高卒生コースお申し込み

現役合格コースお申し込み

資料請求

ホーム > 高卒生コース

高卒生コース

高卒生コース

来春の第一志望校合格を志し、これからの飛翔を決意する受験生の皆さんを、小野池學院は妥協することなく、親身に指導・支援していきます。

小野池の授業は、映像ではなく実際に講師が行うライブ(対面)授業です。そして、親身で熱心な専門の講師ばかり。大手予備校に出講している講師も多数います。迫力のあるライブ授業は“わかった!”と納得できること間違いなしです。また、ライブ授業の最大のメリットは、一方通行ではないということです。担当講師が生徒の顔つきを見ながら、時には質問しながら授業を進めますので、生徒の皆さんが理解しているかどうかがわかります。わかっていると思われるところはさっと進みますし、大事なところやわかっていないと思われるところは繰り返し説明することができます。

小野池の授業の最大の特徴は、実力別授業です。特に4月の授業スタート時は、生徒一人ひとりの実力に差があります。そこで、基礎力判定テストの結果によって、「難しすぎてついていけない」とか「簡単すぎてつまらない」といったことのないように、英語と数学の授業を「発展」、「標準」、「基礎」の3段階に分けて行います。もちろん、授業クラス判定テスト、模擬試験の結果により、授業クラスは移動します。

大学入試は全国の受験生との真剣勝負です。それに打ち勝つためには、できる限り「勉強時間を確保すること」が大切です。小野池では土曜日にも、コース、習熟度、目的別に「特設単科」を設置しています。
  • ●受験英語基礎特訓講座「弱点克服 基礎英語」
  • ●受験英語基礎特訓講座「英語ステップラダー」
  • ●センター英語特訓講座「センター英語」
  • ●実戦英語力確立上級講座「GMARCH英語長文」
  • ●実戦英語力確立上級講座「国公立大学2次対策英語ゼミ」
  • ●実戦英語力確立発展講座「マスター英語」
  • ●受験数学基礎特訓講座「弱点克服 数学ⅠA」
  • ●受験数学基礎特訓講座「弱点克服 数学B」
  • ●センター数学特訓講座「センター数学ⅠAⅡB」
  • ●理系数学総合力確立講座「国公立大理系数学」
  • ●医系数学対策講座「医学科数学」
  • ●理系数学発展講座「理系アカデミー数学」

小野池の授業時間は1コマ=50分です。だから集中力が持続できます。長年、受験生を指導してきて、一番効率的な授業時間だと確信しています。経験豊かで確かな受験ノウハウをもつ講師が密度の濃い授業をテンポよく展開していきます。

小野池は一人ひとりを大切にしている予備校です。皆さん一人ひとりを確実に第一志望合格に導くため、小野池ではクラス担任制をとっています。さまざまな希望をもつ受験生を合格に導くには、専任のクラス担任が皆さん一人ひとりの成績だけでなく、性格や将来の希望などを把握し、いつでも気軽に相談できる環境が必要不可欠です。

小野池ではホームルームを実施しています。授業自体は毎朝9時から開始になりますが、その前に皆さんの「授業を受けるぞ!」という態勢を作るため、予備校側からは皆さんの出席確認、連絡事項の徹底のために行っています。各種テストも実施します。「早起きは三文の得」以上の効果があります。

 小野池では、授業の内容がどのくらい自分のものになっているかを確認し、その補強・定着を図るため、演習やチェックテストを実施しています。
また、ホームルームの時間を利用して、英単語、漢字、古文単語テストなどを実施しています。たとえ1日10分でも、継続して積み重ねていくことが年間での大きな成果に繋がっていきます。

1年間、皆さんを志望校に合格させるため、保護者への連絡はもちろん、年6回(4、6、7、10、12、1月)の面談(うち2回は保護者も交えた三者面談)を行い、志望大学の選定等に必要な情報提供やアドバイス、学習方法等の相談・指導を行っています。

小野池では、6月と11月に保護者対象の入試動向説明会を実施しています。年々変わっていく入試のシステムや傾向を保護者の方にも理解していただき、生徒の皆さんと一緒に大学合格を勝ち取っていただくためにはどうバックアップしていけばよいかを考えていただくことが大切だと考えています。

自習室は、順番待ちや予約なしで利用できるように十分な席数を用意しています。集中しやすい個別ブース型の自習室とオープンスペース型の自習室を開放しています。授業後、自習室を利用し、わからないことがあったら、講師室に行き、すぐに解決する。そしてまた自習室に戻る。そんな効率的な学習を可能にしています。原則として月~土曜日は午前7時から午後9時30分まで、日・祝日も午前7時から午後6時まで利用できます。

小野池では、皆さんが必要とする入試情報を的確に提供しています。教学社の大学入試シリーズ(赤本)、多数の参考書、螢雪時代等の入試情報誌を取り揃え、閲覧できるようにしています。貸し出しも可能です。また、生徒専用パソコンも設置してあり、自由に入試情報等の検索が行えるようになっています。さらに、随時、2階ロビーには多数の大学のパンフレット・募集要項等が置かれ、11月には大学の願書配布会も行われます。

小野池は丁寧な質問対応、親身な添削指導、相談のしやすさ等、どれをとっても面倒見のよさでは定評があります。休み時間になると講師室は質問や相談をする生徒がひっきりなしの状態となります。講師陣は皆さんの積極的な取り組みに期待し、いつでも質問等に応対しようとスタンバイしています。

小野池は駿台模試の群馬県公式会場に指定されていますので、年間を通してすべての駿台模試が公開実施されています。さらに、ベネッセ、河合塾とも模擬試験について年間契約を行っていますので、これらの複数会社の模試を小野池學院で受験することができるのも、小野池生のメリットの1つです。

小野池と大手予備校との違いは、入試直前期の2・3月にあります。センター試験も終わったこの時期こそ、ラストスパートであり、気を抜くことなく最後の仕上げをしなければなりません。小野池では集団または個別に受験校に向けた対策を最後の最後まで行い、皆さんを応援していきます。もちろん、面接指導や小論文指導も実施します。

春は通常講義開始前にライバルに先んじてのスタートダッシュを、夏は前期の復習を、冬期直前期は本番での勝利を勝ち取る為に。それぞれの期間の目的に沿ってより効果的な講座を設置いたします。うまく活用し、今一歩先の実力を磨いていきます。

講義内容は生徒と直接の話し合いで決定し、その目標や目的の達成の為に最も効率的なものを選び行っていきます。  ハイレベルの方はもちろん、基本を理解しようにも一人ではできない、といった悩みを持っている方もこれで安心です。

各コースについての詳細、料金等は、パンフレットでご確認いただけます。
まずは下記のボタンより資料をご請求ください。無料でお送りしています。

資料請求はこちら

お申し込みはこちら