように先生の話をきいて、大事なところをノートやプリントにメモする。(手を動かす)授業が終わったら、1時間ほど、家では出来ない国や英の長文を解いた。
小野池学院のよかったところ
家から通えること
ホームルームがあったこと
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

東都医療大学
ヒューマン学部
(進学)

「私の一年間」
私は助産師になりたいという夢がありました。悩んだ時や辛かった時も、この夢だけは見失わずに一年間過ごしてきました。最初はなれない通学や学校生活で、授業についていくので精一杯でした。私はなかなか結果が出ず、力がついているのか実際分かりませんでした。ですが、そこであきらめることが自分自身が一番嫌だったので、自分のペースで日々勉強に取り組みました。
また、そこで力になったのが友達や先生の存在でした。やはり一緒に勉強をしている友達がいることで切磋琢磨することができ、応援してくれる友達がいることで背中を押してもらえました。また、先生方にも相談にのっていただき、頑張ることができました。
途中で志望校をかえたりしたことや結果が出ないこともありましたが、毎日少しずつ努力し、積み重ねてきたことはこの一年間を過ごしてきて、自分にとってプラスになるものばかりだったと思います。
これからもずっと毎日が勉強です。小野池で過ごした一年間を思い出しながら、助産師という夢に向かって頑張っていきたいと思います。私を支えて下さった多くの人に感謝を述べたいと思います。本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
目標や夢を見失わないこと
うまく息抜きをすること
科目別勉強法
苦手科目を作らないこと
(英)単語はしっかり覚える!!問題を解いて、時間に気をつける
(生)基礎をしっかりと固める。問題を解きながら、足りない知識を身につける
(地理)様々な国の特徴を覚える・予想問題集で知識をつけていく。
一日の過ごし方
行き帰りと電車の時間が長かったので、その時間を暗記にあてた。
授業後も小野池に残り、予習や復習など少しずつ知識を積み重ねた。
小野池学院のよかったところ
勉強のこと、志望校のことなど相談しやすかった。
また、浪人だからといって、肩をはりすぎずに過ごすことができ、よい環境のなかで勉強できた。
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。体は小さいですが、気持ち的にひとまわり大きく慣れた気がします!!この一年は私にとって、プラスになりました。これからも夢に向かってがんばっていきます!!!

前橋工科大学
工学部(進学)

8割不安で始まった浪人生活。当時の私は浪人するつもりが全くなかったので、少し焦りがありました。女子が少ないと思っていたので。しかし、小野池には、同じ目標を掲げたたくさんの仲間がいて、少し安心できました。
小野池での授業は、ライブ授業だったのもあって、先生と生徒との距離が近くに感じれました。内容も基礎から発展まで幅広く教えてくださってしっかりと身に付いていきました。高校生の時は面倒に感じていた模試も、自分の成長を感じられるので退屈ではなくなりました。
また、授業でわからなかった点や、つまづいてしまった問題を質問しに行った時、丁寧に嫌な顔をせずに教えてくださったので、めげずに挑戦することができました。自習室のしようでは、使用後、帰る時にカードを渡したら、どの先生もお疲れ様でしたと言って下さって、とても嬉しかったです。
センター試験では、周囲の方々に励まされ自分の力をしっかり出しきることができました。ほぼ毎日、自習室に通っていたかいがあったと思います。そして無事志望校に合格し、今はとても安心しています。これからの大学生活を充実したものにしたいと思っています。1年浪人してよかったです。
モチベーションの保ち方
適度な息抜きを。
科目別勉強法
苦手意識があるものを積極的に小野池で勉強する
英語は毎日何かしら手をつける
一日の過ごし方
授業に出た後は自習室
 時間が許す限り。できるかぎり自習へ行った。
その他
しっかりと睡眠をとる。
家族や友人と会話をする。
小野池学院のよかったところ
自習室が使いやすかった
授業がライブだったので、質問しに行きやすかった
講師の先生へのメッセージ
一年間お世話になりました。学校の先生とは比べ物にならないほどわかりやすかったので、どの授業もとても楽しかったです。ありがとうございました。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

高崎経済大学・経済学部

私が浪人しようと考えはじめたのはセンターリサーチで志望校の判定を見た時からです。私大に進学することは考えていなかったので、センターで大きく失敗したと分かった時から浪人を視野に入れていました。
小野池で勉強をはじめてからは、真剣に勉強している人がたくさんいて刺激を受けました。仲の良い友達でなくても、自分より努力している人の姿を見ることはモチベーションの維持に繋がります。
模試は5月から12月までほぼ毎月受けます。当然春から夏にかけては浪人生の方が現役生よりも良い判定を取りやすいです。ですが秋以降にはどんどん現役生が追い抜いてくるので、逃げ切れるように勉強する必要があります。浪人生の強みは知識量や解答の経験が豊富であることなので、継続的な勉強が大切です。
試験が間近に迫ってくると、後がない不安や緊張感から勉強に集中できない時が多々ありました。ですが先生方や事務の方はいつも通りフラットに接してくれ、また自習に来る小野池生もたくさんいました。普段と同じ環境の中で勉強できたことは私にとって安心材料でした。
周囲の勉強に対する姿勢と、それを支える先生方や事務の方々のおかげで合格することができました。一年間ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
志望校を決めた理由や入学したらやりたいことなどを具体的に思い浮かべること。
また志望校に通う自分の姿をイメージすること。
科目別勉強法
国語:センターではスピードと理解力が求められるので、現・古・漢の時間配分や解答する順をいろいろ試し、最適なものを探すと良いです。スピードと理解力は、文章の要約や音読が有効だと思います。
英語:単語・文法・長文読解を繰り返して、毎日英語に触れることが大切です。また音読をすることで英語のリズムを体で覚えられるので、同じ文章を何度も音読することをオススメします。
一日の過ごし方
1限の授業に間に合うように登校し、午後の授業が終わったあとは小野池で自習をして帰宅しました。
後期からは、小野池での自習時間を長くし、帰宅時間も遅くなりました。またセンターの約1ヵ月前からは朝8時からリスニング対策に参加したため、センターが近づくにつれて、小野池にいる時間も長くなっていきました。
小野池学院のよかったところ
基礎の基礎から丁寧に教えてくれる
質問をしやすい雰囲気の講師室
過去問が豊富
自習室が多く、たくさんの小野池生が利用しているので刺激をもらえる
記述対策を1人ひとり丁寧に指導してくれる
講師の先生へのメッセージ
担任の先生、国公立2次の記述対策を指導して下さった先生方のおかげで、後期試験まで粘ることができました。自分の受験に対し本気になってくれた先生方には感謝でいっぱいです。家族以外で親身になってくれる存在があったことは、勉強面や精神面で不安になった時、とても支えになりました。

跡見学園女子大学
文学部(進学)

「失敗からも得るものはある」
高校3年間、文字通り朝も昼も夜も部活動をしていた私には、1年間受験勉強をすることの辛さは想像できませんでした。
いざ受験勉強を始めても、都合の良い理由をつけてサボったり、なかなか上がらない成績に目を背けたり。こんなに辛いものなのか。それが正直な感想です。なので本気で焦りを感じたのは後期に入ってからでした。受験を終えた今、その危機感の無さはしっかりと自分に返ってきているなと実感します。
ただ、それと共に思うのは、第一志望に行くことが全てではないということです。自分の進路が決まって、それは自分の思っていた場所とは違うけれど、でもおかげで自分のこれからをもう一度考え直すきっかけになりました。あの大学に行けていれば、と思わないことはありませんが、今自分の進む道を、この1年の失敗を生かして大切に過ごそうという思いの方が強いです。
大学受験の結果で、人生がすべて決まる訳ではないと思います。1年間勉強をして、もし理想の結果とならなくても、必ず道は開けます。1年前の今の選択も、そして今現在の選択も自分のものです。失敗から得た道を、しっかりと歩いていきたいと思います。
モチベーションの保ち方
「受かったらここで一人暮らしできる!」「終わったらたくさん遊べる!」など、受験が終わった時のことを考えていました。
科目別勉強法
国語(現文)→問題演習
(古文)→単語・文法だけではなく実際に文章を使ってその中でそれがどう使われるのかを覚える
英語→センターならセンター形式の演習。やっていくうちに傾向がわかってくる。単語は持っていれば持っているだけいいので、単語帳を開くクセをつける。
社会(日本史)→流れをつかんで整理。年号なども。
(政経)→日本史・世界史と結べる部分もあるのであまり分けて考えない方がよい。基礎的な知識は必ず押さえる。日頃ニュースを見る。読む。
理科→問題演習。聞かれ方が変わったりするので、それでも答えられるように。
数学→公式の使い慣れ。
一日の過ごし方
毎朝7時に起きて、8時過ぎにHRへ入っていました。前期は授業が終わってすぐ帰る日が多かったです。きちんと勉強できる環境を自分で作らなかったからだと思います。後期に入って、場所や時間を決めてやっていました。できるだけ早く、自習をするということを習慣づけると良いと思います。
その他
「受験は団体戦」。よく聞く言葉ですが、これを都合よく解釈しないでほしいです。どんなにA判定の友達と一緒にいても、自分に足りないものを見つめ、改善しようとしなければ自分の成績は絶対に伸びません。結局は個人戦だと思います。全て自分次第です。周りに緩い雰囲気があるのなら、それに負けず、強い気持ちを持って、がんばってください。
小野池学院のよかったところ
先生方が親身になって下さる所です。どんなささいな不安でも聞いて下さるのでとても助かりました。
講師の先生へのメッセージ
1年間大変お世話になりました。
授業、二者面談、三者面談、それ以外の場面など、心の支えになる部分がたくさんありました。先生方がいてくださったからこそ、途中で放棄することなく、最後までやり抜けたと思っています。高校3年間の部活と同じくらい、この浪人生活は私の人生の糧になると思います。また色々な報告させて頂きに遊びに行きます。ありがとうございました!

東京理科大学
工学部(進学)

信州大学・工学部
芝浦工業大学・工学部

【浪人が終わって】
私が浪人を終え、思ったことは、いつの間にか、一年間が経ってしまったという事です。
浪人するにあたって、私が重要だと感じたのは、モチベーションの維持と計画性、これに尽きるのではないかと思います。まず、志望校の受験科目に苦手意識のあるものが含まれていたので、自分はダメなのではないかといった不安に悩まされました。ここで重要なのが志望校に対するモチベーションで、これさえあればなんとか乗り越える事ができるのではないかと思います。また、一年間自分がどのように勉強していけばよいか、という事を書き出し、どれくらいの期間でこなしていくのかという事を管理し、計画を立てていく事も大切だと思いました。
私は結局第一志望の国立大を受け、進学することは叶いませんでしたが、センターの後に受験した私大で納得のいく結果が得られました。第一志望を受験したいと考えるのちの人たちが十分な受験生活を終えられるよう願い、体験記としたいと思います。
モチベーションの保ち方
自分が志望大学のキャンパスを歩く姿を想像したり、就職したい職業に携わっている姿を想像したりする。
科目別勉強法
数学→苦手な人も多くいると思うけど、典型問題くらいは解けるようにするとよい。
英語→文型に注目して、すばやくSVOCが把握できると、長文を読む力がつくと思う。
物理→物理の本質をつくような問題(公式の導入など)をやった後に数をこなすとよい。
一日の過ごし方
基本的に、授業の後は自習室で勉強していた。
疲れて集中できなくなったら場所を変えるなり、近くにあるスーパーにいって好きな食べ物を買って食べたりして、工夫するといいと思う。
その他
大学のオープンキャンパスには一回は行く(行ったという経験がある)とよい。
小野池学院のよかったところ
わからない所を聞けば、親切に教えてくれるという所だと思います。
講師の先生へのメッセージ
数学の添削でお世話になった髙木先生、数学に限らず進路相談にも丁寧に対応していただき、ありがとうございました。