高卒生コースお申し込み

現役合格コースお申し込み

資料請求

ホーム > 合格体験記

合格体験記

 
 すべて2018年合格者

東京大学
理科一類(進学)

早稲田大学・基幹理工学部
慶應義塾大学・理工学部

「合格して」
小野池を選んで良かったことが4つある。1つ目は授業やテキストの質が高かったことだ。知識を広げるだけでなく、普段の勉強のやり方も教わることができた。これは、予備校に通わなければ得られなかったと思う。2つ目は、体調や精神面でのサポートが受けられたことだ。ホームルームでは体調や、受験に対する心の持ち方を担任の先生から教わることができた。3つ目は連帯感があったことだ。ソフトボール大会などのイベントが開催され、みんな仲良くなったようだった。また、浪人仲間から一緒に頑張ろうと声をかけられてやる気が吹き返したこともあった。ホームルームの雰囲気も良かったと思う。4つ目は学習環境がよかったことだ。購入したくはないが利用したい過去問を利用できた。自習室に2つのタイプがあり、ストレスがある中で勉強したいときとそうでないときで使い分けることができた。楽しかったことは、色々な先生の話を聞くことができたことだ。勉強に関係のない話もいろいろして下さり面白かった。現役のときは体力面で心配があったが、浪人のときは体力面でも充実していた。また、浪人の際、物理の試験が終わって絶望しかけたが、気持ちを切り替えて次の試験に臨むことができた。最後まであきらめないことが重要だと思った。
モチベーションの保ち方
機械的に勉強するよう心がける
科目別勉強法
英語:文法を固めて多読多聴
数学:問題集をくり返した
国語:(古典)テキストを読み返した
物理:「新物理入門」を読み、演習
化学:演習のみ
一日の過ごし方
6:00起床・勉強
7:00朝食・移動
9:00~17:00予備校
17:00~19:00勉強
19:00~20:00夕食
20:00~22:00勉強
22:00~就寝
小野池学院のよかったところ
授業・テキストの質が高かったこと
チーム感があったこと
赤本・自習室が利用できたこと

東京大学
理科二類(進学)

慶應義塾大学・理工学部

小野池学院に来て良かったことはいくつかありますが、特に良かったことは先生の熱心な対応とライバルの存在です。前者については先生が授業の他に添削をしてくれたりプリントをくれて解説をしてくれたりしたことです。英作文の添削では帰ってくるときのコメントが豊富で得ることが多かったです。数学のプリントの解説では私が考えた過程を言うとそれについて良かった点と悪かった点を教えてくれたのでただ問題演習をするだけよりも効果があったと思います。後者についてはライバルとして意識する人がいたので適度な緊張感が保てました。廊下で友達と笑わずにはいられない話をして楽しかったこともあれば不安なときに自習室で黙々と勉強をする友達をみて自分も勉強に集中でき不安な気持ちが弱まることもありました。小野池に来て良かったです。ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
小野池の自習室で勉強するのがよかった。
ときどき小野池以外の友達と食事をして気分転換をした。
科目別勉強法
英語:授業や土曜単科が役に立った。何らかの形で毎日英語を読むようにしていた。
理系科目:授業の予習復習の他に問題集も解いた。どうすれば成績が上がるのかを考えてそれを意識しながら演習をした。
一日の過ごし方
朝はホームルームに合わせて登校し、授業が終わったらそのまま帰ったり残って自習したりした。
小野池学院のよかったところ
ライバルから良い影響を受けられたこと。
添削や質問に個別に対応してもらえたこと
家から近くて特待制度もあって経済的なこと
講師の先生へのメッセージ
ありがとうございました。特に数学の個別の対応と英語の添削で力が付きました。

秋田大学
医学部医学科
(進学)

「小野池での一年」
昨年は第一志望の大学の一次試験すら通過することができず、医学部への進学が厳しいものであることは明らかでした。ただやはり希望した進路へ進学したい気持ちが強く、小野池での浪人を決めました。前期のうちは思うように成績が伸びず、悩んだ時期もありました。そんな時、同じような進路を目指して努力する仲間がいたことは大変心強かったですし、いい刺激でした。講師の先生方のアドバイスの通り、授業を中心とした学習生活を送ったことはよかったと思います。後期になって成績がぐんと伸びた時は嬉しかったですし、やる気にもつながりました。コツコツ積み重ねることの大切さをこの1年で実感できた気がします。先生方の様々な角度からのアドバイスに加え、赤本や各種受験資料の貸し出しといった事務の方々の大変手厚いサポートのおかげで、落ち着いた環境の中で1年間勉強に専念することができました。センター試験では今まで通りの点数をとることができ、1年の努力が無駄ではなかったと感じています。この1年で勉強がもっと好きになりました。国立私立共に目指してきた大学で去年よりも良い結果を残すことができ、本当に良かったです。支えてくれた家族や友人、小野池の先生方をはじめとする全ての人に感謝したいと思います。1年間本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
現役時代を考えると不安になるから、極力思い返さない方がいいと思う。(主に入試結果)同じような学部・学科を目指す人の姿は刺激になるし、アドバイスをもらえたりするとやる気につながるので、講師の方々や友人との関わりは大切にしてほしいです。
科目別勉強法
英語…「東大・京大の英語25ヶ年」「国公立大医学部の英語」を使用。英作文にも力を入れた。
数学…苦手だったので、青チャート・オリスタを繰り返した。医学科数学講座、プリントも活用。ひたすら反復。
理科…小野池のテキストを繰り返した。「有機化学演習」「物理のエッセンス」を使用。
国語…浪人ではほとんどやらなかった。後期はセンター前に過去問。
社会(地理)…高校の教科書と小野池のテキストをひたすら反復。
文系科目は入試問題に重点を置き、理系科目は基礎から時間をかけて埋め直した。
一日の過ごし方
<前期>
5:00起床
7:20登校
17:30下校
22~23時就寝
<後期>
5:00起床
6:50登校
17:30下校
21:00就寝
その他
眠い状態で勉強するよりも頭が冴えていたほうが絶対効率がいいので、睡眠時間は大切にして下さい。過去問(大学)はなるべく多くの年数を時間を計って繰り返し解き、問題集はたくさん買わずに同じものを何回も使うのがいいと思います。
小野池学院のよかったところ
講師と学生の距離が近い
赤本・過去問が充実している
講師の先生へのメッセージ
1年間本当にお世話になりました。講師の先生や事務の方々に様々な場面において手厚いサポートをしていただき、落ち着いた環境の中で勉強に専念することができました。本当にありがとうございました。

群馬大学
医学部医学科
(進学)

東京理科大学・薬学部薬学科

「浪人生活を経て」
昨年群大に落ちたあとに、リベンジを果たす気持ちで小野池学院への入学を決めました。1年間の浪人生活で、勉強のやり方が身につきました。合格という大きな目標に向けて、小さな課題をいくつも立て、1つずつ達成して目標に近付く方法が自分に合い、小野池学院の自習室で実践しました。勉強の中で、最も重要視したのは、復習です。現役時代から使ってた教材を5回はやり、自分の出来具合と合わせて○△×を書き、何度もひっかかる所はその原因を探りました。群大ではまずセンターを取ることが絶対条件だったので文系科目も手を抜かずに取り組みました。国語はサボると勘が鈍るので、模試前には必ず問題を解きました。古典が苦手だったので授業の予習復習に力を入れました。小野池の教材は問題数が豊富にあるので、演習に役立ちました。高校生活と1番違うのは、自分で勉強を進める、という点です。怠けたいという気持ちはもちろん生まれると思いますが、1年間短いようで長いので、その気持ちとうまく付き合っていくのが、うまいやり方だと思います。皆さんも、小野池学院で努力を重ね、目標に向け、がんばってください。
モチベーションの保ち方
・適度な休憩。外に空気を吸いに出かけるのが大切だと思う。
・メリハリのついた生活が大事。HRに出るようにするのが、リズムを整えるとよいと思う。駅でお弁当を買うと息抜きになってよい。
科目別勉強法
・数学…同じ教材を何度もくり返す。小野池の予習復習をしっかりやる。
・英語…文法書をくり返す。単語は忘れやすいのでくり返す。
・物理…エッセンス→良問の風→名門の森のセットを段階でやる。小野池の教材の復習をやる。
・化学…基礎固めが大事。有機無機は早いうちにモノにしておく。
・国語…山田先生の古文がすごく分かりやすいので、復習をしっかりやる。
一日の過ごし方
7:00起床
8:00~通学
8:30~18:00小野池で勉強
18:00下校
20:00~21:00勉強
21:00~23:00自由
23:00~睡眠
小野池学院のよかったところ
・自習室が使いやすい、集中できる
・教材を借りられるので便利
・苦手な部分を授業でやってくれる
・駅近で通学が非常に便利
・今までのデータをたくさん持っているので、分析してくれる
講師の先生へのメッセージ
今まで大変お世話になりました。教材の問題数がたっぷりあって問題演習に役立ちました。特に、直前講習会で解いた内容と似たものが出題されて助かりました。また、模試分析や受験について詳しい情報が受験の志望決定の参考になってよかったです。本当にありがとうございました。

北海道大学
総合理系(進学)

私は高3の夏から本格的に受験勉強を始めました。その中で私が心がけたことは「小野池の自習室を軸とした学習スタイル」です。小野池の自習室は毎日解放されていて、しかも様々な参考書を借りることができます。なので私は夏休み以降毎日自習室に通い、学校や塾の課題をやり、わからないところは参考書を利用して徹底的に調べ、知識を固めました。今思えばこれが現役合格の決め手かなと思います。振り返ると、受験生活はつらいことばっかりだったと思います。わからないことが続出するし、思い通りの結果や判定はなかなか出ず、嫌な気持に何度もなりました。けれども、志望校を下げようとは思いませんでした。やっぱり、最終的には「○○大学に合格してやる!!」という意志の強さが合格・不合格を左右するのではないかと思います。そのような思いがあれば、大きな壁にぶつかっても、決してあきらめずに頑張れると思います。これから受験を迎える皆さん、ぜひ強い意志を持って受験に臨んでください。
後輩へのアドバイス
多くの人は、夏まで部活を続け、そこから本格的に受験勉強を始めると思います。そこで、重要なのは「計画性」を持つことです。実際に手帳に記入して考えることをお勧めします。その日、その週、その月にやること、目標を書き出すことで、効率よく進めることができます。もしわからないところがあったら、迷わず先生に聞いたり、参考書で調べたりしてください。わからないことをわからないままにするのが一番やってはいけないことです。とにかく着実に一歩ずつ進めてください。継続と計画性が最大の武器です。ベストを尽くせることを願っています。
科目別勉強法
【全科目】
・センターは練習あるのみ。
【数学】
・センターでは「速さ」、「正確さ」が求められます。この2つは短い期間で確実にするのは難しいので、前々から意識して、授業や日頃の計算練習に取り組んでください。
・二次は各大学で特徴が全然違うので、まず志望校の過去問や資料を押して、その特徴を把握することをお勧めします。計算がエグい時もあるので、それに負けない自信を得られるといいです。
【国語】
・東大・京大以外の理系の大学入試で使う国語はセンターだけです。ですから、高3の夏休み以降から、実戦練習をたくさん積んでください。慣れる必要があります。また、古典では知識を得てから、挑むことが望ましいです。とにかく練習です。
【地理】
・これも国語と同様センターだけです。国語は記述力あってのマークですが、地理はそんなことありません!!とにかく知識を身につけて、マーク練習をしてください。また、問題から逆に学べることもあります。比較的高得点を狙える科目なので、練習を積んで、ぜひ得意科目にしてください。
【化学】
・センターは「知識」と「慣れ」がものを言います。難しいことは問われないので、曖昧な部分をなくすことを心がけてください。
・二次はセンターとは違い有機化学では構造決定などが出てきます。現役生は時間的な関係で有機が苦手な傾向がありますが、逆に得意にすれば合格に大きく近づきます。
【物理】
・センターでは物理的現象、性質を理解しているかどうかが問われます。教科書、便覧を読み込み、練習を積みましょう。
・二次試験では、発展的なことが問われます。ですが、ほとんどは誘導があるのでそこまで恐れる必要はありません。ただ練習の中で「問題の流れ」を読み取ることを意識して取り組んでください。

慶應義塾大学
文学部(進学)

大阪大学・外国語学部
立教大学・文学部

美術系の大学に落ち、何も考えないままこの小野池学院に来た1年前のことをよく覚えています。絵を描くことがつらくなり、とりあえず勉強をしようと東大・一橋コースに所属することになりました。クラスの人は皆すごい進学校出身の人で、レベルや意識の違いに驚き、不安になりました。私なんかがこの人達と一緒に勉強するなんて、何かの間違いだろうと何度も思いましたし、そんな人たちと自分を比べて何度も落ち込みました。しかし、そんな緊張感のおかげでがんばれたし、何より勉強の楽しさに気づくことも出来ました。1年前に想像していたよりも、ずっと良い大学に合格できたのもこのおかげです。楽しい友達ができて、日々新しい発見がある浪人生活は、想像していたよりも充実したものでした。下剋上できればすごく嬉しいし、憧れの大学に合格すれば、たくさんの人が自分のことのように喜んでくれます。この1年の苦戦の苦さを知っているからこそ、勝利の甘さをいっそう感じることができました。長いようであっという間の1年でしたが、ここで学んだことは生涯の財産になると思います。支えてくれた全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
友達と話す。つらいときはとにかく好きなものを見る
科目別勉強法
英語…英文和訳を中心に 解く→ノートに本文うつして調べる→もう一度解く 理解が足りない所はまとめる
世界史…一問一答。論述は解く→ノートに本文うつして調べる→もう一度解く 理解が足りない所はまとめる
小論文…話題を集めて、それと問題文から考えた課題をつなげられるようにする
国語…過去問を問題だけでなく本文の要約もする。
一日の過ごし方
0:00~睡眠
7:00起きる
8:30~13:00勉強
~13:30昼食
14:00~18:00勉強
19:00帰宅
21:30~24:00勉強
小野池学院のよかったところ
友達ができる。先生がフレンドリー
講師の先生へのメッセージ
添削をたくさんしてくださりありがとうございました。志望校の相談もきいてくださりありがとうございました。(あとよく寝てしまい申し訳なかったです)短い間でしたが、本当にお世話になりました。

慶應義塾大学
理工学部(進学)

東北大学・理学部
明治大学・理工学部

「自分に足りなかったもの」
去年の3月中旬、激しく脈打つ心臓と震える手を必死に抑えながら合否結果を確認しました。そこには私の番号はありませんでした。その事実が頭を駆け巡った時、最初に思ったことは、くやしいとか悲しいということではなく、「やっぱりか」という思いでした。ただ、現役時代に努力しなかったという訳ではありません。それどころか、勉強時間だけであれば、相当な時間をやってきました。しかし、私には決定的に足りないものがありました。それは危機感でした。三年生になるまでの努力がなんとかなるだろうという漫然とした自信を生み出してしまっていました。小野池学院では、実力別にクラスだけでなく授業も異なっており、常に実力を備えた努力家な仲間がそばにいたため、毎日気が引き締まる思いでいられました。また、特別単科や夏期講習で、少しレベルの高いものを受けることで、自分の目指すべきレベルが明確に見えたことも、非常に大きかったと思います。本当に小野池学院の先生方にはお世話になりました。
モチベーションの保ち方
常に志望校の赤本を持ち歩くことで「ここに行きたい」という気持ちを持続させていました。
科目別勉強法
英語はとにかく読解スピードに慣れることが大切なので、最初はほとんど理解できなくても速く読むようにしていました。
一日の過ごし方
私は比較的遠くから電車で通っていたため、移動時間を単語の記憶にあてていました。
小野池学院のよかったところ
夏期・冬期講習などで、多くのレベルに応じたものがあること。
講師の先生へのメッセージ
1年間本当にお世話になりました。

群馬大学
医学部医学科
(進学)

防衛医科大学校・医学科
昭和大学・医学部医学科

「2年間の浪人生活を終えて」
僕は小野池学院で2年間過ごしました。毎日決まった時間に起きて、人目を避けて予備校に行って夜まで勉強して帰るという生活は、正直もう思い出したくもないくらい辛いものでした。夏はストレスで毎日吐き気と戦っていました。でも、その代わり、かけがえのない仲間もできました。勉強で辛い時には相談したり、悩みを共有したり、彼らがいなかったら今の僕はないと思います。本当にありがとうございました。そして、新浪人生に伝えたいことがあります。浪人生活ははっきり言ってとても辛いです。途中で嫌になって投げ出してしまう人もいます。一年間頑張り続けるというのは生半可な覚悟では出来ません。しかし、自分が浪人生として頑張ると決めた以上、決して道を逸れることなく、ひたむきに頑張ってください。1度受験を失敗したものとして自分と向き合い続ける1年は後の人生に大きな影響を与えてくれると思います。皆さんの志望校合格を心から祈っています。そして、小野池学院の職員の方々、2年間本当にありがとうございました。皆さんのサポートのおかげで無事合格することができました。時間があるときに時々遊びに来るのでその時はよろしくお願いします。
モチベーションの保ち方
友達(何でも相談できる人)を作って困った時に相談する。
科目別勉強法
数学…違う人のを参考にした方がいいと思います。
英語…単語・文法をまず固める(その参考書を何も見ずに出来るまでやる)それから解釈の本1冊を仕上げ、ラストに志望校の長文
理科…決めた参考書を9割くらい取れるまで何周もくり返す
一日の過ごし方
ゆっくりのんびり起きて小野池→帰宅→小野池 のくり返し
小野池学院のよかったところ
人との距離が近かったこと
講師の先生へのメッセージ
先生方、受付の方々には本当にお世話になりました!!浪人生活をしていて、メンタルはかなりやられていましたが、小野池のアットホームな雰囲気のおかげで乗り切ることが出来ました。大学生になっても勉強頑張ります。

群馬大学
医学部医学科
(地域枠)
(進学)

「浪人生活」
私が浪人生活を通して感じたことは、この一年は学力だけの勝負ではない、ということです。一年という長いスパンで目標に向かうのは根性だけではどうにもならない部分もあり、思い通りに行かないことも多く勉強したくないとすら感じることもあるでしょう。周りがグングン点数を伸ばしていくなか自分が思い描く点数が取れない、苦手をやれば得意が沈み、得意をやれば苦手はなくならない、と頭を抱え続けた一年でした。しかし、小野池のおかげでそんな状況も乗り越えることができました。自習室で毎日顔を合わせる仲間、親身に話を聞いてくれる先生方、サポートしてくれるスタッフの皆さん、小野池の全てが自分の支えとなっていました。私は凡人の中の凡人です。中学時代数学のテストで平均点割るほどです。そんな私でも秋の記述模試で数学偏差値82を取り、定員6名の地域医療枠で合格できました。皆さんの周りにも優秀な人間がいるでしょう。でもその人だって最初から優秀なわけではないのです。普通の人が毎日1から10やっているところを1から20、あるいはより効率的な10、密度の高い10をやっているだけなのです。この浪人生活を通して学んだことは私の一生の宝物です。辛く苦しい事も多かった一年ですが、両親や小野池、友人の支えによりやりきることができました。その全ての人に心から感謝します。そして、自分という人間の枠組みを不断に更新し続け、真の意味で知的な人間になり、群馬を代表する医師となります。
モチベーションの保ち方
友人と話す。(くだらない話も大切。廊下で一緒に問題を教え合ったりした)浪人中だからといって娯楽をすべて制限する必要はないし、制限した所で…ってかんじです。自分は、一人カラオケもいったし、マンガも読みました(ハイキューおすすめ)浪人生活は「モチベ管理」だって実力のうちです。モチベは湧くものではないので工夫してひねり出すことが大切。
科目別勉強方法
群大医学部入試は数学理科の戦いであるといっても過言ではない。セミナー化学、重問化学、名問の森、物理のエッセンス、Focusの例題、やさ理4、5周ずつくらいしてほぼ丸暗記レベルまでやり込んだ。これで二次試験は合格点取れる。勉強法は一意的に定まるものではないので、自分なりのやり方を確立することが重要。
一日の過ごし方
HR前に登校(HRまで暗記モノなど30分程度)→授業と自習(20:30~21:00くらいまで)→帰宅、夕飯、就寝
途中で友人と話したり、先生にお話を伺いに行った。毎日リスニング、音読(古典、英語)、単語はやりました。疲れたときはコンビニや本屋をまわったり、公園で音読したり、自分なりのリセット術があると良い。
その他
「自分に何が必要か?」を考えて勉強すべき。1人1人弱点は違うのでそこを埋めることを意識する。あと英語は毎日やることをおすすめします、リスニングと音読は毎日やると効果絶大。旧帝以上を目指すのであれば、二次試験の数学理科で勝負はほぼ決まる(様に感じる)完全に私個人の考えとなってしまうが、センター9割を狙うより85~87%は確保して後は二次対策をした方がコスパが良い。
小野池学院のよかったところ
生徒間の仲が良く、浪人生活特有の「孤独」という苦しみは感じなかった。
学費の割引がありがたかった。
選択制の授業なので、自分に足りないものを効率良く埋められた。
講師の先生へのメッセージ
河嶋先生へ:数学だけでなく人生において糧になるお話をいっぱい聞かせてもらえました。先生の言葉を胸に刻み、自分を磨いていきます。そして群馬を代表する医師になります。
保科先生へ:自分のペースでやらせていただき、ありがとうございました。でも俺には地理は無理でした。先生とのお話は楽しいものでした。
高木先生へ:先生の授業は思考プロセスまで説明してくださるので初見の問題に対して、一手目をどう出すか?を深く学ぶことができました。先生の授業はとても楽しいものでした。
刑部先生へ:英文法の授業、一年間とても楽しく受けさせてもらいました。毎週先生の授業が楽しみでした。
竹政先生へ:私の中学生のような英作文を添削していただきありがとうございました。英語はもちろん、面白い話がいっぱいでした。
高橋先生:いつも笑顔で、暗い浪人生活の中でも先生の授業中は明るくなれました。

千葉大学
法政経学部
(進学)

法政大学・経済学部

「失敗を活かす」
高3のインターハイ予選で自分のせいで負けた経験があったからこそモチベーションが保てていたと思います。あれ以上の後悔の念と自分の無力さを感じた失敗は今後もないと思います。サッカーも勉強も中途半端にやってきた自分は、成功体験を欲していました。小野池に来て進学校出身の人たちのレベルの高さには驚きましたが、自分の考えたこと、自分の決めた道を進みました。バイトや恋愛もしましたが、逆にそれがプレッシャーとなって残された時間は集中して勉強に取り組むことが出来ました。確かに受験は団体戦ですが、試験で試されるのは自分の力である以上、自分を第一に優先し、しっかり管理すべきだと思います。ただがむしゃらに頑張ればいいというわけではなく、頑張り方だったり、頑張りに工夫を入れたりすることを意識すると良いと思います。頑張れば必ず報われるという考えはしない方がいいです。1年間は長いようであっという間なので、早めに大まかな計画を立てるといいと思います。浪人時代を黒歴史に感じる人は多いですが、目標に向かって仲間と競い合う時間はすばらしいものでした。1年間ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
音楽を聞く。模試で勝負をしかける。友達と雑談する。志望校に通学してる自分を想像する。
科目別勉強法
数学:青チャートの例題を徹底してやる。よくわかんなかったところは下の練習問題もやる。3周はした。授業でやった問題を完全に理解する。
 国語:最初は時間をかけてじっくりと答案を練る。10月頃から時間を計ってやる。古典は用語と句形をしっかりおさえた上で構造(前後関係・対比・具体例)などを読み取る。
 英語:長文は構造を気にして読み進める。後戻りすると時間のロスとなるため、一回で理解する。和訳は添削してもらう。英作文は自分で簡単な文を一文作って口に出してやる。
 社会(日史・倫政):10分休憩や電車、食事の時間を利用して覚えた方が頭に入る。時代の流れとともに暗記する。
 理科基礎:授業にしっかり取り組めば週に一回でも十分足りる。さぼりがちになると思う教科だが気を抜かないこと!!
一日の過ごし方
伊勢崎7:21発の電車にのり、高崎9:42発の電車で帰っていた。勉強が嫌になったときは思い切って気分転換。
その他
友達は絶対に作るべき。参考書に頼りすぎない。先生に頼りすぎない。4年間通うことを考え、熟慮した上で志望校・滑り止めを考える。私立は一般を受けといた方がいい。ためになる授業とそうでないのを見わける。ねるのは大事。
小野池学院のよかったところ
仲良くなれる。立地が良い。先生との距離が近い。
講師の先生へのメッセージ
1年間ありがとうございました!!

名古屋大学
工学部
(進学)

「まとまりませんでした。」
今にして思えば、高校時代は自分の能力を過信していたように思う。たいしたこともできないのに「やればできる」だの「自分はまだこんなものではない」などと思い、お高くとまっているうちに受験は終了して結局浪人することになった。浪人が決定した時点で決意を新たにして、自らのプライドを捨て勉学に励むのが普通であると思うが、このひねくれた中島は「なんで俺が浪人なんかしなくてはならぬのか」とあろうことか自分の失敗を棚上げし自らの境遇を嘆いていた。そんな状態が6月くらいまで続いた後、ある日突然私は「自分を変えねばならぬ」と思い立った。理由は分からぬ。味気ない毎日を少しでも意味のあるものにしたかったのだろうか。とにかく私は意識を変えた。去年と同じことをするのを止めた。電車の中での勉強も止めた。意識高い系の行動を慎み、内容のある、意味のある行動をするようにした。だが、受験の神様は老眼なのか、受験生の頑張りが見えないようだ。心を改めたのは良いが、成績は伸びない。結局センターの前まで模試の結果は悪いまま。しかしもう失敗できないため、無心でがむしゃらに試験を受けた。それが良かったのか、二次の数学で失敗したにも関わらず前期で合格することができた。受験の神様を振り向かせるのは最後で良かったのだ。
モチベーションの保ち方
クルマが大好きであるので、F1は毎戦きちんと見て、ストレスを溜めないようにした。F1中継で流れる無線は英語であるので、リスニングの対策になると思います。クルマ好きでない人に関しては、人と話すことを毎日欠かさないようにするのが良いと思います。
科目別勉強法
英語:高校時代勉強しすぎたので、授業以外はなるべくしないようにした。
数学:長い時間をかけて考えるようにした。
理科:化学が苦手だったので、化学が楽しく思えるように努力した(分からなくてもイラつかないようにした)
国語・地理:授業で十分ではないでしょうか。
一日の過ごし方
8時くらいに小野池に到着し、トイレに行った後、HR始まる。
授業後は家に帰って勉強することが多かった。
土日は小野池に来て自習した。
小野池学院のよかったところ
同じクラスの人が良い味を出していて良かった。
自分のペースで勉強できたのは良かった。
講師の先生へのメッセージ
今年一年間、特に保科先生には多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことをこの場でお詫び申し上げます。そして最後まで応援していただきありがとうございました。大学生活を大切に過ごしていきたいです。

群馬県立県民健康科学大学
看護学部(進学)

高崎健康福祉大学・保健医療学部

「「自分次第」を強く感じた1年でした!」
私は部活に憧れて高校を選び、高校3年間全く勉強していなくて、それでも第一志望校に行きたくて、高2の夏くらいから浪人を視野に入れていました。高3のクリスマスに部活を引退し、そこから初めて本気で勉強を始めました。高3でも何校か受験しましたが、どこにも受かりませんでした。小野池に入学し、特別な用事がない日は毎日学習室を利用して自分なりに頑張っていたつもりではいましたが、模試の成績は思うように伸びず、夏休み明けくらいには不安で焦ったり、自分のやってきたことに自信が持てず、頑張っても自分には無理なのでは?と考えてしまい、本当に辛かったです。ですが、高校の友達や家族からの応援に応えたいという思いや、後輩から良い報告を聞くたび、前向きになれました。センターの過去問などの成績が上がり始めたのは11月中旬くらいで、12月初めにはそれまでの4割増しくらいにまで伸びました。辛い時期に踏ん張れたからだと思っています。センター本番は、期待より取れなかった教科もありましたが、去年の自分と比べたら色々な意味で大きく成長できたと思います。充実した、特別な1年になりました。第一志望に入ったからには、もっとたくさんの夢を叶えていきます!
モチベーションの保ち方
周りの友達がみんな頑張っていたから、自分ももっと頑張りたいと思えました。気持ちが勉強に向かなくなったときは、自分のなりたい職業のことを調べました。そうするとやる気が湧いてきます。
科目別勉強法
英語
5~8月:単語・熟語・文法(ターゲット・Vintage・be(参考書)・スクランブル)
8~9月:文法・熟語(Vintage・スクランブル)
10~11月:熟語・センター 11~1月:単語・センター・予想問題集
生物
5~9月:シグマ生物用語・read light 10~1月:センター・予想問題集・模試
国語(現)
7~9月:漢字・センター(大学漢字)
9~1月:センター・予想問題集・模試
一日の過ごし方
朝は5時に起きて1時間ターゲットを最初から最後まで覚える時間にしていました。7時半には小野池で小テストの勉強などをして、授業のない空きコマは、授業の予習・復習をしました。午後の5時半くらいから9時半くらいまでは、授業でやった範囲の問題集や模試を解いていました。行きの電車では英語のリスニングを聴いていました。
小野池学院のよかったところ
たくさん問題集や資料集があるところ!過去問はすごく古い問題もあって、傾向をつかんだりいっぱい練習できました!
講師の先生へのメッセージ
いつも楽しい授業を、本当にありがとうございました!個性の強い先生方の授業は、本当に楽しくて、分かりやすくて、勉強を好きになれました!!また、HRでなかなかハキハキ自分たちの弱い部分をしていただいたことも少なくありませんでしたが、そのたびに燃えました!感謝しています。事務の方々も、元気なあいさつとか、おいしいカレーうどん屋さんの話とか、嬉しかったです。

信州大学
工学部(進学)

立命館大学・理工学部
芝浦工業大学・工学部

「自分が成績を上げられた理由、国立に最後の最後に合格できた理由」
私は現役の時はあまり自分の将来について考えずに学部学科を選んでいましたが、浪人してすぐに色々な資料を見て自分のやりたい事を探しました。やりたい事を見つけ、そこを目指し始めると、伸びなかった成績が段々と伸び始めたので、やりたい事を見つけることは大事だと思います。後は人によるとは思いますが、娯楽を我慢しながら勉強していた時の自分は成績の伸びが小さかった気がします。もちろんやるべきことをやった後に娯楽は楽しむべきですが、我慢のしすぎも人によっては集中力の低下やストレスに繋がるのではないかと私は考えます。最後に後の小野池生に伝えたいことはあきらめない気持ちを持つ、持てるようにするということです。私はセンタープレで現役並みに悪い点を取りましたが、一ヶ月センターの問題をひたすら解いて100点点数を伸ばすことができました。さらに私は後期試験で一度不合格になっているのですが、本番での出来は誰にも負けてない自信がありましたし、全問解いた自信もありました。その結果追加で合格できたので、不合格なんて納得できるわけがないくらいの解答を目指して欲しいと思います。あきらめなければセンター100点アップも国立追加合格もつかめるというのを経験したので、他の浪人生にもこの気持ちを知ってほしいと願っています。
モチベーションの保ち方
あまり我慢しすぎない。(娯楽・休息)ただし、予習・復習等のやるべきものをやった後に。もちろん余裕がある時は+αの勉強をする。我慢のしすぎは人によっては集中力の低下につながるきがする。大学のパンフレットを見たり、実際に大学に行く、大学生に会う等をして大学への気持ちを強く持つ。誰かと競うのもオススメです。やる気がでないときはまず、ラジオでもすきな音楽でも聞きながらでもいいのでやり始めるのが大事です。一回始められると思ったよりもペンが走ります。ただテレビや動画を見ながらは目線が気がつくと画面に吸い寄せられているのでオススメしません。後英語や国語には向いていないやり方なので注意です。
科目別勉強法
数学:チャートや予備校で頂いた演習プリントをくり返し解く。土曜の授業も積極的に。センター対策は時間管理必ず必要です。練習では10~15分短い時間で解くと良いです。
英語:日々の小テストは全て合格するよう勉強する。長文は音読練習まですると発音まで身につくので良い。文法やイディオムは小テストが終わっても続けないと忘れてしまうので、隙間時間にどれだけ見ることができるかだと思います。
物理:エッセンス等の基本を押さえる問題集で演習。応用は授業を活用。
化学:有機がとにかく苦手だったので、センター対策や模試等を利用して基礎を固めた。物化は授業が難しい、ついていけないと感じたらクラスを下げる方が良いでしょう。本当は得意だからとかプライドがとか言ってる場合ではないです。
地理:地図帳に書き込みながら国の位置を正確に覚えることが重要。授業でもらう演習問題はかならず目を通す方が良いです。演習問題を解かないとどのような知識をどのように使うかが見えてこないので授業での演習は説明含めしっかり聞いた方が良いです。
国語:古文単語・漢文の文の形等は日々目を通すようにすると良い。授業の演習時間は大事に使うべき。
一日の過ごし方
朝8時予備校着・授業・自習
18時~帰宅・夕食等
~20時自習(予習・復習・娯楽等)
22時就寝
その他
センター前1ヵ月はかなり重要。全力でやれば去年より100点以上高い点も夢ではないということを分かってほしい。そして、センターが良くてもそこで力を使いきると、センターでの頑張りがムダとなってしまうため、根気強く問題に向かっていく姿勢が大事です。二次は最後の最後まであきらめず答えを出す努力をすることが大事。後、早寝は大事です。睡眠は6~7時間が必要と言われていますが、それでも授業で眠気が出るときには私みたいに8時間でもいいと思います。授業で寝るのは一番アウトなので全力で退けてください。問題集選びについて、極力予備校で使っているテキストが良く、追加で必要なのは古文単語帳でしょうか。現役の時に失敗だった理由の一つに高校と塾の両立ができていないということがあったので、予備校での勉強に影響が出て自分の方問題集と両立できなくなるくらいなら買わないが吉です。センター対策についての補足:問題を飛ばすという選択はかならず持つべき。時間内に最後まで解くのを優先した方が点が高い。センターは初見殺しが多いので、変な文や問題が出てきてもあせらないようにしてください。(例:ムーミン、タコ型宇宙人)今までの知識で解けます。
小野池学院のよかったところ
先生に質問しやすかったところ
対面授業で緊張感もあり勉強に集中できた点
問題集等は借りやすく、センター前にかなり便利だった点
自習室が利用しやすかった点
自習ができる時間が割と多かった点
講師の先生へのメッセージ
自分独りではたどり着けなかった世界まで自分をのばしてくれて本当に感謝しています。小野池での一年間は浪人生活でありながらも今までの人生で一番充実していたと思います。本当に一年間ありがとうございました!

埼玉大学
理学部
(進学)

現役の時の私は苦手なことから逃げて妥協ばかりしていました。そんな自分の考えの甘さに絶望して、浪人生活の初めのうちは、1年もこんな生活が続くなんて…と何度も嫌になりました。でも、小野池でお互いに励まし合える友達に出会い、そんな悩みもすぐに消えました。浪人生活に友達はいらないという人もいると思いますが、同じ境遇の人と話すことでモチベーションの維持に繋がるし、不安も解消できると思います。今こうして体験記が書けているのも小野池でできた友達のおかげです。浪人生活の1年は想像しているよりあっという間に過ぎるので、1年後納得のいく結果が残せるようにがんばってください。
モチベーションの保ち方
やる時はやる、やらないときはやらない メリハリをつける!!
一日の過ごし方
朝→英単語、英文法 昼→授業 空きコマや授業が終わった後→次の日の授業の予習
 夜→自分の勉強(内容はその日による)
小野池学院のよかったところ
生徒同士の仲が良い
先生に質問しやすい
講師の先生へのメッセージ
1年間ありがとうございました

上智大学
総合グローバル学部
(進学)

上智大学・外国語学部
東京外国語大学・言語文化学部

「受験科目について&思い出」
東京外大はセンター5教科でよかったので、理科をやめて、歴史・公民を勉強しました。しかし、これには大変後悔しました。理科・歴史の方が絶対いいです!!センター理工の幅が広がるし、センター2日目だから、1日目の歴史の暗記時間が増えます。あと、世界史論述は入試で論述使わない人もやるべきだと痛感しました。論述問題に自分の言葉で答えていくと、いかに歴史の流れを理解できていないか気付かされます。ぜひ一冊買って解きまくってください。小野池の生活は毎日楽しかったです。ソフトボール大会で図書券もらったり、英文法王で図書券もらったり良い思い出ばかりです。英語のある日は高橋先生のギャグと笑顔で癒されていました。小野池に入ったばかりのときは一年だけだし友達作らなくてもいいやと思っていたけど、一緒に頑張れる人がいるのは本当にありがたいことだなと感じました。特に女子の人数は少ないので、自分の教室だけでなく、他のクラスの人とも仲良くなる機会は多いです。ご飯を食べたり、廊下でちょっとだけおしゃべりしたりして息抜きしてください。
モチベーションの保ち方
勉強机に特等席を作って昨年同じ大学に受かった先輩からもらった参考書を飾って毎日ながめていた。
科目別勉強法
・リスニング…BBC learning Englishのラジオ内容がおもしろい!!イギリスの発音だから聞くだけで、シャドーヴィングはしてない。VOAをシャドーヴィングしてた。
・英語…解く→中身理解→すらすら意味とれない文を確認→その文だけ音読→寝る前に復習
一日の過ごし方
結構その日の気分で過ごしてた…
8:00~19:30小野池 21:00~24:00リスニング・復習
その他
皆から、めっちゃ集中して勉強してるよねーっていわれるけど、見た目だけ。座りながら意識飛んで、瞑想してることが多い。瞑想おすすめ!昼寝しなくても、次の90分の集中力がグンとのびる!!
小野池学院のよかったところ
一年中朝から夜まであいているところ。
先生方との距離が近かったところ。
講師の先生へのメッセージ
先生との会話はとっても楽しかったです。英語・数学・国語の先生方には本当にお世話になりました。特にセンター試験後に失敗した私をはげましてくださった、高橋先生・松村先生にはたくさんお世話になりました。とても心強かったです。一年間ありがとうございました。

上智大学
総合人間科学部
(進学)

順天堂大学・医療看護学部
聖路加国際大学・看護学部

「浪人生活を終えて」
浪人生として過ごした一年は終わってしまえば一瞬でした。まさか自分が浪人するとは思いませんでしたが、良い経験であり、無駄な時間ではなかったと胸を張って言うことができます。私は現役生の時から小野池学院でお世話になっていました。当時から習っていた先生にまた一から習えるということが小野池にした理由でした。言ってしまえば、その先生に教えて頂きたくて小野池を選びました。そのくらい分かりやすく濃い授業を当時から毎回受けることができていました。得意科目のない私でしたが、先生方の熱心なご指導のおかげで、どの教科も理解を深め演習を多くこなせるようになり、入試では身につけた力を全て発揮することができました。予備校のイメージは、人それぞれ違うと思います。楽しい場所というのは良くないですが、小野池は居心地の良い場所でした。分からない問題はすぐに質問でき、友人と話すことで息抜きすることができました。最後に、毎日駅まで送迎をし、お弁当を持たせてくれた家族には心から感謝をしています。感情的になってしまったことも多々ありましたが、第一志望に合格し喜びを得た時、家族が私のすべてを受け入れ、支えてくれていたのだと改めて感じられました。感謝の一年だったと実感しています。
モチベーションの保ち方
第一志望ではない大学の入学式に自分がいることを想像すると、やる気が出ます。
科目別勉強法
全ての教科の穴を埋めてから、演習を行なう。赤本をとにかく解く。
一日の過ごし方
7:30~21:20小野池で自習。
帰宅後は、ちょっとだけ勉強しました。
小野池学院のよかったところ
みなさん親切でした。
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

青山学院大学
教育人間学部
(進学)

青山学院大学・経済学部
成城大学・文芸学部

高校を卒業して、小野池での生活が始まって時間はたくさんあるなって思っていたけど1年は本当にあっという間だった。この勉強方法で大丈夫なのかとか本当に学力はあがってるのだろうかなど不安に思うことはたくさんあって先生や友達に相談する時期もあったが、考えてる時間が無駄だと割り切って無心で勉強に取り組んでいた。勉強に疲れた時は友達とご飯を食べたり話をしたりなどオンとオフの切り替えも大切にしていた。毎日勉強することはもちろんつらかったが、友達や周りの人にどこ大学行ったの?と聞かれることが自分は1番つらかったと思う。でもその反発心で頑張れたとも思う。志望校の決定が遅かったことは後悔してるので、夏くらいに決めた方がいいと思う。浪人は辛いことだらけだったが、浪人して良かったと思ってる。浪人して頑張れたことは自信になったしこれから自慢できることだと思っている。
浪人する後輩へのアドバイス
成績があまり伸びなくて焦る時もあると思うが、そうゆう時でもしっかり休養を取ることが大事だと思う。集中で来ない時は休んで一旦勉強の事を忘れる事!これは本当に大事だと思う。集中できないままダラダラと勉強してる時間が1番無駄。自分はたまに全休の日を作っていた。次の日からまた頑張れた。英語の文法と古典は友達に教えられるようになるくらいまで理解することが大切。英語長文はとにかく読んで量をこなす事、日本史も何回も何回も読む。難しい漢字だけ書いて練習すればいい。全部書くのはオススメしない。自分は実況中継をめちゃくちゃ読んでいた。文系は書くというより読んで理解する勉強のほうがかなり効率がいいと思う。模試は良くても悪くてもプレッシャーになるだけだから点数はあまり気にしないで本番と同じ緊張感で臨むことが最も大事。小野池のいいところは友達ができるところだから良い関係を作って一緒に競いながら頑張っていければいいと思う。浪人は親にも迷惑かけてるし勉強しなければただの親不孝者ってことを忘れては行けない。受かった時は自分よりも親のほうが喜んでくれてそれが本当に嬉しかった。たとえ、受からなくても頑張れたなら得るものはたくさんあると思う。めちゃくちゃ応援してます。「人間は考える葦である」自分の座右の銘です!
講師の先生へのメッセージ
1年間支えてくださりありがとうございました。本当に感謝しています。

筑波大学
医学群看護学類(進学)

「私の人生を変えてくれた1年間」
私は医学科に進学するために、この小野池学院に入りました。死ぬ気で勉強すると決め、毎日朝から夜まで小野池学院で勉強していました。そして、1つのターニングポイントであった夏休み明けのクラス分けテスト。私は国公立医学科クラスに上がれませんでした。こんなに頑張ってるのになんで…ってたくさん思いました。また、親のことも考え、もう一年浪人することはできないと決めていたので、一週間悩んで看護の道に進むことに決断しました。医師を目指していた当時は、看護は医師の雑用係だと思っており、看護に落とすことにずっと納得できなくて、あのときは本当に苦しかったです。でも、この選択は妥協ではなく、選択だ。という言葉を頂いて、看護の道にくいなく進むことに決めました。それから、山下先生の小論文を受け、人は幸せになるために生きている、ということに気づかされ、もう親のためや名声のためではなく自分のために生きようと決め、それから勉強が楽しくなりました。浪人をすることも、勉強をすることも全て、自分が将来幸せになるためにやっていること。だから、自分を大切にしながら、今置かれている状況にたくさん感謝して、勉強に励んでください。そうすれば、良い結果が出ると私は思います。私を看護の道に導いて下さり、筑波大学に合格させて下さり、本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
勉強をする時間としない時間をしっかりと分ける。私の場合は、家ではいっさい勉強しないと決めて、You Tubeをみたり、LINEをしていました。また、朝7:30頃に小野池に来て、英単語を覚えながらウォーキングして、さらにゴミ拾いしていました。運動することで嫌な気持ちや不安な気持ちが晴れるので、座学より暗記しやすかった気がします。あとは、自分のモチベーションが上がる言葉集をノートにまとめて、気分が落ち込んだらそれを見る。
科目別勉強法
国語:漢字や古単語などの知識は間違えた問題をノートにまとめ、電車の中で暗唱する。センター国語は数をこなす。
数学:センターだけだったので合格る計算をくり返し解いた。あとは青本をできるだけ多く解いた。
英語:シス単を朝1時間毎日やる。英文法はなんでその答えになるのか考えながら解いて、出来なかった問題はノートにまとめておく。長文は時間をはかって読む方が効率いい。
社会(地理B):まず地誌をかためて、世界の大体の国名、宗教などを覚えて、次に地形とかを覚える。
理科(生物):小野池テキストを基礎に、そこに載ってない情報をつけたして、自分だけのまとめノートを作って覚える。
一日の過ごし方
朝5:30に起床。6:30の電車に乗り、7:10くらいには小野池に到着。それから30分~1時間ほど参考書を眺めながら散歩兼ゴミ拾い。授業がある時は授業に出て、休みの時は自習。お昼は14:00くらいに食べるようにしていました。(食事部屋が混むので、眠くなってしまうので)授業が終わってからは、閉館まで勉強して、帰宅は22:30とかでした。就寝は24:00です。でも、夜はちゃんと寝た方が良いので、早めに帰ることをおすすめします。
その他
私は防衛医科大学校が第一志望だったので、10月までに国、数、英、生物を一通り固められたのがやってよかったと思いました。試験までに勉強計画を立てるのではなく、夏や秋までに完璧な状態にしておくと、センターや二次で精神的に不安になっても、結果を出せると私は思います!また、医療関係に進みたい人は試験の練習で防医を受けても良いと思います。
小野池学院のよかったところ
不安や恐怖などを一人で抱えず、みんなで分かち合える環境であること。模試で良い結果が出ない時や、過去問が出来ない時って、もう無理なんじゃないかって不安になるけど、それは自分だけではないし、みんなそう思ってるから、怖くなったら友達や先生や、事務の人に話を聞いてもらえたのが、私はとても救われました。
講師の先生へのメッセージ
高木先生、小池先生、山下先生、保科先生、刑部先生、村井田さん、小林さん、飯野さんには本当にお世話になりましたし、先生方が私を筑波大学に合格させてくれました。本当にありがとうございます。不安なとき、苦しいとき、悩んでるとき、勉強に疲れたとき、結果が出なかったときなど、たくさんアドバイスをいただいて、いつもいつも私を救って下さいました。先生方にいただいた言葉を胸に刻み、素敵な看護師になって帰って恩返しができるよう頑張ります。

筑波大学
人文・文化学群
(進学)

立教大学・社会学部
法政大学・社会学部

第一志望に落ちてしまったショックで何も手につかなかった昨年の三月、もう一年頑張ろうと一念発起して入ったのが小野池でした。この一年の浪人生活は常に不安との闘いでした。どんなに模試で良い判定がでても、頭によぎるのは、あの三月。何度も合格者受験番号欄を確認して、それでも見つからない自分の番号。そのときのことを思い出す度、「また不合格だったらどうしよう」という不安で胸がいっぱいでした。そんな不安を和らげてくれたのが小野池での生活です。家で勉強に気が乗らなくても、小野池に来ると、周りの皆の頑張る姿が嫌でも目に入り、自分も負けてはいられないと心を奮い立たせることができました。周りの皆に追いつけるよう、そして昨年の自分に負けないよう、一心に勉強を続け、たまっていくノートは目に見える努力の証として私の自信になりました。そして、受験生活を楽しむ気持ちが生まれました。当日、自動ドアに挟まれるハプニングが起きたセンター試験も、朝3時起きで家から会場に向かった二次試験も、「ここまでやってきたのだから、きっと大丈夫」、そんな気持ちで乗り越えることができました。そして今、第一志望に合格し、自信を持って大学生になれるという喜びと希望で胸がいっぱいです。小野池に感謝!
モチベーションの保ち方
家では、合間に教科書を読んだりリスニングを聞いたりするだけで、机で本格的に勉強はせず、自由に時間を過ごしました。小野池ではしっかり勉強、家ではリラックスというサイクルを繰り返すことで、変に焦らずモチベーションを保てました。
科目別勉強法
国語:授業の予習。添削。
英語:旺文社の「標準問題精講」という問題集がオススメです。文法を意識して英文を読むと力がつくと思います。
社会:教科書・資料集を読み込む。
理科:授業の予習・復習。
数学:土曜単科のプリントを何度も解きなおす。
一日の過ごし方
6:00起床
7:30~19:30小野池
20:30帰宅 入浴中に教材を持ち込んで勉強(倫理・単語・リスニング)など
23:30就寝
その他
国公立を目指す人は、常に二次を意識して、論述重視で勉強を進めていくと良いと思います。焦らず、着実に!です。
小野池学院のよかったところ
毎日自習室が開放されているところ
入試や模試の過去問が充実しているところ
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。
かなりの量をお願いしているにもかかわらず、快く添削を引き受けてくださる先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。無事に第一志望の合格をつかみとることができ、この一年の浪人生活は無駄ではなかったな、としみじみしています。これからも頑張っていきます!

信州大学
医学部保健学科
(進学)

「同じ後悔をしないために」
最初はただ松本に住みたいという理由だけで私は信州大学を目指しました。大学に入ることは長い人生のほんの通過点に過ぎないとはよく言われますが、何年も思い続けているうちに、信州大学合格は私の夢へと変わっていました。現役時は勉強に対する苦手意識も強く、自分には何が足りなくて何が必要かなど、自己分析もできていませんでした。夢と現実のギャップを感じる、ただ苦しいだけの受験生活でした。不合格が確定すると、夢破れた喪失感や今までの取り組みに対する後悔が一気に出てきました。受験をすべて終わらせたあと、浪人してもう一度第一志望校を目指すか、合格をもらった私大に進学するかで物凄く悩みましたが、このまま私大に進んだらこの先の長い人生でずっとこの後悔を抱き続けなければならないのだと思い、浪人することを決めました。浪人するにあたって、まず現役時の反省点と解決策を書き出しました。今までの甘い自分を改め、もし一年後も同じ結果だったとしても納得して諦められるような1年にしようと決意しました。この1年は毎日勉強漬けの日々で疲れたし、大学生になった同級生のことを羨ましいと思ったりしましたが、同じ方向を向いたたくさんの仲間に出会えたり、自分を変えることができた充実した1年でもありました。
モチベーションの保ち方
音楽を聴く。(勉強しながら音楽を聴くときはドラマや映画のサントラを聴いていました。歌詞がないから集中できるし、やる気がみなぎります)
志望校に合格した高校時代の友達のSNSを見る。
お金を出してくれている親のことを忘れない(親に対する申し訳なさがあれば頑張らないわけにはいきません)
科目別勉強法
理系科目…予習→授業→復習(授業後に1回、週末に1回、月末に1回)
化学は特に苦手だったので、授業で使ったテキストを長期休みも利用して8周くらいした。物理、数学はテキスト以外のものも使った(復習の方法は同じ)
英語…文法:授業で習ったことをノートにまとめて、赤シートを使いながら何回も反復
長文:授業、土曜単科の予習、復習、音読。後期の授業が終わってからは毎日1回分読んだ。
地理…赤本を解いて、解説、参考書、テキストを使いながらノートにまとめてくり返しみる。
国…授業、きめる現代文
地理、国は力を入れるのが遅すぎました。
一日の過ごし方
AM6:00起床 ~6:30朝食 通学(15分勉強、その後寝る)
7:30登校 ~PM8:00小野池 電車の中で勉強(暗記)
9:30帰宅 ~10:30晩御飯 お風呂(湯船の中で英単語)
11:30就寝
その他
・眠気覚ましにコーヒーを飲んだ。
・廊下などで友達と長時間話しすぎないようにした。
・スケジュール帳に、毎日、今日やるべきことと1日の勉強記録をつけた。
・浪人生としてリベンジする試験は現役の時よりもかなり緊張します。試験前は色々な雑念が生じて、集中できなくなってしまいましたが、解決策を調べまくってすべて実行して、なんとか乗り越えられました。
小野池学院のよかったところ
講師室や事務室がアットホームなところ
閉館日がないところ
学割が効くところ
講師の先生へのメッセージ
頭が良くない私に丁寧に勉強を教えてくださったこと、見かけるたびに「調子はどうだ」と声をかけてくださったこと、センターを失敗した私に、C,D判定でも第一志望校に挑戦する勇気をくれ、背中を押してくださったこと、上がり症の私の緊張をほぐして自信を持たせてくださったこと、合格を報告した時に一緒に喜んでくださったこと…。先生方だけでなく事務の方々にも感謝しかありません!小野池の皆さんのおかげで最後まで諦めずに完全燃焼することができました。本当にありがとうございました!

群馬県立女子大学
文学部(進学)

「浪人生」
浪人を決めること、浪人生としての一年間を過ごしていくこと、現役生と戦っていくということは正直辛いです。全て終わった今だから言えることかもしれないけど、私にとって浪人生として過ごす一年は必要だったと思っています。同級生が大学生生活を楽しんでいる姿を見たときは悔しさや羨ましさで、現役で受からなかった自分を恨むことは多々ありました。でもその恨みや羨ましさは絶対合格するという大きな原動力にもなりました。受験は何が起きるか分からないとよく言われます。私は今年、それを実感することになりました。模試では段々成績はあがってきていたのにセンターでは思うように点数は伸びず判定はどれも安心できるものはありませんでした。さらに滑り止めとして受けた私立大学の合格も一つもありませんでした。志望していた公立の大学に向けて出来ることを毎日毎日諦めずにこなしていきました。その結果、合格することができました。毎日の努力を辛抱強さと諦めない気持ちで勉強をつづけていけば高い壁も乗り越えられると確信しました。怖さや不安は絶対についてくるものだから、いかに負の感情とうまく付き合っていくかということの大切さにも浪人した一年で気付くことができました。
モチベーションの保ち方
朝のテストでいい点数を取り続けて自信にする
科目別勉強法
英語:スクランブルで単元ごとに勉強した後文法問題集で練習をくり返す。
国語:小野池でもらうテキストの予習・授業・復習をくり返す。古文の単語帳、漢文の文法を何度もくり返す。
数学:苦手な分野を集中で気に練習して解き方を覚えていく。演習。
一日の過ごし方
小野池の授業がある日:
AM8:00に学校到着・朝のテストの勉強・授業受ける・開いている時間は401で自習・18:00に小野池を出る・20:00~24:00まで家で自習
授業がない日:
10:00頃小野池到着・401で自習・16:00頃出る・19:30~24:00自習
小野池学院のよかったところ
401のような自習室があったところ。先生方・事務の方が優しいから話しやすくて通うのが嫌にならなかった。
講師の先生へのメッセージ
小さい質問や、大学について、面接練習など、様々な事を見ていただいて、本当に助かりました。急な進路変更の時も一緒に考えてくださったことは心強かったです。行きたいと思える大学に進学することができたのは先生方のサポートあってです。ありがとうございました。

群馬大学
教育学部(進学)

浪人すると決まった時は、学力や生活と何よりも勉強に集中できるのかとても不安がありました。しかし、小野池学院の授業は親身で先生方の話も楽しく、春にはソフトボール大会がありいつの間にか勉強にも集中できるようになっていました。授業では新たな発見がありそれが受験に対する自信に繋がったと思います。授業をよく聞いて、メモしたり頭においたり、一つ一つの言葉を大切にしていました。浪人生活を始めた時は、辛く長い一年になると思っていましたが、小野池学院に通えたおかげで充実した一年となり、乗り越えてみるとあっという間の一年でした。本当に良い経験ができたと思います。この一年の思いを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います。
モチベーションの保ち方
合格した後の喜びを考える。自分を追い詰めすぎない。
科目別勉強法
数学…定番の問題、重要な問題等は解き方を別のノートにまとめておく。解答をよく読み、一番早く答えを出す方法を知ればセンター対策になる。
一日の過ごし方
勉強する時は真剣に、休むときは休むというメリハリ。朝だらけると一日だらけるので、夜更かしはしない。早寝早起き。
小野池学院のよかったところ
何かあったらすぐに対処してくれる。一日のサイクルが崩れない。
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。これからも頑張ります。

群馬大学
教育学部(進学)

私は志望大学を群馬大学と高校入学時から決めていて、高校に入ってからの授業をしっかり受けていればどうにかなるだろうと思っていた。しかし、高2の春、小野池学院の英語の無料講習に参加したら、自分の考えが甘かったと感じた。高校2年生の英語のはずなのに、私は無料講習の内容が全く分からなかったのだ。これにより、私は小野池学院の現役合格コースの英語の授業を受け始めた。次第に、模試の点数も上がっていき、以前より英文がスムーズに読めるようになった。そして、英語だけでなく、他の教科も、勉強していくうちに点数が伸びていき、うれしかった。受験勉強で辛い時も一緒に勉強する友達と話すことで「勉強頑張ろう」と思うことができた。この1年は受験勉強に追われるものだったが、これからの人生の糧になるような経験ができた。努力は人を裏切らないと思う。
後輩へのアドバイス
・最後の最後まで意識を強く持って頑張る。
・頑張った分だけ自分にいいことがあると思って勉強を続ける。
・勉強がつらくなったら、友達と話をしたり、音楽を聞いたりしてリラックスする時間を作る。
科目別勉強法
【化学基礎】
・たくさん問題を解いて、わからないところは先生に質問する。
【生物基礎】
・教科書を読んで、問題集を繰り返す。
・模試や考査でまちがえたところをノートに書いて、それをすき間時間に復習する。
【政治・経済】
・朝の10分間で新聞を見て、最近起こっている出来事を確認する。
・問題集を繰り返し解く。
【日本史B】
・図説をすみずみまで見て覚えられるようにする。
【英語】
・文法をしっかりおさえてから長文に入る。
・センターの問題を解くときは時間を意識する。

埼玉大学
経済学部(進学)

「学力だけでなく色々な面で成長できたと思える一年」
まず。物事を広く柔軟に考えることができるようになれたと思います。高3の時には何かに縛られたり、頑固なところがあり、そういった考えができなかった。それが失敗につながったのだと思います。しかし、この一年で自分のやりたいことについて考え直し、何が必要で何をあきらめなくてはいけないか、その判断を柔軟にすることができました。それは、小野池で会った友達や先輩、先生方の話を聞くことができたから可能となったのだと思います。また、色々と舐めた考え方をやめられました。自分は今まで挑戦もしなければ失敗もあまりしてこなかったので、大学受験も軽く考えていました。なあなあでやっていれば一応受かるだろうと思っていて直前にやればなんとかなると感じていました。その考えも小野池で周りの友達たちが頑張っているのを見ていまのままではいけないなという気持ちになり、改めることができました。初めは小野池で友達を作る気はなかったのですが今では仲良くなれてよかったと思っています。少し社交性も身に付いたと思います。浪人の一年を有意義なものにできたことをとてもうれしく思います。
モチベーションの保ち方
頑張っている友達を見て自分も見習う
自分の志願校に行きたい理由を明確にする
支えてくれている人のことを考える
科目別勉強法
国語…色々な本を読む。
英語…英単語を覚えて、長文に慣れておく。
社会…一つ一つ覚えるのではなく、樹形図のように関連付けて覚える。
一日の過ごし方
自分は後半から朝早くに小野池に来て夜9時過ぎくらいまで残っていました。
小野池学院のよかったところ
ほぼ毎日開館しているので自分のやる気次第で成長することができる。過去の問題が保管してあるので、たくさん問題演習ができる。
講師の先生へのメッセージ
授業以外でも、数学の問題の解説や、違う解法を教えていただいたり、地理の記述問題の添削やポイントとなるワードを細かく教えていただいたり、現代文、古文、小論文の添削、英作文の添削や異なる表現を教えていただくなど、様々なことで大変お世話になりました。また、メンタルの弱い自分の相談を聞いていただきとても助かりました。

埼玉大学
工学部(進学)

東京薬科大学・薬学部薬学科
芝浦工業大学・工学部

「一年間の浪人生活」
私は予備校に入る前の高3の時は基本も全くわかっていないような状態でした。しかし、予備校ではそのような状態の私でも志望校に合格できるようにサポートしていただき、現役の時よりも偏差値が大幅に上がり判定でも現役の時はE判定だった所がA判定になり自信にもつながりました。特に私は英語が苦手だったのですが授業の中で受験に必要な知識を効率良く教えてもらえたおかげで最終的には志望校に合格するための学力に達することができました。また、現役の時には、考えてもいなかった学部、学科についても予備校に入ってから興味を持つことができとても有意義な一年間であったと個人的には思いました。同学年の知人は、皆大学生活をおくっている中での一年間の浪人生活はつらくなる時もありましたが最後は自分の望んでいた大学に入ることができたのでよい経験となりました。また志望校に関しては、国立に関しては現役のままで私大は浪人してから改めて考え直し、本当に自分のしたい事ができるか、就職についてはどうなのか、国家資格の合格率などを参考に決めていきました。その中では講師の先生にも相談にのっていただいたおかげで受験することを決めた大学もあるので本当に感謝しています。
モチベーションの保ち方
授業が少ない日や休みの日に知人と遊んだり長期休みの時に高校の知り合いと会ったりしていた。
科目別勉強法
国語、社会はセンターのみだったので授業のみ
物理、化学は授業と重問を集中的に取り組んだ
英語は苦手だったので授業と土曜単科を中心に勉強し、空き時間で文法と単語を覚えた。
数学はFocus Goldと予備校のテキスト、プラチカを使って勉強していた。
一日の過ごし方
生活の中心は予備校の授業として考えていたが、夜は早く寝るために基本、授業が終わったらすぐに家に帰り自習という生活をしていた。疑問などは朝、講師に質問していた。
小野池学院のよかったところ
生徒と講師の距離が近く、質問や進路の不安などの相談がしやすくとてもよかった。
講師の先生へのメッセージ
各科目の講師の先生にはとてもお世話になりました。その中でも担任の高木先生や英語の刑部先生には基本から教えてもらうことができたおかげで志望校に合格することができました。

群馬大学
医学部医学科
(進学)

東京理科大学・薬学部薬学科

「受験は団体戦」
「受験は団体戦」、自称進学校の決まり文句と言われるこの言葉ですが、僕は二年間にわたる小野池学院での浪人生活で、この言葉の重要性を実感しました。何度か大手の予備校の講習を受講したことがありますが、生徒同士であったり、生徒と講師間の距離があまりに離れていることに驚きを隠せませんでした。一人で悩みを抱え込んでしまいがちな浪人生活ですが、小野池学院のアットホームな環境のお陰で、ストレスを溜め込むことなく勉強に集中できました。また、ソフトボール大会や英文法王決定戦などみんなで楽しめるイベントがたくさんあるので、つらいと感じることはほとんどありませんでした。同じ場所を目指している人がたくさんいたのに加え、東大などハイレベルな大学を目指す友人がたくさんいたことは、大いにモチベーションに繋がりました。自分1人で合格することなんて絶対にできなかったと思います。最高の仲間と、最高の環境で勉強できたお陰で、最高の結果を出すことができました。小野池学院の先生方、仲間たち、事務の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!そして最後に自信を持ってこう言いたいです。「受験は団体戦」であると。
モチベーションの保ち方
「よく遊びよく学ぶ!!」
ストレス溜めながら勉強しても意味ないので、メリハリをつけて遊ぶときは遊ぶ!!やるときはやる!!あと計算用紙などを、捨てずに家に積んでおくと、努力が視覚化できる。
科目別勉強法
基本的に全ての授業を受けた上で、それを軸として計画をたててください。
数学:河嶋先生、高木先生が膨大な数の問題のストックを持っているので、テキストとそれで充分。
英語:英語は総合力なので、第1志望の入試では課されないような形式の問題も積極的にやる(群大では英作文は課されないが、英作文の授業も全て出席し、添削も出した)。和訳の添削をお願いするべき。単語帳は持たなかった。長文の中で覚える。音読も大事だが、ある程度までいったらやめたほうがいい。目で追うだけで処理できる英語力を。
国語:授業を全て受け、予習復習。自習は単語だけ。
物理:エッセンスを5週ほどして、名門の森。演習として授業。
化学;セミナーを5週ほどして、重要問題集。演習として授業。参考書は照井式解法カードがオススメ。
世界史:流れを整理し、ひたすら一問一答。松村先生の豆知識も全てメモしておくと役に立つ。
あと志望校用の直前講習は絶対に受けるべき。(全教科)
一日の過ごし方
6:30~起床・朝食・移動
7:20~8:00電車
8:10~21:30小野池で勉強
21:40~22:20電車
22:30~夕食・ダラダラ
24:30就寝
※4~8月は電車内で読書、9月~世界史の暗記
小野池学院のよかったところ
先生との距離が近く、自由に質問や添削をお願いできるところ
いろいろな予備校の模試を受けられること。
小林さんのお陰で規律が乱れないこと。
講師の先生へのメッセージ
保科先生:2年間お世話になりました!マークミスなどでいろいろ心配かけてきましたが、本番に合わせて克服できてよかったです!笑 ありがとうございました!
河嶋先生:何度感謝しても足りません!数弱の自分を見捨てないでくれてありがとうございました!楽しく授業を受けれて良かったです!自分がいなくなって寂しいと思いますが、泣かないでくださいね?笑
刑部先生:毎週土曜日、刑部先生と一緒に駅までの道を帰るのが本当に楽しみでした!先生の授業はスピーディーかつコンパクトで、短期間でかなり成長できました!ありがとうございました!
高橋先生:添削などでお世話になりました!先生のお陰で和訳力が格段に成長しました!そして先生の笑顔が大好きでした!変な意味じゃないですよ?本当にありがとうございました!
高木先生:説明会の時、高木先生と面談して、小野池に決めました。何度かお話しさせていただいた時も、その度に気持ちが楽になりました!ありがとうございました!
竹政先生:先生の授業では自分の答案をリアルタイムで添削していただけて、緊張感もある分、かなり力が付きました。授業の合間の雑談も、教養になることが多く、とても楽しかったです!ありがとうございました!

自治医科大学
医学部医学科
(進学)

去年はセンター試験で失敗し受験勉強がうまくいかなかったので、センターが終わった時点で浪人を考えていて、比較的通学時間の短い地元の予備校である小野池で1年間勉強することを決めました。浪人を決めた当初、暗く辛い一年を想像していましたが、実際は自分なりの勉強の仕方を見つけて気楽に勉強することができました。また、勉強以外にモチベーションを保つために息抜きはかなり大切にしていました。前期は授業のコマ数が多く、朝起きれなくて休んだりしていましたが、小野池に行く日は朝早く登校していました。実際に一年小野池で勉強してみて、先生との距離が近く、気軽に相談できるというのは小野池の魅力の一つだと感じました。最後まで応援してくださった担任の先生の存在はとても大きかったです。このような落ち着いた環境の中で1年間目標に向かって努力を続けることができたのは、講師の先生方や、事務の皆さんの様々な面でのサポートがあったからだと思います。1年間本当にお世話になりました。
モチベーションの保ち方
勉強のやる気がでないときはとりあえず寝ていた。モチベーションは保てなかったので途中だらけたが、後半はあせりで勉強せざるを得なかった。
科目別勉強法
数学:授業の予習と復習
物理:「物理のエッセンス」で基本を確認し、授業で問題演習に取り組んだ
化学:試験に知識問題がでることがあったので「新研究」を読み込んだ。計算は授業でやった
英語:過去問をたくさん解いた
国語・地理:センター試験過去問
一日の過ごし方
0~5時:睡眠
5~6時:準備
6~7時:通学
7~16時:授業
16~17時:帰宅
17~20時:TV
20~22時:復習
22~24:睡眠
小野池学院のよかったところ
先生と生徒の距離がちかい
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。充実した時間が送れました。

本音を言いますと、私は絶対に浪人はしたくありませんでした。死ぬほど高校で勉強していたからです。しかし、人生は上手くいかないもので、浪人することになりました。しかし、気の合う友達や優しい講師の先生に出会えたことで結構楽しい浪人生活を送ることができました。毎朝、電車で爆睡していた私を起こしてくれたり、くだらない話につきあってくれたり、一緒に勉強してくれたりと楽しい思い出がたくさんあります。講師の先生方とも楽しい話やタメになる話ができてとても幸せでした。皆さんのおかげでとても辛い受験勉強をなんとか乗り越えることができました。本当にありがとうございました。私は合格体験記を書いていますが、第一志望にも第二志望にも受かっていません。しかし、満足のいく大学には受かりました。大学生活はやはりとても楽しいし、自由です。浪人期間はとても辛いものでありますが、頑張り抜くことが大切です。一年は長いようで短いのであっという間に時間は過ぎます。時々気分転換をしながら計画的に勉強をしていき、確実に合格できる大学を作れるようにしてください。応援しています。
モチベーションの保ち方
気分転換に小野池内を散歩してみると良いと思います。
科目別勉強法
 英…構文や文法、単語などの基礎を夏までに固め、毎日長文を読む
 国…過去問を解きまくって傾向をたたき込む
 数…青チャートを完璧にする
 世…まんがで流れをつかむ
 倫政…過去問を解き、間違えた問題に印をつける
一日の過ごし方
 6:00起床
 7:30小野池で勉強
 11:30友達とごはん
 12:30~21:20勉強
 24:30就寝
小野池学院のよかったところ
質問がしやすい
細かく丁寧に添削をしていただいたこと

島根大学
医学部医学科
(進学)

聖マリアンナ医科大学・医学部医学科
東京理科大学・理工学部

「全落ちからの医学部合格体験記」
去年は私立を含め、受けた大学は全部不合格。今となっては気取っている僕だが、個々に至るまでは苦悩の連続で、決して順風満帆な浪人生活だったとは言えない。序盤は良かったものの秋からはD判定もちらほら、医学部を諦めようかとさえ思った。いくつもの葛藤があった。その度に相談に乗ってもらったりと、実に多くの人に支えられた一年であった。「長年の経験からして、不思議と、最後まできちんと授業を大切にした人が第一志望に受かってるよ。」これは、恩師とも呼べる小野池の数学の先生の言葉で、一年間僕を支え続けた。当然、受験は運である。どれだけ多くの問題をこなしたとしても、本番は紙切れ一枚のみ。それができるかできないかだ。何が実力だ。授業の一回や二回、サボったってなんら変わらない。理解はしているが、僕の拠り所はその言葉しかなかった。だから、僕は最後まで小野池の授業を愚直に信じて、馬鹿真面目に一年間を過ごした。結果、現役時よりセンターは20%も多く取れ、合格できた。こうして今、自分が合格体験記を書いているのも信じられなく、夢にまで見たことであり、またなんとも光栄なことである。去年の涙でくちゃくちゃな顔をした僕に言ってやりたい。“一生のうちの一年なんて誤差だ。浪人生よ、胸を張れ”さあ、次は君の番だ。
モチベーションの保ち方
具体的に自分の将来なりたい姿をイメージすること。去年落ちた時の悔しさ、失望感を思いだし、今年もそうなった時のことを考える!!強烈ですがなんだかんだこれが一番効果大です!!
科目別勉強法
英語…理系だとしても精読することは大切です。小野池のテキストの予習と復習(特に文法)音読&多読のためにソクタンの上級編、Vintage、ターゲット
数学…青チャートの例題全てを完璧にする。テキスト(特に前期)の予習と復習。分からない問題は先生に質問し、必ずその場で理解する。
理科…物理はエッセンスと名問の森。化学は重要問題集。同じものを何度もやると良い!!
国語・地理…小野池の授業とその復習のみ。センターの過去問・予想問題は目標点が取れるまで20年分でも30年分でもやること!!
一日の過ごし方
6:30起床
7:45~21:30小野池
0:00就寝
自分は日記をつけて日々の学習を記録していた。短いスパンでノルマを設定し、少しずつ修正を加えていくというやり方をお勧めする。一年間の学習を記録した日記が、本番緊張してどうしようもなくなったときの何よりの支えになるのでぜひやってみてください。実際に書き出してみると、いかに無味乾燥な一年だったかということが自分でもよく分かった。しかし自分は怠惰な人間だと分かっていたので、慣性を利用して勉強してしまおうと、この生活を一年間死守してきた。それくらいの覚悟を持って挑んでほしい。(エラそうにゴメン!)
小野池学院のよかったところ
講師やスタッフの方が親身になってくださり、メンタル面でとても支えになった。
クラスの人数が少なく、また、球技大会などがあるので、友達がたくさんできた。
駿台や河合、代ゼミ、東進などあらゆる業者の本が気軽に借りられること。
講師の先生へのメッセージ
河嶋先生…医学部講座などに誘っていただき、ありがとうございました。合格を伝えた時に「心配だったんだから」と言われた時、多くの人に支えられていたんだと実感しました。
高木先生…先生の授業が素晴らしいと思い、小野池に決めました。成績が伸び悩み、進路について悩んでいた時も、先生が背中をそっと押してくれたおかげで勇気がでました。予備校が閉まった後でも相談に乗ってくださりありがとうございました。
山田先生…急遽小論文が必要となり、メールを使ってまでも添削していただきありがとうございました。とても面白い授業で楽しみにしていました。
竹政先生、蛇石先生…英作文の添削を何度も快く引き受けてくださり、本当にありがたかったです。
刑部先生…厳しかったが、一生懸命やっている人にはとても力になりました。文法が得点源になりました。
保科先生…面談練習などをしてくださりありがとうございました。直前の地理の予想問題もズバリ出ました。
村井田さん・小林さん・飯野さん…担任ではないにも関わらず、心配してくださりありがとうございました。赤本などをすぐに借りられる状態を整えてくださったので、とても快適でした。
朝清掃をしてくれていたおじさん…「おはよう」の一声が応援されているように感じました!最高の学び舎でした。

上智大学
外国語学部
(進学)

青山学院大学・経済学部
明治学院大学・社会学部

1年前、浪人することを決めた私は1年間頑張り続けることができるのか、結果を残せるのかとても不安な気持ちで浪人生活を迎えました。そして今、浪人して良かったと心から思っています。小野池での浪人生活、私は本当にたくさんの人に支えてもらいました。勉強の指導をしてくれる講師の先生、声をかけてくれる事務の先生、1番近くで、私を信じて応援してくれた母、そしてなにより、一緒に頑張ってきた小野池の友達。みんながいてくれたから合格することができました。私が浪人生活で一番辛かったときは、センター試験が終わった後でした。一番頑張ってきた国語で失敗して、センター利用の目標としていた大学にも合格できそうもなくて…どうして自分はいつも結果を残せないのだろうという気持ちでいっぱいでした。でもセンターで失敗したからこそ私立一般で合格できたんだと思います。センターが終わって、私立の過去問を解きまくりました。そして自分が一番行きたかった大学に合格をいただくことができました。友達と励まし合いながらご飯を食べたこと、試験の帰りの新幹線、出来なくて泣きながら帰ってきたこと、今では全部大切な思い出です。小野池で、だいすきなみんなと頑張れて本当に良かった。ありがとうございました!
モチベーションの保ち方
同じクラスの友達と模試で勝負する。○○点、○○%とる!!!って決める。
科目別勉強法
英語:単語はもちろん早めに、できれば春中に。その後もちょくちょくやる。文法は授業をしっかり+英頻1000をやりました。長文は、受ける大学のやつをめちゃめちゃやる!(最低5年できれば10年以上)
国語:まずはセンター国語をたくさん解く。力がつくと思います。漢字も一冊やると良い。個人的には、私大の国語は答えが割れるのであまり解かなくてもいいと思います。3~5年くらい。
世界史:高校の先生特製のプリントをやりまくりました。地図、年号も確認。
一日の過ごし方
8:30小野池に行く
11:30お昼ごはん
21:20まで勉強
22:20就寝
!息抜きもしてます
小野池学院のよかったところ
講師の先生と楽しくお話しできるところ
生徒のみんなが仲良しなところ
すごく前の赤本が借りられるところ
講師の先生へのメッセージ
ありがとうございました。小野池に来て良かったです♡

富山大学
薬学部薬学科
(進学)

東京理科大学・薬学部薬学科
北里大学・薬学部薬学科

思い返せばこの一年、私は浪人生とは思えないほど楽しんでしまいました。滑り止めの私大に行くつもりで入学金まで払っていた一年前。後期不合格が決まったとき、やっぱり悔しくて急遽浪人を決めました。小野池は高校の友達もたくさんいるし先生も生徒もみんな仲が良く、安心して毎日通うことができました。また、私はかなり背伸びをして東理コースに入れていただきましたが、同じ医療系を目指す仲間に出会えたこと、高いレベルの中で学べたことは、モチベーションや学力を上げる大きな要因だったと思います。もちろん、こんな私にもつらいことは一応ありました。でも、その経験が全て「どうしても富山大学に行きたい理由」を改めて考えるきっかけになりました。悩んだ時間も無駄ではなかったと、今なら胸を張って言えます。泣くほど浪人を毛嫌いしていた現役時代。当時の私には想像もつかないほど、実際には楽しく実りある一年でした。第一志望に執着し続けて良かったです。この一年を素晴らしいものにしてくださった小野池学院の先生方と職員の皆さん、家族、友達、本当にありがとうございました。
モチベーションの保ち方
私のように病むと成績が下がるタイプの人は、縛られすぎずある程度自由にしたほうがいいです。たまにカラオケ行ったり買い物したりお喋りしたり!
科目別勉強法
文系科目…センター演習をとにかく回数こなす
理系科目…模試で間違えた問題やすぐに確認したい公式などをノートにまとめて、自分専用の参考書をつくる。これほんとにオススメです。
一日の過ごし方
6:30起床
8:30~18:30小野池
20:00帰宅 その後ごはんやお風呂でゆっくり
23:30~予習・復習
25:00就寝(遅い)
小野池学院のよかったところ
365日開いているところ!行きたい時に行ける安心感
講師の先生へのメッセージ
学校では教えてくれない入試で使えるたくさんの技を教えていただけてとても役に立ちました!一年間お世話になりました。保科先生の冬期講習のおかげで、足を引っ張っていた地理が最後の最後に得点源になりました。ありがとうございます。

学習院大学
国際社会学部
(進学)

「浪人生だって最後まで諦めなければ伸びる」
合格体験記と書いてあるが、僕はあえて第一志望不合格体験記を書く。そっちの方が現実性に富んでいるからだ。勘違いしないで欲しいのは、小野池を批評しているわけではない。小野池学院にはホームルーム制度と言って浪人生にはまず欠かせない規則正しい生活を送ることが出来るという素晴らしい制度がある。ところで僕が第一志望に落ちた理由だが何個か紹介したいと思う。一つ目は自分の能力を過信しすぎた点だ。自分を過信し受かった後の事を想像していると気持ちに隙が生まれ取り返しのつかないことになる。もう一つはどの教科においても基礎を疎かにして応用レベルに手を出しすぎたことだ。基礎ができていない人が入試レベルの問題を解けるわけがないのだ。しかし浪人したからって第一志望に落ちるわけではない。あくまでこれは僕の体験記だ。最後に、浪人してよかったと思えるかどうかは全て自分次第なのだ。周りが大学に受かっている中でも、自分が犯した過ちに向き合い最後まで粘り諦めなければ努力は必ず報われる。なぜなら僕自身がそれを体験しているからだ。結局合格体験記チックな終わり方になってしまったが、気にしないでください。皆さんの合格を心からお祈りします。
モチベーションの保ち方
常に最悪の事を考えて、危機感を持つ。受かった後のことは受かってから考えれば良い。
科目別勉強法
英語…単語・熟語・長文、覚えられないもの/分からなかったものはしつこいほどやる。
国語…現代文-問題演習、分からなかった問題は納得がいくまで考える
古文・漢文-単語・文法演習、実践演習、とにかく基礎
日本史…教科書、一問一答、Z会の100題、資料集。夏休みまでには完成させとく
一日の過ごし方
0:00~睡眠
8:30起床
9:30~12:00、13:30~17:30、18:30~21:30勉強
21:30~0:00ごはん食べたり単語やったり
小野池学院のよかったところ
生活リズムが崩れない←これ大事

新潟大学
経済学部(進学)

専修大学・経済学部
近畿大学・経済学部

「振り返ってみて」
僕は現役のときに足を大怪我してしまい、他の人よりも受験のスタートが遅れ、予想通り全大学不合格。分かっていたことだったけれど正直つらかった。この状態でまた受験勉強してもしんどいだけだと思ったから、思い切って1週間遊び気持ちを切り換えた。合格してから考えてみるとこの1週間の遊び期間で気持ちの切り換えができたことがよかったのだと思う。第一志望も現役のときと変えるつもりはなかったので目標もすぐできた。「気持ちの切り換え」と「目標がすぐできた」という2つのことができたことが合格につながったと今になって振り返ると思えてくる。
モチベーションの保ち方
適度に遊ぶ
科目別勉強法
暗記科目は前期のうちにやった(社・理)
一日の過ごし方
夜12時までには寝て朝6時にしっかり起きる
その他
体調管理をしっかりとする
小野池学院のよかったところ
自習室がたくさんある
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

東京学芸大学
教育学部(進学)

文教大学・教育学部

この浪人生活は長いようで短い1年間でした。高校時代、部活に夢中になっていた私は勉強を疎かにしていたため基礎ができておらず受験期になっても点数が上がりませんでした。合格するはずもないのに志望校を変更せずに受けたため浪人することになりました。最初は大学に合格した人たちの話を聞いているとうらやましくて、志望校を下げればよかったと思うこともありました。でも、この小野池に同じ高校、部活の子がたくさんいたり、新しく友達ができたり、なにより解る問題が増えることが嬉しくだんだん浪人したことは間違いではなかったと思えるようになりました。特にわかるようになったのが日本史です。高校の二年間やってきたはずなのに、全然理解できていなかった自分にあきれながらも、そのおかげで新しい発見が多くたくさん吸収でき点にもつながっていきました。この1年で本当に何度も思ったことは、あの高校の授業の理解度のままでギリギリでも志望校にひっかからなくてよかったということです。あの状態で大学生活を送っていたら今頃ついていけなかったでしょう。これからどんな生活がまっているか分かりませんが確実に去年より自信がついているし心に余裕も持てています。1年間やり直す機会をくれた親、助けてくれた友達、そして小野池の皆さんに感謝です。
モチベーションの保ち方
休日もなるべく小野池に行って「大学合格」という同じ目標を持っている人たちの中で勉強すること。
科目別勉強法
国語:苦手科目なので、たくさんセンター形式問題を解いて慣れることを重視
数ⅠA:苦手科目を補える点数が取れるよう、センター対策に加え、青チャートで筆記の問題も
日本史:くり返しやらないとすぐ忘れるので、古代~現代の流れにそって問題を解いたり教科書を音読したりまとめたり、たくさん書いて読むことをしたら、点数大幅にUP
理科基礎:間違えたものをくり返し解いて覚える
英語:苦手科目なので、単語や文法から参考書を使って勉強することは最後まで続けた。苦手意識をなくすために英語の短い本や文章を毎日読んだ。
一日の過ごし方
6:00起床
7:40~18:00小野池
19:00~0:00帰宅・実技の練習・勉強
その他
現役の頃には分からなかったものが理解できて、問題を解けるようになることがやっぱり嬉しい。志望校に合格できると1年間無駄ではなかったと思えます!!
小野池学院のよかったところ
講師室が学校の職員室より入りやすく、質問もしやすかったこと
毎日自習室が使えること
講師の先生へのメッセージ
1年間支えてくださりありがとうございました。相談をすると親身になって話を聞き、アドバイスをしてくださったことが本当に力になり、嬉しかったです。大学4年間充実した日々を送れるよう、これからも頑張ります!!

新潟大学
法学部(進学)

「やればできる!の気持ちを持って」
浪人する際に重要なことは、いかにモチベーションを維持し続けることができるかということが重要になってくると思います。特に、あまりネガティブな事ばかり考えていると不安や焦燥などによって精神が保たなくなってしまうかもしれません。もしかしたら、デフレスパイラルみたいになってしまうかもしれません。そうなってしまうと最悪ですね。なので、とりあえずポジティブシンキングで過ごした方が、精神的には良いと思います。ただ、ポジティブであることは慢心することではありません。慢心すると結果というのは良くならないものです。(よく言われることですが)なので驕ることなくしっかりと勉強しましょう。特に英単語は覚えれば覚える分英語が読めるようになってきます。
モチベーションの保ち方
受験を終えたらやりたいことについて考える。
科目別勉強法
英語・古典は単語を覚える
日本史は流れで覚える
倫政は関連付けて考えるとわかりやすい
一日の過ごし方
基本的に小野池
帰って単語などをやる
昼休みに散歩
小野池学院のよかったところ
近い。高校の時と生活ペースをあまり変えずにすんだ。
小野池学院へのご意見
良い学校でした
講師の先生へのメッセージ
今までありがとうございました。

明治大学
経営学部(進学)

専修大学・商学部
専修大学・経営学部

「ひたむきに、前だけを見た一年」
2017年3月、高校を卒業すると同時に降りかかってきた敗北感。浪人を終えた今考えると、この感情が自分を合格に導いた根源だった。受験勉強をするにあたって、精神面はモチベーションを含めて大いにかかわってくる部分だと思う。浪人を始める前に自身の負けを認め、未熟さを考え、自分の伸び代を理解することでやる気を持続させ、ひたむきに勉強することができた。一番辛かった時期はセンター直前、スランプに陥り過去問を解くたび点数が悪くなっていった。しかし、毎日過去問を解くと決めていたので悪化する点数を見ながら断行し続けた。これは結果論となってしまうが、あそこで放り投げていたら合格はなかったのかもしれない。幸いなことに、僕は周囲の友人にも恵まれた。受験生同士で良い友好関係を築いていくのは難しい。お互いに時間を気にし、心への気づかいを忘れず、士気を高め合えるような仲が必要だと思う。最後に、受験生に一番伝えたいことがある。それは、謙虚な心を常に持つことです。正直、これは受験に関係なく大切なことだと思う。いくら成績が伸びたって、驕り高ぶったような態度を示せばその後の成長は期待できない。受験勉強を通して、ただ学力だけを向上させるのではなくて、人間性も含めて成長してほしい。
モチベーションの保ち方
小野池の中で自分が一番勉強ができないと思って勉強する
科目別勉強法
英語は7月までに文法・語法・単語の暗記をすませておく。長文は声に出して読む。
国語は本を読むことで速読力が身についた。
一日の過ごし方
昼寝は15分。あとはひたすら…。
徹夜はしない。12時に寝て5時に起きる。
小野池学院のよかったところ
先生との距離が近く、分からないところをすぐに解決できるところ。赤本がいっぱいある所。
講師の先生へのメッセージ
言葉足らずな質問でも快く教えることに務めてくれて助かりました。本当にありがとうございました。

中央大学
商学部(進学)

法政大学・経済学部
武蔵大学・経済学部

僕は今年中央大学と法政大学から合格をもらうことができました。他の大学からももらいましたが書きません。ここでは僕の浪人生活がどのようなものだったか書きたいと思います。僕は1年前の受験ではマーチ、日東駒専、獨協、高経などの大学を計9個受けすべての大学に落ちました。現役のセンターは私文3科目で53%でした。しかし浪人して英語と日本史は9割近くまで上げることができました。僕はいつも模試で極度の緊張、不安やプレッシャーで試験中に頭の中が真っ白になってしまうことがよくありました。そのせいで試験ではいつも実力が全く出しきれず、判定もだいたいどの大学もE判定ばかりで、努力が模試の結果に反映されず本当につらく苦しくてとてもくやしい思いをしました。いまでは思い出すだけで笑ってしまうほど病んでいたし、いろんな人に恥ずかしくなるくらい悩みを相談しまくってました(笑)でも今ではその悩みも笑い飛ばせるようになっていることを本当に幸せに感じます。支えてくれた人達がいなければ僕は絶対に第1志望に合格することはできませんでした。スマホを解約したこともよかったです。現役時代がどんなに頭が悪くても本気で努力すれば逆転は出来ると思います。小野池ですごした一年間は本当に価値のあるものになりました。
モチベーションの保ち方
負けたくないライバルを心の中で1人決める
科目別勉強法
日本史→実況中継をやりこみまくりまくる。
英語→単語帳は鉄壁を使い、文法はフォレストを使いました。あと寝る前に速単の文章を毎晩1section30回ずつCDを聞きながら音読しました。一つの文章を文構造を意識しながら精読と音読をくり返すことで力がついたとおもいます。
一日の過ごし方
7時に起きる。朝9時から夜の9時まで小野池。帰宅してから1~2時間勉強。ねむくなったらねる。
その他
ツライと感じるのはそれだけ自分の受験に真剣に取り組んでる証拠だと思います。たくさんツライ思いをして下さい。さんぽがとっても大事
小野池学院のよかったところ
みんなではげましあいながら勉強できる。
教師との距離が近い。
講師の先生へのメッセージ
1年間支えてくださりありがとうございました。本当に感謝しています。

法政大学
法学部(進学)

「残念ながら不合格です。」一年前この文字を何回見ただろうか。第一志望の大学は不合格。滑り止めとして受けた大学、さらにそのすべり止めの大学も不合格。慌てて出願した中期や後期も不合格。でもどうしても大学に行きたい。そして高校の先生に小野池を紹介してもらい私の浪人生活が始まりました。浪人生活はつらく厳しいものだと思っていました。しかし、私は浪人しているときも今振り返ってみてもあまり辛く感じませんでした。それは同じ境遇にいてお互いに励まし合い高め合える友達や、なんでも相談できる先生がいて一人じゃないと思えたからだと思います。現役の時に受験に失敗したけど小野池で浪人して精神的に強くなり、貴重な経験になりました。一年間ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
友達を作って、何時までやるか決めて一緒に帰ったり、大学生になったらやりたいことなどをたくさん話した。
科目別勉強法
英語:単語と文法中心。長文は、12月頃から赤本でやる。長文は授業がとても分かりやすかったので、授業の予習・復習だけでも解けるようになった。
国語:現文は授業の予習・復習。古文漢文は単語と文法。
政経:ひたすら1問1答をやり、センター後に問題集をやった。
一日の過ごし方
朝は少し早めに来て、朝テストの最終確認。授業に出て20時まで自習。
小野池学院のよかったところ
自習室が毎日あること。先生に気軽に相談できること。
講師の先生へのメッセージ
一年間ありがとうございました。

群馬大学
理工学部(進学)

「合格への軌跡」
この1年間は高校生活よりもつらく、そして充実した1年間でした。最初は勉強しても思ったよりも伸びない日々が続きました。ですが講師の方の授業がとても分かりやすく、質問しても分かるまで徹底して教えてくれました。そういった講師の方と共に勉強できたからこそ、自分は合格できたんだと思います。小野池学院の皆様、今まで本当にお世話になりました。
モチベーションの保ち方
友達と話し合い自分の現状を理解する。
科目別勉強法
数:勉強量は必須。公式は一から組み立てられるようにする。
英:分からない単語を文章の意味から判断できるようにする。
化:解き方が身につくまで反復。分からない化学式はなくす。
一日の過ごし方
小野池で記述の勉強をし、添削してもらい、家でその問題を解き直す。そしてその解き直しを添削してもらう。このサイクルを徹底してやりました。家では暗記類をやることをおすすめ。
その他
受験を一人で乗り切るのはつらい。ソフトボール大会などで交流を深め、共に受験を乗り切る仲間を作ろう。
小野池学院のよかったところ
高崎にあるので通学が大変便利。講師との距離も近いので、すぐに話を聞ける。

群馬大学
教育学部(進学)

「浪人ツライ」
自分は大学に合格するまでに二浪しました。正直、大学入試を舐めていた部分がありました。二浪してようやく自分の実力が足りていないことに気づきました。そして、一年間小野池で真剣に勉強して合格することが出来ました。自分がしたことはとても簡単で、基礎をおさえることと、授業を理解しようとすることでした。分からない科目・分野は基礎が身に付いていないのであって、その状態で勉強しても現状は変わりません。しかし、基礎さえおさえてしまえば今まで分からなかったものが驚くほど分かるようになりました。そうすることで授業の理解もスムーズになり、成績も上がりました。こんな簡単なことを、何故今までやってこなかったのかととても後悔しました。そして、無事大学に合格できたときはとても嬉しかったです。自分が合格したことを身内以外の様々な方々も喜んでくれて、自分はこんなに多くの人に思われていたのかと思いました。自分は大学では真面目に勉強していこうと思っています。この浪人という経験は自分にとって忘れられないものになりました。
モチベーションの保ち方
周りの仲間たちと適宜コミュニケーションを取ること
科目別勉強法
基本的に、小野池の授業をしっかり理解できれば重要なところはおさえられるはず。しかし、自力で理解が追いつかない部分は先生に聞いて少し重点的にやること。あと、基礎をおさえること。
一日の過ごし方
朝から晩までみっちり勉強ですが、食事を友達とすると良いと思う。
その他
受験は一人で闘うよりみんなで闘う方がより各々の力を引き出せると思うので、勉強も大事ですが、周りといい関係を作るのも大事だと思う。
小野池学院のよかったところ
授業が要点をおさえている。先生に相談できる。仲間と支え合い競い合える。
講師の先生へのメッセージ
とても内容の詰まった授業や相談にのってくれたこと、とても助けになりました。ありがとうございました。

群馬大学
教育学部(進学)

文教大学・教育学部
東京理科大学・理工学部

私は国公立二次は数学一科目しか使わないセンター重視の大学を目指していたので、センター対策に重きをおいて勉強しました。そのため、まず基礎固めをしました。小さな事でも疑問を持ったらすぐに講師の先生方の所へ行き、質問をして理解を深めていきました。小野池の講師の先生方はとても優しく、丁寧に分かりやすく教えてくださるので、進んで質問をするのをお勧めします。また講師室には先輩方が寄付してくださった大量の参考書があります。夏休みにはそれを利用して、センター演習を重ねました。秋は現役のころと違い、プレッシャーや失敗したイメージがあり精神的に辛かったです。でも、そんなときに先生や友達と話をして気持ちを入れ替えることができました。また自習室へ行き皆が勉強している姿を見て、モチベーションを高めたりもしました。朝早くから遅くまで使用できることもとてもよかったです。最後に受験は一年と、とても長いです。辛いこともなげだしたいこともあると思います。そんなときは適度に体と心を休ませながら、最後まで諦めず頑張ってください!
モチベーションの保ち方
自習室へ行って皆が勉強頑張っている姿を見たり、適度に休んだりしました。
科目別勉強法
国語:古典が苦手で先生からオススメされて東大の古典の赤本の現代語訳を読んでました。
数学:授業の予習・復習をして、Focusなどで類題演習をしました。
地理:地図に書いたりして場所も同時に覚えました。
生物:ひたすら図をかけるようにしました。
化学:苦手だったので模試の間違えた問題をまとめたノートを作り何度も問題を解きなおしました。
英語:先生に質問し、間違えたらノートにまとめる。
一日の過ごし方
通学中40分くらいあったので、単語・文法・朝テストの勉強しました。昼休みは、友達と楽しく話したり、先生に質問してました。家では予習復習をしました。
小野池学院のよかったところ
講師の先生がやさしく、丁寧に教えてくださる。
問題集がたくさんある。
お正月も開いてる!
朝から講座があるので生活リズムが乱れない!
講師の先生へのメッセージ
1年間ありがとうございました!!

群馬大学
教育学部(進学)

明治学院大学・心理学部

「後悔しないように」
今年一年を通して模試での結果が非常に良く、成績も伸び続けたのでとても嬉しかったです。自分や親だけでなく、講師の先生も一緒になって喜んでくれたので喜びも一入でした。しかしセンターで大コケしてしまい、とても焦ったのですが、先生方が親身に併願先を考えてくださったり、励ましてくださったので早期に気持ちを切り替えることができました。授業以外でのサポートもしていただけるのでとてもありがたかったです。進学して大学生活を送っている友人を見ていて辛くなることが多々ありましたが、「今年踏ん張れば来年は私も」と思うことで乗り切りました。私はセンターで失敗しても合格することがなんとかできましたが、そうでない人もいると思います。たとえセンターで失敗して不合格という結果になっていたとしても、私は後悔しません。私が一年通して頑張ってきたことは無駄なことではないし、大学で、さらには社会に出た後役立つことばかりだからです。来年の結果はどうであれ、後悔が残らないように頑張り続けて欲しいです。
モチベーションの保ち方
ずっと勉強し続けても集中できないので、時間を決めて息抜きをすることが大切。やる時とやらない時のメリハリをきちんとつけることで効率的に取り組める。
昨年の悔しい気持ちを思い出しつつ、合格した時、その後の自分を想像して頑張る。
科目別勉強法
英語:単語は毎日コツコツ取り組む。慣れが必要な問題が多いので、毎日少しでも解く。センターの英語は解き方のコツがあるので、本番でとまどわないように練習しておく。
数学:何度も解いていると、解答の手順やパターンが見えてくるので、まずは基礎から固めて実戦問題に取り組む。
政経:教科書や参考書、新聞などを読んでわからない言葉があったらすぐに辞書で調べてメモしておく。また、関連している事柄なども同時に調べる。
一日の過ごし方
毎日決まった時間に寝て起きる。夜も11時くらいには寝て早起きする。(センターは朝早いから)焦っても睡眠時間は削らない。
その他
進学したい大学の情報はこまめに調べておく。(昨年とは出願方法が変わっていることなどがある)予備校で友達を作ってもいいと思うけど、自分の勉強する時間を削ってまで話したりしないように気をつける。高め合えるような友人を得られればいいけれど…
小野池学院のよかったところ
ライブ授業なのですぐに質問したりできる。
赤本や参考書、問題集などがたくさんある。
毎週英単語、文法、古典単語などのテストが合って自分の出来が確認できるところ。
講師の先生へのメッセージ
授業ではもちろん、休み時間等も質問に答えてくださったり、プリントや資料をいただけてとてもありがたかったです。勉強のことだけでなく、心配なことや不安なことの相談に乗ってくださったおかげでがんばることができました。本当に感謝しかないです。ありがとうございました!

群馬大学
教育学部(進学)

國學院大学・人間開発学部

「群大浪人生へ向けた文」
センター試験で思った程の点が取れず、あえなく志望校を私立含めて全部落としてしまったのが去年の春。普通科の高卒生が就ける仕事なんてたかが知れているので、自分の学力と志望校を照らし合わせた結果、小野池学院に通うことになった。浪人生としてまず初めに手を付けたのは、苦手としている科目の点数を引き上げること。得点がほとんど頭打ちに達している得意科目は頑張って勉強しても点数の伸びは小さくなるので、それだったら苦手科目を同じ労力をかけて勉強した方が点の伸びが良い。私は数学が大の苦手だったので、数学と他の全教科の比率が1:1になるほど数学を集中して取り組んだ。また、小野池では高校と同じように、河合やベネッセなどの企業が行なっている模試を受ける。ここで常に心掛けておくべきことがある。それは、浪人生は現役生よりも一年長く受験勉強をしているのだから、模試の結果は良くて当たり前だということだ。新年度始まって最初に受ける模試は大体A判定かB判定になる。ここで安心して気が抜けてしまうと、これ以降の成績が伸びずに最終的に去年と同じような結果になってしまう…ということになってしまうので、絶対に気を抜いてはいけない。最後に、群大文系くらいならセンターがC判定でも二次で十分挽回できる。ていうかできた。
モチベーションの保ち方
現役生の時、志望校に落ちた自分の惨めな姿を思い出す。
科目別勉強法
群大文系なら数学の発展的な問題は出来なくても良い。でも基礎~標準は何が何でも出来るようにする。公式を暗記して、解き方のパターンを覚える。
一日の過ごし方
小野池の授業は、他の浪人生も同じように受けるし、現役生は高校で授業を受けているので、授業だけでは差をつけにくい。授業が終わる17:20から校舎が閉まる21:30までにどれだけ勉強できるかが鍵。浪人生だからってあまり遅くまで勉強せずに、睡眠はきちんと取る。理想は23:00~5:00の6時間。
その他
彼氏・彼女をつくるな。そんなもの大学に入ってからつくれる。
ゲームをするな。一年の辛抱だと思って親に預けるなりなんなりしろ。
スマホをやめられれば最良なんだろうが、今はガラケーは手に入りにくいんだよなあ。
小野池学院のよかったところ
自習室がいつでも開いていること。
講師の先生へのメッセージ
一年間お世話になりました。元々は不本意な結果から行かざるをえないからといった理由で来ていましたが、今となっては浪人生として過ごした一年も、大事な人生経験の一部となったなあと思っております。私には妹が2人おりますが、もし彼女らがここに通うことになったときは、よろしくお願いいたします(笑)

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

白鴎大学・法学部

「浪人生活を経験して」
私は、この1年苦しいことが多かったです。私は、英語が本当に苦手で英語の点数をどう上げるかを重視して勉強してきました。志望校は、ぶれなかったので、目標が定まっていました。ですが、英語がなかなかのびず、判定も良くありませんでした。英語の成績が伸びたのは、12月の模試でした。それまで、全くのびてこないので、不安と自分に対する不信感でいっぱいでした。英語だけでなく、他の教科も勉強しなくてはならないので苦しかったです。やっと結果が出たときは、うれしいのと安心しました。本番は、あまりいいと言える点数ではありませんでした。第一志望の判定は、前期C、後期Dでした。ですが、私は、第一志望の大学に出願しました。前期までは、必要な科目のみを集中して勉強していました。が、前期は不合格でした。その後の後期までの約1週間は、1日1つ小論文を書いて、先生に添削してもらうという流れをくり返していました。そのおかげで後期で合格することができました。先生達は、生徒それぞれのことを考えてくれています。質問しても丁寧に親身になって答えてくれます。少しでも分からないことがあれば、すぐに質問してください。この1年は、私にとって大切な1年となりました。ありがとうございました。
モチベーションの保ち方
1日の中のどこかで好きな音楽を聴く
思いっきり笑う
科目別勉強法
日本史:一問一答を漢字で書きながらやる
英語:単語帳はいつも持ち歩き、調べたり書き込んだりする。同じ問題集を何度もやる。
一日の過ごし方
朝~夕方:勉強
帰りの電車…ケータイのアプリを使った勉強(英単語・古文単語)、音楽を聴く
帰宅後~寝る前…勉強(次の日の予習)
その他
前日の寝る前~帰りの電車までは携帯の電源は切ってました
小野池学院のよかったところ
先生方が質問に対し丁寧に答えてくれる
講師の先生へのメッセージ
1年間お世話になりました。おかげで、最高の結果で終えることができました。最後まで応援してくださり、ありがとうございました。

東北大学
工学部(進学)

「変わりたいと思うこと」
簡潔ですが、現役の時に自分に欠けていたものが小野池での浪人生活を通じて、受験勉強の中で見つけることができて良かったです。これからの自分の人生にここで得たものを最大限活かして、とりあえず第一歩ということで、大学生活を全うします。皆さんありがとうございました。
モチベーションの保ち方
やる気がなくても、とりあえず1ページずつ強引に進める。
些細な失敗をしても気にせず忘れて、目の前の作業に集中する。
100%合格できる状態をキープして自分に自信を持つ。
科目別勉強法
日常の生活を受験勉強に専念できる構造にして、それを保守し続ける。やる気がでるような環境を作る。
理数は、まず問題集の答えを通読して、その場で問題を解けるようにする。次に二週目で確認をするように復習する。(個人的に、一冊を完璧になるまで繰り返し解き直す方法は作業が単調で飽きやすく、つまらないので記憶に残らないと思った。)
小野池学院のよかったところ
駅に近くて、赤本や模試問題を大量に持っているところ。
自由度が高く、自分の好きに受験勉強させてもらえる。
講師の先生へのメッセージ
一年間、お互いにお疲れ様でした。皆様のご健勝とご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

筑波大学
人文・文化学群
(進学)

「2年間のブランクを経ての浪人生活」
私は2年間大学に通いましたが、学科とやりたいことがどうしても合わないため退学し事実上三浪として浪人生活を送ることとなりました。ブランク期間中に当然忘れていることも多くありましたので、5月くらいまでは基礎を詰め直すことに終始しました。難易度のためでもありますが、7月進研模試ではその時点での第一志望にA判定が出るようになりました。しかしその後の模試は伸び悩みが出始めまさに「秋に伸びない浪人生」の典型例となってしまいました。この原因は、苦手な数学を放置してしまったことで、模試が進むにつれ難しくなる問題に対応できなかったということでした。苦手教科は遅くとも夏休みまでに潰しておくと気持ち的にも楽に向かっていけると思います。センター試験では数学に足を引っ張られて志望校にギリギリB判定の所になってしまいました。ここで、センターB判定だが苦手な数学を二次でも使う第一志望から、センターC判定だが得意な日本史を二次で使える第二志望の大学へ変更したことが功を奏したと思います。第二志望校は例年より倍率が高かったですが、落ちついて臨むことができました。ブランクがあり厳しい所からのスタートでしたが、やることをやれば結果はついてきます。合格できて本当に嬉しいです。
モチベーションの保ち方
正直、自分だけでモチベーションを維持するのは難しいです。家族でも友達でも、あるいは先生でも相談してみて、外部から動機づけを得ることも考えてみましょう。
科目別勉強法
日本史:授業で習うもののほかに、学校で使うような学習ドリルを一冊買って並行して進めると良いです。センター、国公立の日本史では、教科書に載っていないような極端な問題は出ないためです。私大を受ける人は、過去問だけでは演習の絶対量が少ないため、細かい問題もある一問一答や先生に頼んで出してもらった問題をやりましょう。
倫理政経:一問一答ができるだけでは解答しきれない問題が多いので、とにかく演習量が必要です。
一日の過ごし方
朝:数学などの思考力を使う問題をやります。目を覚ますためでもあります。
午後:国語、社会、理科の(私は)スラスラととけるものをやります。ねむくなっているときにはわざわざ難しい問題をやって負担をかけないようにします。
夜:英語をやります。寝る前にやったことが長期記憶に最も残りやすくなるため、スマホ等はいじらずに就寝しましょう。睡眠時間はパフォーマンスに直接影響するので、徹夜はしてはいけません。
小野池学院のよかったところ
特に座席指定の自習室は周りが静かで、皆集中しているのがこちらにも良い影響を及ぼしてくれたと思います。また担任の先生が身近で様々なことに気軽に相談に乗っていただけるのがありがたかったです。
講師の先生へのメッセージ
林先生。今思うと、数学を教わりに行けば良かったです。健康など些細なことの相談にも乗っていただきありがとうございました。人より3年分遅れてしまっているので、それを取り返せるよう頑張ります。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

私の経験は多くの方にとって参考にならないとは思いますが、私と同じ状況の方がいるかもしれないと思い、体験記を書かせていただきます。私は高校1年の時から体調を崩していたため、浪人することが前提でした。さらに高校3年になってから文転を決め、浪人中にも10月に体調が悪化し数か月間授業を欠席するなど、大学に合格するどころか試験を受けられるのかさえ怪しい状況でした。そんな私が志望校に合格することができたのは、小野池学院が受験に専念することができる環境だったからです。どの授業も分かりやすく、毎回必ず得るものがありました。先生方も私の質問や相談に時間を惜しむことなく丁寧に対応してくださったので、自分の将来について熟考することができ、浪人中に志望校と志望学部を変更するという大きな決断に踏み切ることができました。小野池に入学して良かったと心から思います。ありがとうございました。浪人中は焦りや不安が常にありますが、決してそれらに負けないでください。そして自分に真摯に向き合って本当にやりたいことを見つけてください。その先に志望校合格が見えてきます。皆さんの合格を願っています。
モチベーションの保ち方
目標を立てて勉強することが大切です。「志望校に合格する」という大まかなことではなく、「次の模試で合計点を20点アップさせる」とか「文法の小テストで満点を取る」など具体的な目標を立てると良いと思います。
科目別勉強法
英語…使用する参考書は1冊にしぼり、その1冊をとことんやり込むと良いです。
数学…フォーカスゴールドの例題をくり返し解きました。
国語…現代文・古文のどちらも授業の予習・復習をしっかりやることが大切です。
社会科目…単に1つ1つの用語を暗記するのではなく、体系的に覚えていくようにすると定着しやすいです。
理科科目…授業の予習・復習が何よりも大切です。
一日の過ごし方
生活リズムを整えることが基本です。毎日同じ時間に起床・登校・勉強・就寝するよう心掛けました。また、日付が変わる前には寝るようにしていました。
その他
浪人するのは恥ずかしいと考える人がいますが、それは大きな間違いです。浪人期間は自分の進路や将来についてじっくり考えることができる贅沢な時間です。この機会を無駄にしないよう、一年間頑張ってください。
小野池学院のよかったところ
先生と生徒の距離が近く、質問や相談がとてもしやすかったです。
小野池学院へのご意見
小野池学院だからこそ、ここまで受験に集中できたのだと思います。感謝しています。
講師の先生へのメッセージ
休んだ授業のプリントをくださったり、欠席した模試を自宅で受験できるように手配してくださったりとたくさんの先生や事務の方にお世話になりました。特に担任の林先生には進路や体調について親身になって相談に乗っていただきました。本当にありがとうございました。

高崎経済大学
地域政策学部
(進学)

獨協大学・経済学部

最初は埼玉大学を目指して勉強をしていました。しかし、浪人生活は辛く、勉強に集中できない日々が続き成績も上がらずで焦りも出てきて浪人の厳しさを痛感しました。それでもなんとか勉強してきて群馬大学まではA判定をもらえたので志望校を群馬大学に変えました。そして迎えたセンター試験で国語を失敗してしまいここで志望校を高崎経済大学にしました。センターが終わってからは赤本とにらめっこの日々を過ごして、たくさん解いたおかげでなんとか高崎経済大学に合格しました。勉強を余分に1年勉強してきて何やってんだろうと良く分からなくなった時期もあったけどこれも良い経験になったのかなと思います。とりあえず大学生になれるので良かったです。
モチベーションの保ち方
1ヵ月に1,2回この日は息抜きする!っていう日を決めてそこまでは頑張ると決めてから勉強する。
科目別勉強法
国:単語などの基本的なものを早く終わらせ長文をたくさん解く。
数:応用を解く
社:時代の流れで覚える。(日本史B)
理:基礎科目はやることが多くないからすぐ終わらせて色々な問題を解く。
英:とにかく単語と文法。ここができないと始まらない。
一日の過ごし方
平日は授業があるのでいつも通りHRから行って21時までいる。休日は土曜は9時くらいに来て19~21までいて家に帰ったら勉強はしない。日曜日は少し勉強して運動をメインに1日を過ごした。
小野池学院のよかったところ
ライブ授業なので分からなかったら後で先生に聞きに行けること。面談が定期的にあるところ
講師の先生へのメッセージ
1年間受験勉強のサポートをしていただきありがとうございました。おかげ様でなんとか大学に受かることができました。

大阪府立大学
工学部(進学)

静岡大学・工学部

「最後まで諦めない」
現役生のとき、前期の不合格を確認したらすぐに小野池学院への入学を決めました。浪人の1年というのは長いようであっという間なので浪人を決意した方は後悔をしないように全力を尽くしてください。勉強方法は人それぞれだと思うので僕から言えることは特にないですが問題集を数冊に絞ってそれを徹底的にやり込むと良いと思います。思えば1年間色々なことがありました。模試の結果が悪くて落ち込んだり、模試をさぼったり、授業が終わってから友達と夜中まで遊んだり… 僕は前期試験で不合格となってしまいました。合格発表の次の日が中期試験だったのですが北大に落ちてショックを受けた僕は府大なんてどうせ落ちるんだからわざわざ大阪まで行きたくないと言って試験を放棄しようとしました。しかし、親や事務員さんに説得されてしぶしぶ受けに行きました。そんな状態で受けた試験なのでまさか受かってるとは思ってなく、合格発表で自分の番号を発見したときは見間違えかと思い何度も確認してしまいました。あのとき受けに行かなかったと思うと今でもぞっとします。だから最後まで諦めずに頑張ればもしかしたらもしかするかもしれません。
モチベーションの保ち方
友達と遊んで息抜きをする。
科目別勉強法
 国立理系の人は国語と社会の対策を怠らないようにしてください。
一日の過ごし方
7:00~8:30自習
9:00~16:00授業
帰宅 19:00~12:00自習
その他
予習・復習をきちんとしてください。
小野池学院のよかったところ
先生との距離が近い。
小野池学院へのご意見
1年間ありがとうございました。
講師の先生へのメッセージ
1年間ありがとうございました。特に、数学・物理・化学はこの1年で大きく伸びたと思います。